Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2019-08-22

イベント運営の急所

| 20:27 | イベント運営の急所 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - イベント運営の急所 - STAR日記 イベント運営の急所 - STAR日記 のブックマークコメント

どんな仕事にも「急所」と言えるようなものがあるように、イベントや行事の運営にも急所があります。


それは、人・時・場所です。体制とスケジュールと図面をある程度カッチリと作っておけば、当日はスムーズに流れます。


これに加えて経費などももちろん必要ですが、枠として動かせないこともあるので、やはりさきほどの三点が大切かと思います。


学校行事を一つ運営するだけでもけっこうな調整が必要です。

2019-08-10

まとめてこなす

| 20:22 | まとめてこなす - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - まとめてこなす - STAR日記 まとめてこなす - STAR日記 のブックマークコメント

夏休み中には、先を見据えて仕事を進めます。と同時に、まとまった時間を作れるので本を読みます。


仕事をただこなすだけではなく、時間を生み出していくような方向で。


それでも、夏休みが明けると、すぐに文化祭があり、そこではいろいろとばたばたすることが予想されます。そうならないように先手を打ちたいところですが、私の場合、生徒からの相談もよく入ってくるので、いくら先を読んでもうまくいきません。


だから、それも踏まえた段取りが必要になります。


先日、たまたまあるイベントに運営側として入ったのですが、はらはらドキドキの連続でした。理由もはっきりしていて、「何をすべきかが事前に提示されない」ということと、「何をしたら終わりなのかが見えない」ということが挙げられます。これ、私自身は以前の職場で上司から叩き込まれたことです。


ただ、教育は「終わりの見えない仕事」でもあり、「成果が上がったのかがよくわからない仕事」でもあると思います。そういう時間に耐えなきゃいけない仕事なんだろうなあと、最近は考えています。(もちろん、前述のように、量的なものが示せるのに示せないのはまずいと思いますが)

2019-07-30

ひと段落

| 22:04 | ひと段落 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ひと段落 - STAR日記 ひと段落 - STAR日記 のブックマークコメント

夏休み前半に終わらせるべき仕事がひと段落した。あとは部活の引率。


戻ってきたら、2学期の準備にとりかかろう。どれだけ仕込めるかが、2学期以降の心の余裕に関わってくる。

2019-07-28

見識を持つ

| 22:07 | 見識を持つ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 見識を持つ - STAR日記 見識を持つ - STAR日記 のブックマークコメント

自分の知らないことに直面した際、人は冷静さを欠いてしまう。自分も、『学び合い』に取り組み始めた直後、それで相当動揺した。致し方ない部分もあるし、本で学ぶのと、実際に体験・経験するのとでは大きく違うということを、身をもって知ったように思う。


そこから少しは前進したのかもしれないが、「それでもやっぱり、不安だ」ということは多々ある。もちろん、以前よりも格段に減ったが…。


そして、自分の失敗は、折々に後輩に伝えたり、ここで書いたりしているが、受け取り方は人それぞれだろう。


それでも、多少はプラスになるのかな、とは思う。最近はまとまった時間さえ取れていないし、少々夏バテ気味でもある。どこかでまとまった休養をとらないと、ちょっとばかりまずいかな、と思っている。


このへんも、人生を語った本では「三十代を迎えたら、体力の衰えに注意せよ」と言われていることではある。なかなか、実践に移すのは難しいものだなぁと思う。

2019-07-19

ミスの誘発

| 21:26 | ミスの誘発 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ミスの誘発 - STAR日記 ミスの誘発 - STAR日記 のブックマークコメント

ミスを誘発しやすい仕事の仕組み。こういうのは、さっさと駆逐したい。


でも、そういう形で仕事を依頼する人もいるように思う。その場合、慎重にやるしかないのだろうが、思わぬところに思わぬ落とし穴もあるのだと思う。


それに気付けないのは自分の責任。仕事で、人を信頼してもよいけれども、最終的には、自分自身を頼るしかないのだろう。