Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2019-09-01

学年と部活と

| 21:57 | 学年と部活と - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学年と部活と - STAR日記 学年と部活と - STAR日記 のブックマークコメント

部活の試合は、「中学生大会」とか、「◯◯大会高校の部」という括りで行われる。これって、時間的な面からしたら、功罪両方あるような気がしている。ちょっと斜めからの角度の視点かもしれないが…。


プラスの面は、やはり、何かをやる区切りができることかと思う。短期的に何かを集中して行い、その後はやめるも続けるも本人の自由である。


マイナス面は、「無茶」が多くなることではないかと考えてみる。大人であれば、「このメンバーでできるのはこれが最後」というのは比較的少ないだろうが、中高の部活の場合は必ず毎年メンバーが変わる。


そして、長期的なものではなく、短期的に何かを仕上げなければいけないこともあるのではないかと思う。ここに、「無茶」が発生してしまう因があるような気がしている。


大人の仕事の場合は、短期的な成功、失敗はあるけれども、やはり「長く続けられるかどうか」も大切な視点だと思う。


ちょっとごちゃごちゃしているけれども、とりあえずメモ。