Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2018-02-20

指導事項の明確化

| 19:44 | 指導事項の明確化 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 指導事項の明確化 - STAR日記 指導事項の明確化 - STAR日記 のブックマークコメント

教材本文を読んでいて、教材の読み込みが足りないこと、指導事項が明確になっていないことを痛感しました。


指導事項を明確にするためには、他の教材との関連性や、年間を通しての見通しが必要だと思います。


そこまでの力が、今の私にはない。と、同時に、集団も課題が多い。冷静に考える時間を作り出したいです。

2018-02-16

教科に対する考え方

| 17:50 | 教科に対する考え方 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教科に対する考え方 - STAR日記 教科に対する考え方 - STAR日記 のブックマークコメント

模試の成績が、微妙に下がりました。0.*ポイントマイナスですから、誤差の範囲内なのでしょうが、なんとも言えません。


自分自身が、「これって将来は役に立たないよ。もっと別な方法をとった方が有益だよ。」という考えをもっているものですから、それが悪影響を及ぼしてしまっている感じが否めません。


どうしたものやら…。

2018-02-15

少年の日の思い出

| 02:03 | 少年の日の思い出 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 少年の日の思い出 - STAR日記 少年の日の思い出 - STAR日記 のブックマークコメント

中1国語は「少年の日の思い出」に入りました。あまり長くは授業を組めないのですが、テスト的な問題(=模試のような問題)と、文学的な課題を提示しました。


前者は、「なぜ「僕」はチョウをこなごなに押し潰したのか。」で、後者は「なぜ作者はわざわざ第一場面の「私」と「客」のやりとりを描いたのか。」です。


どちらもこの作品を扱う上で重要な問いだと思いますが、特に後者は作品論に踏み込む部分であり、文学教育を行うにあたり大切な「語り」の問いです。


どこまで機能するか。結果はいかに。

2018-02-07

『感動を売りなさい』

| 21:49 | 『感動を売りなさい』 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『感動を売りなさい』 - STAR日記 『感動を売りなさい』 - STAR日記 のブックマークコメント

『感動を売りなさい』という本を読んでいます。他人に何かを伝えるためには、ロジックよりもストーリーを用いた方が印象に残りやすいという内容です。


理詰めだとなんだかいまいち伝わらない理由が何となくわかった気がします。


ロジックは理性的で、ストーリーは感性的です。現代文は、評論でロジックを鍛え、小説でストーリーを学ぶものかなとも考えました。ビジネス書も、教育にうまくブレンドできるなぁと思っています。

2018-02-02

知的格闘

| 21:15 | 知的格闘 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 知的格闘 - STAR日記 知的格闘 - STAR日記 のブックマークコメント

本を読むためには、知的格闘が必要です。自分の知識レベルに合った本でなければ、読むのに非常に時間がかかってしまいます。その意味では、「合わない本」は、すぐに手離してもいいと思います。そうしないと、時間を無駄にしてしまいます。


私自身もそうしていますが、生徒たちに国語の授業で文章を読ませる際、かなり考えてしまいます。その文章をおもしろいと感じる生徒もいれば、興味のない生徒もいる。また、十分に理解して自分なりの批判をできる生徒もいれば、まったく理解できない生徒もいる。では、なぜ、同じ文章を読ませるのでしょうか。


教師側の「教えやすさ」があるから、文章を絞るという考え方もできます。しかし、それでは置き去りになる生徒が出ます。


協同的な学びが発生しやすくなるのが、そのレーゾンデートルなのかた思います。