Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2018-07-08

「早くしなさい!」

| 19:14 | 「早くしなさい!」 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「早くしなさい!」 - STAR日記 「早くしなさい!」 - STAR日記 のブックマークコメント

朝、家を出るときに、近所?のお母さんが、子どもさんが車に乗らないのを急かしている場面に出くわした。それで、「早くしなさい!」「何やってんのよ、もぉーーー!」と、金切声をあげていた。


とやかく言うつもりはないのだけれども、なんだか気の毒だなぁと思った。たぶん、何か用事があって急いでいたのだろうとは思う。ただ、「時間を守る」ということがその方の自分自身への「至上命令」のようになっているような気がして、なんだか苦しくなった。


トーマス・フリードマンの著書に『遅刻してくれて、ありがとう』というタイトルのものがある。読んでいないが、タイトルが強く印象に残っている。たぶん、「工業社会」へのアンチテーゼのような内容だろうな、という気がする。


私は学校で仕事をしている身だから、どうしても学校という文脈に引き寄せて考えてしまう。学校では、「時間を守りなさい」とか、「遅刻はよくない」とか、そういう価値観が刷り込まれる(あえて刷り込まれると書きます)。でも、その価値観は「工業社会」の価値観であって、徐々に「情報社会」の価値観の方にシフトしていかなくてはいけない。


冒頭のお母さんも、おそらく学校で刷り込まれた価値観にがんじがらめになっているのではないか。それで、時間に追われるようになってしまっているのではないか。


自分自身が子育てをしていて思うのだが、子育てには本当に心の余裕が必要だと思う。イライラしてしまうのも、実は学校教育の刷り込みによる、工業社会の価値観のベースが原因ではないのか。そんなことも考えてみる。


そんなにイライラせずに、ゆったりとかまえていた方がよい。子どもはのびのびと育てたいものだと思う。

2018-06-17

綱渡り

| 12:07 | 綱渡り - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 綱渡り - STAR日記 綱渡り - STAR日記 のブックマークコメント

何日か前の三崎先生のブログ(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/OB1989/20180613)で、以下のようにありました。このことに関して、ずっとひっかかりがありました。


――

おそらく、分からなくて困ったりできなくて困ったりした経験を持っていないのかもしれません。分からなくて取り残されて困ったとき、まわりの子たちが嬉しそうにしているのをできなくて一人で眺めているときの気持ちは、経験したことのある人間にしか分からないものです。分からなくて困ったりできなくて困ったりしたときに,まわりの誰からも声をかけてもらえないこちらからも声をかけづらいときに感じる何とも言えない辛い気持ちや寂しい気持ちも経験した者でないと分からないでしょう。

――


ふと思いました。これは私のことだったのです。分からなくて困ったりできなくて困ったり、取り残されて困ったり、まわりの人たちが嬉しそうにしているのを、仲間に入れてもらえなくて一人でみじめな思いをしたりしたことがあります。


思い出したくはないのですが、これがおそらく心の傷として残っています。だから、あまり人と深く関係を結べないのかもしれません。


生徒集団を見ていると、「この集団はいかばかりか」と思います。生徒どうしの結びつきはそれほど強くないように見えます。それが希薄である人も少なくないような気がします。


途方に暮れてしまうのですが、ちょっとずつやっていくしかありません。劇的な変化を求めても自分が焦ってしまいます。できる範囲でやりつつも、少しずつ、布石を打っていくくらいが、今の自分にはちょうどよいと思っています。


メインであるはずの授業にそれほど時間をかけることができず、正直歯がゆいです。でも、学校教育というフィールドで仕事をするのであれば、やはり教科学習で人を教育するのが本筋です。それを外さないようにしたいものです。

2018-06-13

変わってない

| 07:50 | 変わってない - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 変わってない - STAR日記 変わってない - STAR日記 のブックマークコメント

去年の今日、以下のように書いていました。あまりかわってないなぁ…。


でも、少しは成長したと思います。


――

中1国語、中2の古典、高1の現代文、パンフレットの文字校正、いろいろな動画編集、受験生へのメッセージボード作成、部活の事務方、総務の書類作成、行事の運営など、現在、自分でも驚くほどマルチタスクで仕事をしている。


加えて娘はまだ2歳で、幼児期は大切だと思っているので、休日は散歩や買い物に一緒に行く。


やや、無理もしている。


こんな状況なので、段取り能力はかなり上がったと思う。


自分が仕事で大切にしているのは、まず第一に、「最低限、他人の時間を奪わない」こと。これを意識しているだけでもだいぶ違う。これと、仕事の「ビジョン」(学校でいえば教育目標)に、自分の行動を帰納させると、自ずと行動に修正が入る。


小さな判断に迷っている時間はあまりない。だから、はやばやと判断し、間違ったらちゃんと謝って修正していく。そう生徒たちにも伝えていきたいし、それが誠実な仕事につながっていくと考えている。

2018-05-30

捨象

| 22:53 | 捨象 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 捨象 - STAR日記 捨象 - STAR日記 のブックマークコメント

何かを強調すれば、その中心部分より遠いところから、捨象されていく。こういう論理が分からない人は意外と多いのかもしれない。