Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2019-09-19

貢献度

| 21:36 | 貢献度 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 貢献度 - STAR日記 貢献度 - STAR日記 のブックマークコメント

自分が組織全体に貢献していて、それをわかってくれる人が出てくると、おのずと協力していただけるようになる。そんなことを実感している。


逆に、他人の依頼を引き受けず、そして助けてもらってばかりになってしまったら、きっと、冷めた目で見られるだろうな。

2019-09-18

慣れ

| 07:50 | 慣れ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 慣れ - STAR日記 慣れ - STAR日記 のブックマークコメント

生徒の書いた要約の文章を読んでいると、「あぁ、訓練して、『慣れ』の状態を持続しないと、書けなくなるんだ」と思った。


夏休み中にほとんど「文章を書く」ということをしなかったからだと思う。


その意味で、「学校は、強制して何かをさせる」という機能があるのだと改めて感じた。

2019-09-17

立ち位置

| 21:18 | 立ち位置 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 立ち位置 - STAR日記 立ち位置 - STAR日記 のブックマークコメント

自分はクラスも持たず学年にも配置されず、大きな学校行事を取り仕切るという、変な立ち位置にいる。そのためか、少し引いた視点から学校での出来事を見ている気がする。


だからなのか、たまに生徒からの相談が入ってくる。担任や副担任、学年の先生には言えないような内容なのかもしれない。そうでもない気もするが…。ただ、結局、「聞いて終わり」となることもしばしばである。下手に助言をしないことが功を奏している、と言ってもいいのかもしれない。


それでも、今のところ、親身になって聞いているつもりではいる(相手がどう捉えているかはわからないため、あくまでも「つもり」と書かざるを得ない)。仏教で言う「同苦同悲の心」は忘れたくない。


この立ち位置、自分は好きである。

2019-09-16

サポート終了

| 21:43 | サポート終了 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - サポート終了 - STAR日記 サポート終了 - STAR日記 のブックマークコメント

http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenagroup/


見落としていた。さて、どうしようか。

jun24kawajun24kawa2019/09/16 21:54リセットしてもいいと思います。

2019-09-15

自分は何をしたいんだろうなぁ

| 20:31 | 自分は何をしたいんだろうなぁ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分は何をしたいんだろうなぁ - STAR日記 自分は何をしたいんだろうなぁ - STAR日記 のブックマークコメント

教職という仕事をしていて、たまに、教材研究にのめり込んでしまうことがある。そうすると、ふと、「自分は何をしたいんだろうなぁ」と思うことがある。


現代文や古典の教材で、「こうしたらおもしろいかも」と思うのは、大抵の場合、それを専門にしている自分の自己満足に過ぎないのではないか。子どもたちにとっては、「やらされている課題」に過ぎないのではないか。


現状の学校制度と、勤務校の体制の縛りのなかでは仕方ないのかもしれない。でも、「自分は何をしたいんだろうなぁ」と考えると、「もっと子どもたちをのひのびと育てたいなぁ」と思う自分がいる。


理想と現実と。その境界でやっていくのが人間なのかもしれない。

2019-09-14

先読み

| 20:47 | 先読み - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 先読み - STAR日記 先読み - STAR日記 のブックマークコメント

少なくとも、その日一日を消化するだけの人生は、誰もが送りたくないだろう。


でも、惰性に流され、世の中に一石を投じることもなく過ぎていく。そんな一日の、なんと多いことだろう。仕事に追われる身になってしまっているのも、自分としては「惰性」だと思う。


早く、抜け出したい。でも、現実がついていかない。もどかしい。ただ、そのなかでも、先々のために、体のメンテナンスをし、知識を蓄えることは大切だと思う。先読みをしないと、ほんとうに子どもの将来のためになる教育はできないだろうと思う。

2019-09-13

情報と知識と

| 19:46 | 情報と知識と - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 情報と知識と - STAR日記 情報と知識と - STAR日記 のブックマークコメント

人を変えるのは知識ではないか。


情報のところは、どうにもフィルターがかかって、自分の得たいものを得て、見たくないものはふたをしてしまうような気がする。


知識として受容することではじめて、その人に影響を与えるのだと思う。


そして、「自分を変える」ことができるのは、志を大きく持っている人だろう。明日、明後日の自分のことだけに縛られると、「自分を変える」どころではなくなる。


広い視野がないといけない。そのための知識も必要。それを支える経験と自信も大切。


自分はどこまでやれるだろう。

2019-09-12

筋違い

| 20:29 | 筋違い - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 筋違い - STAR日記 筋違い - STAR日記 のブックマークコメント

筋違いな仕事をしているなぁと思う。そろそろどこかを切り落とさないと、自分の身が持たない。どこを削るべきなんだろう…。そうしたことを考える時間も取れないので、なんとも言えないやるせなさがある。

2019-09-11

子育て

| 20:44 | 子育て - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 子育て - STAR日記 子育て - STAR日記 のブックマークコメント

ふたりの娘の子育て中です。で、これがけっこう大変。本を読む時間や、じっくり考える時間がとれません。そういう時間をつくりださないといけないなぁと思いつつも、毎日の繰り返しに埋没している…そんな感じかもしれません。


一人のときはまだよかったのですが、ちょっと難しくなってます。


もう一工夫、必要かなぁ。

2019-09-10

毎日の充実

| 20:14 | 毎日の充実 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 毎日の充実 - STAR日記 毎日の充実 - STAR日記 のブックマークコメント

毎日を充実させること。その経験を、学校という場でしてもらうこと。文化祭や体育祭は「ハレ」であり、そういう機会に充実感を得られるのはある意味で当然かもしれない。


だけど、日常、「ケ」を充実させることこそ、本当に大切なのだと思う。仕事も同じだろう。

2019-09-09

ルーティンワークは高速化すべし

| 18:43 | ルーティンワークは高速化すべし - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ルーティンワークは高速化すべし - STAR日記 ルーティンワークは高速化すべし - STAR日記 のブックマークコメント

ルーティンワークはおもしろくない、と思う。誰にでもできるかもしれないのに、自分がやらねばならないからだろう。


それを「いやだいやだ」と思って先延ばししていると、結局自分の時間を失う結果になる。


それよりも、早々とルーティンを仕上げ、もっと自分が有意義だと感じていることに時間を投下したいものである。


本当に大切なことのために、すべきことをする。ルーティンワークは高速化するに限ると思う。

2019-09-08

相手に響くように

| 06:18 | 相手に響くように - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 相手に響くように - STAR日記 相手に響くように - STAR日記 のブックマークコメント

「申し訳ないんだけど、大声でたくさんの指示を出すことは、やめてもらえないかな。みんなに迷惑だから。」


「最近、よく通る声でみんなに指示を出していて、すごくよいなぁと思う。それはみんなが認めてる。だから、もう一歩上を目指さないか。次は、みんなに気を配って、指示の言葉をよく選ぶといいよ。短く適切に、さらに『ありがとう』とか加えたら、周りからの印象も変わるはずだよ。もったいないから、やってみて」


架空の話ですが、「大声で指示を出すことを控えてほしい」ときの言葉がけです。前者よりも後者の方が、はるかによく伝わるように思います。


先日、『伝え方が九割』という本を流し読みしました。自分のなかで何かが変わった気がしています。

2019-09-07

器用貧乏

| 22:41 | 器用貧乏 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 器用貧乏 - STAR日記 器用貧乏 - STAR日記 のブックマークコメント

いろいろなスキルを身につけた。自分としては、職人のような気質があるからか、何かをやり始めたら、それなりにできないと気が済まない。うまく付き合っていかないといけないなぁとは思っているものの、この気質には本当に苦労させられている。


また、いろんなものに手を出すものだから、「器用貧乏」という感じになってしまっている。「仕事を固めて、下におろす」ということも苦手である。典型的な職人の気質…。


いろいろやったからこそ、ゼネラルな物事の見方ができるようになる、という言説も聞いたことがある。しかし、いまの自分はどう考えても器用貧乏だなぁと感じている。


楽しいんだけれども、自分がやっているばかりでは、その組織が成長しない。もうちょい、仕事の工夫と分散が必要だ。

2019-09-06

ほめるポイント

| 06:28 | ほめるポイント - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ほめるポイント - STAR日記 ほめるポイント - STAR日記 のブックマークコメント

仕事を生徒にまかせる。すると、ほめるポイントがどんどん見えてくる。思っているだけでなく、言語化することが大切だと考える。


これは意識的にしないとできないことだと思う。


でも、たとえば、ある人が近づいてきたとする。そこで、「なんかめんどくさそうだなぁ」と思うか、それとも「おっ、なんだろ?」と思うかは、その人の普段の行動や言動の習慣からわかってくることだ。


肯定的に思ってもらうには、ほめたり、祝福したり、一緒に笑ったり、期待をかけたりすることを惜しんではいけないように思う。


その一言が、相手の心を、そして未来を変えてしまうかもしれない。そして、小さな一言、小さなやりとりの積み重ねが、自分の属する組織や社会の方向性をつくり、ひいては世の中の気分にもつながっていく。そうした自覚をもって、生徒と接したいものだ。

2019-09-05

行事の準備

| 20:43 | 行事の準備 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 行事の準備 - STAR日記 行事の準備 - STAR日記 のブックマークコメント

行事の準備を、生徒に任せられるところは思いっきり任せてみる。「ミスしても大丈夫だよ。何とかするから」というバックアップはあるが、基本的に生徒たちが自分で進めてくれる。


ありがたいことだと思う。将来、仕事をする上でも、他者と連携するスキルは大切である。そして、おそらく、「失敗しても責任はとる」と言える上司の存在も。


こういう上司の下で働くことは、自分としてもありがたいことだと思うから、私自身もそういう在り方でいたいと考えている。

jun24kawajun24kawa2019/09/05 21:25いいですね!長い間、お仕えできるメリットを生かしてください。

strongmind222strongmind2222019/09/06 06:19jun24kawa先生
コメントありがとうございます!
以前、「情報が少なくて、判断に迷うことはとりあえずやってみて、うまくいかなければ頭を下げつつ、軌道修正すればよい。考えすぎて時間がなくなるのも考えものだ」ども教えていただきました。
仕事をする上で大切な視点だと思います。こういう人のもとでは、がんばりたいなあと思えます。

2019-09-04

チューニング

| 20:41 | チューニング - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - チューニング - STAR日記 チューニング - STAR日記 のブックマークコメント

先日、久しぶりに生徒からの相談を受けた。そのときにびっくりしたのは、自分が生徒の苦しさやつらさをわからなくなっていることだった。


その時点で気づいて、頭をフル回転させて、いくつか質問を投げて、「あぁ、そういうことか」というふうにはなったけれども、そういうチューニングができなくなっていたことに気づいた。


ある意味、少しずつ年齢を重ねて、「まあ、それでも大丈夫だよ」と思えるようになったのかもしれず、それはそれでよいのかもしれないとも思う。


でも、当事者からすれば、そういう心に寄り添えない人を頼ることはできないな、と思うだろう。


自分にそれを教えてくれた生徒に感謝である。

2019-09-03

文化祭は小さな社会かもしれない

| 20:09 | 文化祭は小さな社会かもしれない - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 文化祭は小さな社会かもしれない - STAR日記 文化祭は小さな社会かもしれない - STAR日記 のブックマークコメント

文化祭の準備期間。ここで生徒たちは「小さな社会」というものを経験するのではないかと思う。


自然と、クラス内で、「自分にできることをしよう」という雰囲気になっている。


考えてみれば、僕たちの社会だって、「自分の得意なこと」をそれぞれがしていて、それで成り立っている面がある。特に専門職はそうだろう。電気工事の仕事なんかもそれがあてはまるような気がする。


「小さな社会」を経験する。本当は、普段の授業でもそうしてもらいたい。だが、まだそこまでの道のりは遠い。

2019-09-02

ミッション

| 20:38 | ミッション - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ミッション - STAR日記 ミッション - STAR日記 のブックマークコメント

人間には、各人の人生のミッションがあるように思う。自分のそれは何なのか。


大それたことは言わない。だけど、まずは目の前の子どもたちを救いたい。そういう心のはしばしに、「自分のミッションは何なのか」をつかみとるきっかけがあるように思う。

2019-09-01

学年と部活と

| 21:57 | 学年と部活と - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学年と部活と - STAR日記 学年と部活と - STAR日記 のブックマークコメント

部活の試合は、「中学生大会」とか、「◯◯大会高校の部」という括りで行われる。これって、時間的な面からしたら、功罪両方あるような気がしている。ちょっと斜めからの角度の視点かもしれないが…。


プラスの面は、やはり、何かをやる区切りができることかと思う。短期的に何かを集中して行い、その後はやめるも続けるも本人の自由である。


マイナス面は、「無茶」が多くなることではないかと考えてみる。大人であれば、「このメンバーでできるのはこれが最後」というのは比較的少ないだろうが、中高の部活の場合は必ず毎年メンバーが変わる。


そして、長期的なものではなく、短期的に何かを仕上げなければいけないこともあるのではないかと思う。ここに、「無茶」が発生してしまう因があるような気がしている。


大人の仕事の場合は、短期的な成功、失敗はあるけれども、やはり「長く続けられるかどうか」も大切な視点だと思う。


ちょっとごちゃごちゃしているけれども、とりあえずメモ。