Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2019-07-31

芥川龍之介の小説

| 23:23 | 芥川龍之介の小説 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 芥川龍之介の小説 - STAR日記 芥川龍之介の小説 - STAR日記 のブックマークコメント

芥川龍之介の小説を読んでいます。中1の国語の教科書にある「蜘蛛の糸」と高1の現代文にある「羅生門」は、日本人ならおおよそ読んでいるものと思います。


前者は、ポール・ケーラスの「因果の小車」に下敷きに、後者は『今昔物語集』を下敷きにして書かれたものです。他に有名なのは、中国の「杜子春伝」から着想を得た「杜子春」でしょう。


こうしたものの他にも、私小説風の「秋」や「蜜柑」といった作品や、日本神道を題材にしたもの、そしてキリスト教を題材にした切支丹物(キリシタンもの)もあります。


こうした幅広いジャンルで書かれているのが、芥川龍之介の魅力じゃないかな、と思っています。さらに言えば、切支丹物は文語で書かれているものもあります。「一人の作家がこれだけ文体を使い分けられるのか」と、驚いたことを覚えています。そして、芥川龍之介が文壇で活躍したのは大正時代ですから、文語は日常的には使われなかったと思います。


また、文庫本に収められている小論を読んでみると、英語もできたようなことが書かれています。


このあたりから、芥川龍之介の教養の深さをうかがい知ることができます。今は、芥川龍之介が活躍した当時と異なり、青年が学ぶことはとても多くなっていると思います。しかし、いろいろと学んでおくことは無駄にはならないのかな、と思います。

2019-07-30

ひと段落

| 22:04 | ひと段落 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ひと段落 - STAR日記 ひと段落 - STAR日記 のブックマークコメント

夏休み前半に終わらせるべき仕事がひと段落した。あとは部活の引率。


戻ってきたら、2学期の準備にとりかかろう。どれだけ仕込めるかが、2学期以降の心の余裕に関わってくる。

2019-07-29

泥臭く

| 21:43 | 泥臭く - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 泥臭く - STAR日記 泥臭く - STAR日記 のブックマークコメント

教育って、ほんとうは泥臭いものなんじゃないかと思う。いくらスマートに授業をして、格好よくやっているように見えても、ほんとは子どもたちには伝わっていないこともある。最初の私はそうだった。


教員の自己満足にしかすぎない授業をし、そして、できないのは「復習しないからだ」と決めつけていた。アリバイづくりに過ぎないじゃないか、と思いながらも、そうするしかなかった自分が恥ずかしい。


今は、高みから見下ろすのではなく、一緒に地べたを這っている感じがしている。それでも、先々は見通せている。目指してほしい理想と、目の前の子どもたちとにはギャップがある。埋めるのは難しいものだなぁ感じつつも、もがくしかないのだと思っている。

2019-07-28

見識を持つ

| 22:07 | 見識を持つ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 見識を持つ - STAR日記 見識を持つ - STAR日記 のブックマークコメント

自分の知らないことに直面した際、人は冷静さを欠いてしまう。自分も、『学び合い』に取り組み始めた直後、それで相当動揺した。致し方ない部分もあるし、本で学ぶのと、実際に体験・経験するのとでは大きく違うということを、身をもって知ったように思う。


そこから少しは前進したのかもしれないが、「それでもやっぱり、不安だ」ということは多々ある。もちろん、以前よりも格段に減ったが…。


そして、自分の失敗は、折々に後輩に伝えたり、ここで書いたりしているが、受け取り方は人それぞれだろう。


それでも、多少はプラスになるのかな、とは思う。最近はまとまった時間さえ取れていないし、少々夏バテ気味でもある。どこかでまとまった休養をとらないと、ちょっとばかりまずいかな、と思っている。


このへんも、人生を語った本では「三十代を迎えたら、体力の衰えに注意せよ」と言われていることではある。なかなか、実践に移すのは難しいものだなぁと思う。

2019-07-27

努力逆転の法則

| 08:15 | 努力逆転の法則 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 努力逆転の法則 - STAR日記 努力逆転の法則 - STAR日記 のブックマークコメント

努力するのは尊いことだと思う。事実、私自身も、本を読んだり、人と話したりすることで、自分自身を変えてきた。


でも、努力することで逆に視野が狭くなることもあるだろう。「自分はそのやり方で成功した」という方法論があればなおさらだ。


自分を高めつつ、他者に目を向ける。30歳を過ぎてから、そういうことを意識し始めている。


それでも、自分が駆け出しのころのことは、あまり覚えていない。いわゆる「自動化」だと思う。こうしたなかでも、初心を忘れない自分でありたいものだ。

2019-07-26

夏休みに読む本

| 01:24 | 夏休みに読む本 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 夏休みに読む本 - STAR日記 夏休みに読む本 - STAR日記 のブックマークコメント

夏休みに読む本を数冊購入。普段からちょこちょこと読んではいるが、まとまった時間もありがたい。


細切れの時間を使っての読書は、思考を深めるのには向かない。沈思黙考してこそ、知恵が得られるのだと思う。

2019-07-25

あたふた

| 20:02 | あたふた - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - あたふた - STAR日記 あたふた - STAR日記 のブックマークコメント

部活関係のこと、授業以外のことで、あたふたしています。先が読めてないので、致し方ありません。


次から次へと仕事が発生する。うーん、なんとも言えません。余力を残しておかないと、この状況には対応できない。日々の授業のことには、8割くらいの力で取り組まないと、いずれ、消化不良を起こしてしまうかな、と思います。

2019-07-24

知らないこと

| 19:08 | 知らないこと - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 知らないこと - STAR日記 知らないこと - STAR日記 のブックマークコメント

F-Katagiri先生の群読の記事を見て、「なるほどなぁ」と思った。


ブログで書いてくださっていることは、「仕事でも共通の目的に向かうときには、力を合わせないとやっていけない」ということにつながる考え方だと思う。


群読は、今まで取り組んだことがない。自分のツールとして、「書き込み回覧作文」「学習ゲーム」「輪読」「J1百人一首」「文章要約」などを使えるようにしてきたけれども、「群読」もやってみたいと思うようになった。


まだその効用を知らないけれども、自分の知らないことを、自分に取り込んで体得していくことは大切なことだと思う。とにかく本を一冊読んでみようと思う。

2019-07-23

詰め将棋

| 19:53 | 詰め将棋 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 詰め将棋 - STAR日記 詰め将棋 - STAR日記 のブックマークコメント

将棋は、相手があるものだから、対局してみないと、どういう手を打つべきかはわからない。ただ、勝敗を決するのは相手の玉をおさえること。


仕事の世界では、ゴールの設定さえなかなかうまくいかない。組織になるとなおさらだ。


だから、短期的な目標、中期的な目標、長期的な目標を分けて立て、ゴールをある程度目立った明確化しないといけないのだろう。さらには、それを途中で変える態度も持つべきだと思う。


そうすれば、ある程度、詰め将棋のように全体像が見えるようになるのではないか。


人の世は難しいものだなぁと、さながら『草枕』の主人公のように思ってみたりもするが、そう儚んだところで解決策は出ない。なら、一手ずつ、積み上げていこう。

2019-07-22

イタリア歌曲

| 22:26 | イタリア歌曲 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - イタリア歌曲 - STAR日記 イタリア歌曲 - STAR日記 のブックマークコメント

声楽の基本は、イタリア歌曲である。独唱のコンクールを観ていても、歌われる曲のほとんどはイタリア歌曲だ。


自分はまだ、イタリア歌曲がどのようにしてこういう位置付けに至ったのかを知らない。発声の基本がそこにあるからだというのはまっとうだし、そうした経緯に関してはとやかく言うつもりはないのだけれど、「なぜ日本の歌曲ではないのだろう」という率直な疑問はある。


五線譜だって、たぶん、輸入したものだろう。日本的なリズムは「何拍子」とかには合わないものなのではないかと思っている。


そして、最大の疑問は、歌曲やオペラなどは、「わかる人にはわかる」となりがちではないのか、ということ。そこに、教育「村」と同じような構図が見られるように思う。自分たちの自己満足で終わっていないか。


もちろん、そういう部分も必要だと思うが、閉鎖的になりがちなのは、もったいないのではないか。そんなふうに感じている。

2019-07-21

縛り

| 20:06 | 縛り - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 縛り - STAR日記 縛り - STAR日記 のブックマークコメント

教員になるような人は、社会的な階層で言ったら中段階だろう。学歴もトップ層ではない。かといって、いわゆる「不良」のようなレッテルを貼られる立場でもない。


それでいて、学校という文化にはある程度、順応してきた人種である。


教員は、「自分がそういう階層の出身なのだ」と自覚するとともに、自分を相対化することができなければいけないと思う。


これができないと、学校に順応できない子どもたちをとりこぼしてしまうのではないか。それは大きな損失だと思う。さまざまな価値観の人を包摂できる学校がいいなぁ、と思っている。

2019-07-20

悩みは尽きない

| 21:42 | 悩みは尽きない - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 悩みは尽きない - STAR日記 悩みは尽きない - STAR日記 のブックマークコメント

いろいろとやっているけれども、悩みは尽きない。でも、それは、自分に成長する余地があるということだと思う。


悩みながらも、一歩ずつ、進んでいきたいものだと思う。

2019-07-19

ミスの誘発

| 21:26 | ミスの誘発 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ミスの誘発 - STAR日記 ミスの誘発 - STAR日記 のブックマークコメント

ミスを誘発しやすい仕事の仕組み。こういうのは、さっさと駆逐したい。


でも、そういう形で仕事を依頼する人もいるように思う。その場合、慎重にやるしかないのだろうが、思わぬところに思わぬ落とし穴もあるのだと思う。


それに気付けないのは自分の責任。仕事で、人を信頼してもよいけれども、最終的には、自分自身を頼るしかないのだろう。

2019-07-18

引き算の発想

| 20:56 | 引き算の発想 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 引き算の発想 - STAR日記 引き算の発想 - STAR日記 のブックマークコメント

学校って、足し算の発想が多いなぁとつくづく思う。何かをしなくちゃいけない、あれも必要だから足す、これも大事…。


それはわかるのだけれども、リソースは限られている。余計な仕事が増えると、本体の授業に欠ける時間がどんどん減っていく。また、教員の勉強時間も減る。


『学級崩壊!「荒れた学級」をどう“建て”直すか―チェックポイント88の提案』では、学級を崩壊させやすい人のチェックポイントがいくつか挙げてあり、そのなかには、「子どもからあだ名で呼ばれることのない人」や「教育書につき3,000円を費やさない人」など、具体的なものがある。


私は、本を読まない人は教員をするべきではないとも思ってしまうこともある。凡人にすぎないかもしれないが、それでも何かしらの「高み」を求めることが大切だと思う。その意味でも、ある程度の勉強の時間は必要だ。それを生み出すのが、「引き算の発想」だと思う。


自分のやっていることで、やめるべきことは何か。それを見出すためにも、勉強は必要だろう。

2019-07-17

オルタナティブ

| 20:25 | オルタナティブ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - オルタナティブ - STAR日記 オルタナティブ - STAR日記 のブックマークコメント

自分が学校の教員になったきっかけは、高3のときに、「学校ってなんだかおかしくないか」と思ったこと。


そこから、教育学部に入り、教員免許を取得し、学童保育の指導員やら、非常勤講師やら、イベント関連の仕事やら、いろいろと経験をして、中高の国語の教員をしている。


いま思えば、大学時代から、オルタナティブ教育の方に惹かれていた。公教育と対になるものとは意識せず、そちらばかり勉強していた。当時は視野が狭かったなと、今になって思う。


そして、私立学校ではあるものの、一条校という縛りのあるなかでの仕事を経験して、『学び合い』に出会った。そして、とりあえず『学び合い』を実践し続けた。いまでも、自分の置かれた環境における最善解は何かを模索し続けている。


大きな気づきとしては、「教員のスタンスに依る」ということだった。『学び合い』に限らず、どういう考え方を持っているのかが、授業の、あるいは教育の成否に影響するのだと思っている。


いろいろと壁にぶつかってはいる。だけど、そもそも自分は「学校を変えたい」と思っていた。まだ、その精神は死んでいないと思う。まずは自分自身を変えることから。そして、少しずつ広めていく。


オルタナティブ教育に学ぶべきことも、たくさんあると思っている。

2019-07-16

機能させるために

| 20:22 | 機能させるために - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 機能させるために - STAR日記 機能させるために - STAR日記 のブックマークコメント

文学作品を教材化するのに、圧倒的に知見が足りない。おそらく、「設問を解く」ということは教えられるかもしれないが、それ以上でも、それ以下でもない。


それよりも、「機能させる」ということができないか、と考えている。どうしたら生徒の内面にえいきょうを与えることができるのだろうか、ということであるかもしれない。


とにかく足りない。アウトプットするだけのインプットがない。


もうすぐ夏休み。要検討である。

2019-07-15

「山椒魚」

| 21:30 | 「山椒魚」 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「山椒魚」 - STAR日記 「山椒魚」 - STAR日記 のブックマークコメント

テストも終わり、文学作品を扱おうと思っている。題材は「山椒魚」だ。


分析批評もやってみたいと思っているが、どこまでやれるか。


感想文→分析→批評文という順序で扱い、効果測定もしたいと考えている。


時間、足りるかなぁ。

2019-07-14

余白

| 19:46 | 余白 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 余白 - STAR日記 余白 - STAR日記 のブックマークコメント

余白のない本は見るに耐えない。読みにくい。新聞なども、余白があるからこそ読める。字がびっしり書かれていたら、読むことはできないだろう。


これは、人生全般にも言えることだと思う。切羽詰まっていたら、仕事にもミスが多くなる。そして、人に厳しくなる。


もちろん、「厳しさは要らない」とは言えない。ときには厳しくしなければいけないこともある。


それでも、寛容を旨としていたいものだと思う。そして、寛容であるためには、心の余白が必要である。

2019-07-13

音楽ができるということ

| 21:14 | 音楽ができるということ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 音楽ができるということ - STAR日記 音楽ができるということ - STAR日記 のブックマークコメント

音楽ができるということは、人生がある意味で豊かになることとイコールだと思う。


少し、ギターをさわり始めると、とまらない。昔取った杵柄、ではあるものの、かじったことがあるものは再度取り組むのはやはりたやすい。


それほど上達しようとは思わないが、少しくらい、嗜んでいたい。

2019-07-12

教育と探究

| 21:06 | 教育と探究 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教育と探究 - STAR日記 教育と探究 - STAR日記 のブックマークコメント

総合の時間のゼミ活動で、探究テーマを学校教育に設定した生徒がいる。はて、自分に伝えることができるかはわからないが、渡せるものは渡そうと思う。枝葉ではなく幹の部分を、なんとかつかみとってもらいたいものだと思う。

音楽

| 20:57 | 音楽 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 音楽 - STAR日記 音楽 - STAR日記 のブックマークコメント

テストの採点中、youtubeでいろいろと聞いてみました。自分の高校から大学時代と嗜好は変わっていないなぁと思うと同時に、「新しいものが受け付けられないのはまずくないか」ということを、ふと思いました。


意図的に新しいものを取り入れないと、自分が時代に取り残されたように感じてしまいます。生徒たちが聞いているものも、正直、あまり知りません。でも、いろいろ訊いてみて、そして聞いてみようと思いました。


世代を越えて受け入れられるもの。ある世代には受け入れられないもの。いろいろある。


そのへんを峻別しながらも、自分のなかに取り込んでいきたいものだと思う。

2019-07-11

とらわれ

| 20:38 | とらわれ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - とらわれ - STAR日記 とらわれ - STAR日記 のブックマークコメント

「がんばればなんとかなる」というとらわれがあるように思う。


これは、学校時代に定期テストで身につけた考え方ではないかとも思う。


そういう感じで、自分を相対化してみることも大切だろう。

2019-07-10

新しい視点

| 21:19 | 新しい視点 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新しい視点 - STAR日記 新しい視点 - STAR日記 のブックマークコメント

本を読むと、何かしら新しい視点を得ることができる。いや、そうすることでしか、じっくりと物事を考えることはできないのかもしれない。

2019-07-09

認知のしかた

| 19:45 | 認知のしかた - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 認知のしかた - STAR日記 認知のしかた - STAR日記 のブックマークコメント

自分の認知のしかたは、他の人にはわからない。同じように、他人の認知のしかたも、自分にはわからない。


だから、そのしかたを共有するには、言葉を媒介に、コミュニケーションをはかるしかない。


あたりまえのことなのかもしれないけど、意外とこういうことは意識していないとできないのかもしれない。

2019-07-08

「答えは一つ」という錯覚

| 07:50 | 「答えは一つ」という錯覚 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「答えは一つ」という錯覚 - STAR日記 「答えは一つ」という錯覚 - STAR日記 のブックマークコメント

最近、複数の生徒と面談をし、感じていることとして、「一つの答えを求める傾向」が、生徒たちの間にあるように思っている。


もちろん、それに関しては人によって濃淡はあるが、「自分の悩みについて、答えがあると思っていない?」と訊くと、みんな口をつぐんでしまう。


勘繰っているのは、学校教育のもつヒドゥン・カリキュラムとして、「問題には一つの答えがある」ということを生徒に暗に示しているのではないかということだ。


授業のときも、この点は意識して語っている。「答えがあるって思ってない?でもね、人間の抱える問題って、答えは一つとは限らないんだよ」と。


こういう考え方をするものだから、普段の授業では、絶対に一つの解に定まらない要約に取り組んでもらっている。でも、生徒たちは、「一つの解」に定まるものにも取り組まないと不安なようだから、そっちにも取り組ませている。これはこれで、文脈を考えたら妥当なラインだと思っている。


ただ、「社会に出たら、こんな設問の解き方なんてまったく役に立たない」とも語っている。その先にあるものを、しっかり伝えるのが、本当は教職にある者に求められているように思う。

F-KatagiriF-Katagiri2019/07/09 09:37文学作品を取り扱った授業をしていたときに,唯一の答えがない課題に対して,「結局,先生,答えは何?」と訊いてくる生徒が多数いました。教師の解釈を知りたがるのは,高校生だけではなく,大学生も,大学院生も一定数いるという印象です。

strongmind222strongmind2222019/07/09 19:48そうした「答えを知りたがる」という傾向を教えてしまっているのは、やはり、学校教育ではないかと思います。小学校はテストもありつつ、それ以外のものも教えていると思います。そして、中高の定期考査の在り方が、それに大きく影響しているのかな、と勘繰っています。

2019-07-07

裾あげテープ②

| 22:58 | 裾あげテープ② - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 裾あげテープ② - STAR日記 裾あげテープ② - STAR日記 のブックマークコメント

裾あげテープを買ってきた。説明書きを見ると、最初に濡らさないといけないようだ。


先日つけたものは「スチームで」とあったが、その手順をを「まぁ、なくても大丈夫でしょ」ととばしてしまったのが、失敗した原因かな。

自分の働き方

| 14:25 | 自分の働き方 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分の働き方 - STAR日記 自分の働き方 - STAR日記 のブックマークコメント

自分の働き方は、果たしてよいものだろうか。この問いへの答えは一つではないように思う。


少なくとも、自分の仕事を通して世の中に貢献できていると思うから、まずはそこはよい。能力面でも、経験が重なってきたからか、前は一時間かかっていた仕事も、15分くらいでできることもある。そのままいけば、早く帰ることはできる。


ただ、自分のなかでやっかいなのが、「新しいものに手を出したがる」ことである。これはもう性分のようで、いくら直そうとしても直らないから、上手に付き合っていくしかと思っている。


それでも、自分の体と、家族のことを考えると限界はある。そこと、仕事のことは折り合いをつけたいものだと思っている。そういうふうに考えたら、自分の働き方を考えたとき、以前は「無理をしていたな」と思うけれども、今は、「まあ、このくらいなら大丈夫だろう」と思っている。


次は、組織の方に目を向けなければいけないと思っている。もっともっと、「良い学校」にしていくことはできるし、それをするのが自分のライフワークだとも思う。

2019-07-06

裾あげテープ

| 21:18 | 裾あげテープ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 裾あげテープ - STAR日記 裾あげテープ - STAR日記 のブックマークコメント

百均の裾あげテープを使って裾あげをしてみた。結果、一度履いて洗濯をしたら、両方とも外れてしまった。


しばらく前に買ったものだから、劣化していたのか。それともアイロンのかけ方がまずかったのか。


いずれにせよ、ちゃんとお店で裾あげしてもらったほうがよかったかなぁと思っている。時間はその方が節約できたかもしれない。


ただ、裾あげだろうがなんだろうが、自分の身の回りのことは、基本的には自分でやるようにしている(料理だけはだめ)。今回は、記事が薄くて、まつり縫いをするとどうしても表に出てしまうから、やむなく家にあったテープを使ったわけだ。


なんだかやるせないが、それでもやっぱり、ある程度、自分のことは自分でしたいものだと思う。子どもたちも、ゆるく、そんなふうに育てたい。

2019-07-05

自分に自信をもつこと

| 21:46 | 自分に自信をもつこと - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分に自信をもつこと - STAR日記 自分に自信をもつこと - STAR日記 のブックマークコメント

自信をもつ。簡単なようで難しい。「これが自信」と思っていても、実は「過信」にすぎなかったり、虚勢だったりすることがよくある。


自分を正確に見るということは、やはり難しい。ただ、それをやっていかなければ、生徒たちにメタ認知能力を育むことはできない。


やはり、謙虚になって、「まだまだ」と思っていたほうが、成長できるのだろうなぁ。


慢心せず、がんばっていきたいものだと思う。

2019-07-04

楽譜を読解する

| 20:33 | 楽譜を読解する - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 楽譜を読解する - STAR日記 楽譜を読解する - STAR日記 のブックマークコメント

文章と同じように、楽譜も読解することができる。そこでは、文字として記されたコードだけではなく、「音」というコードも必要である。その意味では、楽譜にも「文法がある」と言ってもいいのかもしれない。


自分は合唱をやっていたし、ギターも弾けるけど、満足に音を追いかけられるわけではない。それでも、それなりに楽典は勉強したから、合唱の譜面なら読解することができる。


こんな発想は国語の教師しかしないだろうと思うけれども、やはり、文章には筆者や作者の意図があるように、楽譜にも作曲者の意図がある。それをまずは正しく読解する。


その上で、独自の解釈を載せていくのが、王道ではないかと思う、今日この頃である。


部員にどこまで伝えられるか。やればやるほど仕事は広がっていくが、こんな変なことを考えることができているのだから、まだ余裕はあるのだろうと思う。


ただ、それと同時に本も読まないといけない。期末考査が終わったら、「分析批評」にチャレンジしてみようと思う。教員は、生徒に「変われ」「成長するのだ」「止まっていてはだめだ」という職業である。他人に「変われ」というのであれば、やはり自らもそうした変化の中に身を置かなければ、その言葉は上滑りしてしまうように思う。

2019-07-03

アウトプット

| 07:49 | アウトプット - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - アウトプット - STAR日記 アウトプット - STAR日記 のブックマークコメント

最近の自分のアウトプットを見てみると、どうも、行き当たりばったりで、あんまり質は上がらないなぁという感じがする。


それは、インプットをしていないからだろうとも思う。


ただ続けることは大事かと思っているので、続けている。

2019-07-02

見取りの考え方

| 20:59 | 見取りの考え方 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 見取りの考え方 - STAR日記 見取りの考え方 - STAR日記 のブックマークコメント

「見取り」には、その人の考え方のくせが大きく反映されるように思う。


自分には、他の人が問題とすることでも「何が問題なんだろう」と感じることもある。それは経験則から判断していることも多い。


他方、口から出る言葉もその人の考え方の反映だろう。だったら、自分をレベルアップさせるには、本を読むなり人に聞くなりして、考え方をブラッシュアップするしかない。


本を読めない人も多いのかもしれない。うーん。

2019-07-01

探究活動

| 21:24 | 探究活動 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 探究活動 - STAR日記 探究活動 - STAR日記 のブックマークコメント

総合での探究活動、どうにも多様な興味・関心を持った生徒が集まってくる。これに応えるためには、自分自身の研鑽が不可欠。


キャパオーバーにならないようにしながら、ぼちぼちやっていこう。