Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2018-08-31

文化祭の準備

| 19:28 | 文化祭の準備 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 文化祭の準備 - STAR日記 文化祭の準備 - STAR日記 のブックマークコメント

文化祭の準備をしています。音響系統のこともやらないといけないので、てんやわんやです。とりあえずセッティングが終わったのですが、スピーカーにつながらないなど、トラブルが絶えません。


電源1つ、ケーブルの接続1つで変わってしまうことなので、いじったことのない人にとっては、かなり難しい部分です。良くも悪くも「職人芸」が必要になることです。

2018-08-28

高卒の方がよい?

| 20:10 | 高卒の方がよい? - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 高卒の方がよい? - STAR日記 高卒の方がよい? - STAR日記 のブックマークコメント

高卒の方がよいかどうかは、賛否両論あると思います。


しかし、「みんながみんな、大学に行く」というのは賛同できません。実際、大学に行く"べきではない"層も大学に入っていると思います。


ドラッカーも、『断絶の時代』(1969年)のなかで「大学はモラトリアムである」というような指摘をしていたと思います。


そういう広い視野が大切と思います。


https://children.publishers.fm/article/18214/

2018-08-25

社会科と現代文

| 21:08 | 社会科と現代文 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 社会科と現代文 - STAR日記 社会科と現代文 - STAR日記 のブックマークコメント

そういえば、現代文の授業で、よく「内職をする生徒」が出ていた。その多くは英語か世界史か数学。緩くやっているから、小テストで平常点がつくものと比べると、どうもそうなってしまうらしかった。


たしかに自分もそうだったよなぁと思う。授業もどうでもよかったし、正直、いやいやながら勉強していたことは否めない。私自身は、「なんでこれを勉強しなくてはならないのか」という疑問に応えてもらいたかった。その鬱憤は大人になってからもあった。


少し学校教育を学んでわかってきたことは、教科の内容に関しては、実はそれを学ぶべき確たる裏付けは、どうやらあまり無いらしいということ。そして、学校教育は、大学受験に縛られてしまうらしいものであるということ。さらに、そこに大人の利害関係が大きく介在しているらしいこと。


「自分になにができるんだろう」という失望感にさいなまれながらも、『学び合い』に出合い、「何かができる」と思えるようになった。


ただ、既存の文脈に合わせなければ、どうやら浸透はしなさそうで、「難しいなぁ」と感じているのが現時点。


はてさて、夏休みが明ける明後日。どんなことをしていこうか。現代文は、他教科を学ぶ意義が書かれた文章を読むことになりそうだ。おそらく、授業で内職をしていることからも、そういうニーズはあるだろうという読み。世界史・日本史・英語あたりが狙い目と思っている。


そういう現代文もありだろうなぁと思っている。

2018-08-16

工務店

| 08:59 | 工務店 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 工務店 - STAR日記 工務店 - STAR日記 のブックマークコメント

先日、お盆休みに入る前に、学校の案内表示の貼り換えと壁の補修を行なった。どれも工務店などに発注すれば、かなりのお金が取れる仕事らしい(私の場合、ボランティアということになろうが、学校の経費の節減につながっているので、まぁいいかと思っている)。


お金が取れるのは、やはり、専門的な能力と時間を必要とするからだ。たぶん、プロレベルの仕事だったら材料費も含めて20万円以上かかる(実際、以前見積もりを取ったらそうだったらしい)。今回のはちょっとやりすぎかもしれないけれども、実際、学校の教員なら、自分の担任する教室のちょっとしたことであれば対応するだろう(小学校で勤務していたときは、よくテレビの不具合や、体操着のフックなどを直した)。


もうちょっと回数を重ねれば、工務店や電気修理店などはできるかもしれない。晩年は地元に戻ってそういう仕事もいいなぁと思っている。

2018-08-12

学校の内側・外側

| 18:38 | 学校の内側・外側 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校の内側・外側 - STAR日記 学校の内側・外側 - STAR日記 のブックマークコメント

学校の内側と、学校の外側。内側にいながらに、外側を意識するのは難しい。それは、教師であっても子どもであっても同じだろう。


今の自分は、内側にいるしかないのも事実。それなら、内側でできることをやっていこう。悩みすぎるよりは、ふんぎりをつけてやっていった方が、自分にとっても組織にとっても、そして子どもたちにとっても幸せだろう。


ただ、学校の外側の方が、はるかに広大無辺であり、実は「授業」などなくても力をつけることは可能なのだという視点は持っておきたい。学校が「授業」だけなら、ないほうがよいのかもしれない。