Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2018-09-19

時間の管理

| 07:04 | 時間の管理 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 時間の管理 - STAR日記 時間の管理 - STAR日記 のブックマークコメント

時間は、「あるもの」と思っていると、「ない」と思って「時間に追われてしまう」ということになりかねない。しかし、「作り出せるもの」と考えればどうだろうか。無駄にしてしまっている時間を洗いだし、そこに細切れでできる仕事をあてこんでいく。


「鄙事に多能なり」は孔子の言葉だったと思う。小さな時間を大切にして、小さなこともおろそかにせずにできるようになりたいものです。

2018-09-15

要約と意見文

| 20:08 | 要約と意見文 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 要約と意見文 - STAR日記 要約と意見文 - STAR日記 のブックマークコメント

最近の高2の現代文では、文章の要約と意見文を書くことを旨としています。宇佐美寛先生の『国語教育を救え』という本に触発されて行なっていることです。変に問題を解くよりもよほどいいと思っています。自分の頭で「考える」ということをとことんしなければいけないからです。


情報の受信と発信を正しくできるようにすることが大切なことだと考えています。


なお、要約が難しい生徒は、私が板書した要約文を視写しています。また、少しヒントがあればなんとかできるという生徒には、要約に必要な要素(Theme、Basis、ConclusionのTBCです。これも板書です)を与えています。こうすることで、ある程度の難易度の調整も可能です。


このくらいでざっくり投げて、あとは回覧作文を行い、コメントをしてもらっています。


授業であれもこれもと欲張りすぎず、地道に「受信」と「発信」だけを行なっていくことも大切なのかもしれません。

2018-09-14

五色百人一首

| 00:56 | 五色百人一首 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 五色百人一首 - STAR日記 五色百人一首 - STAR日記 のブックマークコメント

五色百人一首に助けられています。生徒たちに「参加」を求めるにはうってつけの教材だと思います。


TOSSに学ぶこともたくさんあります。でも、難点が一つだけ。どうにも、TOSSの本の「文体」が苦手なのです。断定的に言い切っていることが多いのですが、すべての子どもにはあてはまらないこともあると考えるからです。少なくとも、「子どもはこう動くのである」と書かれていることにも、「自分が子どもだったらどうでもいいかも」と思うことがあります。


それでも、学ぶべきことは多い。好みの問題かもしれません。

2018-09-12

読解ゲーム

| 19:56 | 読解ゲーム - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 読解ゲーム - STAR日記 読解ゲーム - STAR日記 のブックマークコメント

文章読解の学習ゲームを組んでみました。文章は古文の「徒然草」です。今日は問題作成にあてましたが、次はどうなることやら…。まぁ、チャレンジです。


【 手 順 】 

①グループでたくさん問題をつくり、メモ用紙に書き出す。このとき、最低限一人一問は出すこと。制限時間は30分。辞書を見たり、マンガを参考にしたりしてよい。この間に、相手側の文章(自分がAならBの文章)を分析して対策を立ててもよい。


②作った問題のなかから、人数分、問題を選ぶ。一人一問。


③先鋒、次鋒、中堅、副将、大将を決める(※6人の場合は先鋒①と先鋒②にする)。


④作った問題を先鋒~大将まで割り当てる(強い順でもよいし、作戦を立ててもよい)。


⑤Aが先攻、Bが後攻。Aの先鋒が問題を読み上げる(このとき、Bは問題をメモし、必要があれば聞き返してもよい)。


⑥Bの先鋒は問題の答えを用意し、賭け点を1~2点賭ける(※答える側で使っていい時間は、最大で3分。また、持ち点はグループごとに、人数×4点。賭け点は、先鋒が1~2点、次鋒が1~3点、中堅が2~4点、副将が3~5点、大将が4~6点)。


⑦正解した場合は、賭け点分の点数を相手からもらう。不正解の場合は、賭け点を相手に渡す。


⑧清算が終わったら、後攻のBが問題を読み上げる(このとき、Aは問題をメモし、必要があれば聞き返してもよい)。


⑨先鋒が終われば次鋒、中堅、副将、大将と進んでいき、最後に点数の大きい方の勝ち。

2018-09-05

マルチタスク

| 19:26 | マルチタスク - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - マルチタスク - STAR日記 マルチタスク - STAR日記 のブックマークコメント

私の場合、仕事のタスクが四種類くらいになると、だんだん頭のなかがごちゃごちゃになってきます。いまもっているタスクとしては、中2古典・中3古典・高2現代文、高1総合のそれぞれの授業、総務部門の統括(行事、安全点検、式典、避難訓練、音響設備)、映像編集、部活(合唱、軽音)といったところでしょうか。


ほんとはスリム化したいのですが、そうもいきません。だから、できるだけ細分化して、シングルタスクにしていきます。すぐやれる・すぐやれないの判断をさっさとして、とにかくやれることからやっていきます。もちろん、「やるべきこと」が発生した場合にはそちらを優先させます。


このあたりは、重要度の高低と、納期の遅速から優先順位を割り出すべきと思います。


ふと、授業のことを考えてみると、子どもたちって複数の教科を学ばないといけないから、同時並行処理をしているのと同じなのかもしれません。「こりゃあけっこう疲れるんじゃないかなぁ」というのが正直なところです。大人でもキャパオーバーを起こしかねないので、難しいのかなぁと思っています。


そう考えると、子どもたちってすごいなぁ。