Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2019-11-22

映像授業

| 07:18 | 映像授業 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 映像授業 - STAR日記 映像授業 - STAR日記 のブックマークコメント

jun24kawa先生のポストでhttps://gendai.ismedia.jp/articles/-/68190の映像授業が紹介されていましたが、やはり、自分のやりたい時間に、やりたい勉強をできる、ということがモチベーションにつながるのかと思います。


じゃあ、学校に生徒を集めて授業することにはどういう意味があるのか、ということを考えないといけないのかな、と思います。

2019-11-06

構え

| 07:48 | 構え - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 構え - STAR日記 構え - STAR日記 のブックマークコメント

生徒の学ぶ構えをつくることも、教師の仕事の一つであろうと思います。それがないことで生徒を責めても仕方がない。


戦前、戦後の、一元的な価値観でことが済んでいた時代はそうでなくてもよかったのかもしれません。


でも、今、「学校に来る=学ぶ構えがある」というふうに捉えるのは時代錯誤であると感じます。

2019-11-05

学びの責任

| 20:30 | 学びの責任 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学びの責任 - STAR日記 学びの責任 - STAR日記 のブックマークコメント

何かを学ぶ内容は、基本的には自己責任であると思います。


しかし、その火付け役になるのは教員であると思います。「学びの責任」は学び手に、「学びの動機付け」の責任は指導者にあると考えるのがよいのかもしれません。


馬を水辺に連れていっても、その水を飲むのかどうかを決めるのは馬自身。これは人間にも同じことが言える。そんなことを、理解できる人間でありたいと思います。

2019-10-30

「山月記」

| 19:45 | 「山月記」 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「山月記」 - STAR日記 「山月記」 - STAR日記 のブックマークコメント

のんびりやっていましたが、「山月記」をようやくやろうと思いました。それで、私が範読するよりも、ネット上にある江守徹の朗読がよいと思い、それを聞かせてみました。


普段、評論のときは輪読で読んでもらっていますが、やはり、プロの読んでいるものは臨場感が違います。自分でできるに越したことはないと思うのですが、ふだん気楽に接しているだけに、ピリッとした空気がつくれません。ここは、プロの朗読を使用して正解だと思いました。


もちろん、教師が範読することが必要だと思います。ただ、状況を考えたとき、こちらの方がよかった。