Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2018-03-25

TPチャート

| 22:49 | TPチャート - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - TPチャート - STAR日記 TPチャート - STAR日記 のブックマークコメント

頭のなかが整理されるかと思ったが、ところがどっこい、私の場合、余計ごちゃごゃになってしまった気がする。もっとも、普段からいろいろ考えていることをすべて書いたからなのかもしれない。だから、TPチャートがダメというわけではなく、私の場合はもっと時間が必要だった、ということに過ぎない。


また、理念の部分はたくさんでてくるんだけど、方法のところが少ない、という感じがした。ということは、方法のところを学べばいい、ということもわかった。

2018-03-24

SORAの会に参加する

| 20:05 | SORAの会に参加する - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - SORAの会に参加する - STAR日記 SORAの会に参加する - STAR日記 のブックマークコメント

明日は大阪『学び合い』SORAの会に参加する。ティーチング・ポートフォリオの作成を行う予定だ。


毎回、気付くことが多いので、たぶん、明日も何かしらの収穫は得られると思う。


こうやって、教員向けの研究会に出られるようになったのも、実は『学び合い』のおかげである。『学び合い』に取り組み始めるまでは、自分の実践に全然自信がなくて、いろいろなものを藁をも掴むような思いで読んでいた。そうするうちに『学び合い』に出会ったのだ。


たしか、2015年の夏休みのことだったと思う。あのころは必死にもがいていた。今でもまだまだうまく自分の授業が機能せず、歯がゆい思いをしているのは確かなのだけれども、自分の教育に対するスタンスは確かに大きく変わった。


何かを学ぶことは本当に大きい。もちろん、本を読むだけではなく、いろいろな方と交流することのよさも実感している。このあたりは『学び合い』様様なのだ。


そして、実は『学び合い』のマインドは後輩の育成にも大きく貢献している。自分一人で仕事をこなすのではなく、後輩を信頼して仕事を任せる。そうすることで人が育つ。マネジメントが可能になった。経営の本、仕事法の本の内容も、よりわかるようになった。


学び合い』は万能薬ではない。けれども、大切なことがたくさん含まれている「考え方」だ。

2018-03-11

対話で起こるブレイクスルー

| 07:23 | 対話で起こるブレイクスルー - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 対話で起こるブレイクスルー - STAR日記 対話で起こるブレイクスルー - STAR日記 のブックマークコメント

先日、大阪『学び合い』SORAの会に参加した際、「生徒たちの語彙が少なくbbcsuzuki先生の「今はスマホですぐ調べられるのに、うちの子も語彙を増やそうとしないんだよね」という一言から、はたとひらめいたことがありました。


「どうやったら語彙を増やせるか」ということが目下の関心事だったのですが、その一言から、「どうやったら生徒たちに語彙を増やすことが『得』と感じてもらえるか」という、もっと具体的な問いについて考えた方がよいと思いつきました。


まだその問いには答えが出ていないのですが、最初の問いよりも明らかに考えやすくなりました。


以前は、誰かが自分に意見をくださると、「うーん」とちょっと嫌になってしまったのですが、今はそんなことはありません。なにごとも自分の考える材料にしていこうというスタンスに、私自身が変わってきたからだと思います。


「対話していくという姿勢」が大切なのだなあと感じた出来事でした。思い出したのでメモしておきます。

2018-02-26

SORAの会の振り返り

| 07:49 | SORAの会の振り返り - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - SORAの会の振り返り - STAR日記 SORAの会の振り返り - STAR日記 のブックマークコメント

SORAの会に参加しました。小学校でこれから始めようという先生方と、国語の課題づくりについて話しました。国語は、小学校の先生にとってはとっつきにくい教科なのかもしれません。


一応、小学校の単元テストをもとにしていくつか示し、「問題に正しく解答して、解き方を説明する」という課題や、「問題の答えは○○。これについてみんながわかる説明を○字以内で書く」という課題をお伝えしました。私自身は行き詰まっているのですが、少しはお役に立てたかなと思います。


なお、課題づくりも底はありません。ただ、小学校であれば、たとえば学年の誰かが国語と社会を担当し、誰かが算数と理科を担当して課題をつくる、というやり方はあるのかな、と思いました。

2017-08-08

中道

| 20:31 | 中道 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 中道 - STAR日記 中道 - STAR日記 のブックマークコメント

フォーラムでの学びをふりかえるとき、一つ大切なのが「中道」だと思うに至りました。もともと仏教の言葉ですが、ある程度、幅広く解釈できる言葉です。


学び合い』で言ったら「折り合いをつける」ということになると思います。人・時・所の環境が変われば、もちろん人の行為も変化します。その変化する環境のなかで、「一人も見捨てない」という唯一の考え方を維持し続け、手段は柔軟にしていくのが大切かな、と思います。


もうちょいしっかりとしたふりかえりを明日かきます。