Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2019-07-16

機能させるために

| 20:22 | 機能させるために - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 機能させるために - STAR日記 機能させるために - STAR日記 のブックマークコメント

文学作品を教材化するのに、圧倒的に知見が足りない。おそらく、「設問を解く」ということは教えられるかもしれないが、それ以上でも、それ以下でもない。


それよりも、「機能させる」ということができないか、と考えている。どうしたら生徒の内面にえいきょうを与えることができるのだろうか、ということであるかもしれない。


とにかく足りない。アウトプットするだけのインプットがない。


もうすぐ夏休み。要検討である。

2019-07-15

「山椒魚」

| 21:30 | 「山椒魚」 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「山椒魚」 - STAR日記 「山椒魚」 - STAR日記 のブックマークコメント

テストも終わり、文学作品を扱おうと思っている。題材は「山椒魚」だ。


分析批評もやってみたいと思っているが、どこまでやれるか。


感想文→分析→批評文という順序で扱い、効果測定もしたいと考えている。


時間、足りるかなぁ。

2019-07-14

余白

| 19:46 | 余白 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 余白 - STAR日記 余白 - STAR日記 のブックマークコメント

余白のない本は見るに耐えない。読みにくい。新聞なども、余白があるからこそ読める。字がびっしり書かれていたら、読むことはできないだろう。


これは、人生全般にも言えることだと思う。切羽詰まっていたら、仕事にもミスが多くなる。そして、人に厳しくなる。


もちろん、「厳しさは要らない」とは言えない。ときには厳しくしなければいけないこともある。


それでも、寛容を旨としていたいものだと思う。そして、寛容であるためには、心の余白が必要である。

2019-07-13

音楽ができるということ

| 21:14 | 音楽ができるということ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 音楽ができるということ - STAR日記 音楽ができるということ - STAR日記 のブックマークコメント

音楽ができるということは、人生がある意味で豊かになることとイコールだと思う。


少し、ギターをさわり始めると、とまらない。昔取った杵柄、ではあるものの、かじったことがあるものは再度取り組むのはやはりたやすい。


それほど上達しようとは思わないが、少しくらい、嗜んでいたい。

2019-07-12

教育と探究

| 21:06 | 教育と探究 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教育と探究 - STAR日記 教育と探究 - STAR日記 のブックマークコメント

総合の時間のゼミ活動で、探究テーマを学校教育に設定した生徒がいる。はて、自分に伝えることができるかはわからないが、渡せるものは渡そうと思う。枝葉ではなく幹の部分を、なんとかつかみとってもらいたいものだと思う。

音楽

| 20:57 | 音楽 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 音楽 - STAR日記 音楽 - STAR日記 のブックマークコメント

テストの採点中、youtubeでいろいろと聞いてみました。自分の高校から大学時代と嗜好は変わっていないなぁと思うと同時に、「新しいものが受け付けられないのはまずくないか」ということを、ふと思いました。


意図的に新しいものを取り入れないと、自分が時代に取り残されたように感じてしまいます。生徒たちが聞いているものも、正直、あまり知りません。でも、いろいろ訊いてみて、そして聞いてみようと思いました。


世代を越えて受け入れられるもの。ある世代には受け入れられないもの。いろいろある。


そのへんを峻別しながらも、自分のなかに取り込んでいきたいものだと思う。

2019-07-11

とらわれ

| 20:38 | とらわれ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - とらわれ - STAR日記 とらわれ - STAR日記 のブックマークコメント

「がんばればなんとかなる」というとらわれがあるように思う。


これは、学校時代に定期テストで身につけた考え方ではないかとも思う。


そういう感じで、自分を相対化してみることも大切だろう。

2019-07-10

新しい視点

| 21:19 | 新しい視点 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新しい視点 - STAR日記 新しい視点 - STAR日記 のブックマークコメント

本を読むと、何かしら新しい視点を得ることができる。いや、そうすることでしか、じっくりと物事を考えることはできないのかもしれない。

2019-07-09

認知のしかた

| 19:45 | 認知のしかた - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 認知のしかた - STAR日記 認知のしかた - STAR日記 のブックマークコメント

自分の認知のしかたは、他の人にはわからない。同じように、他人の認知のしかたも、自分にはわからない。


だから、そのしかたを共有するには、言葉を媒介に、コミュニケーションをはかるしかない。


あたりまえのことなのかもしれないけど、意外とこういうことは意識していないとできないのかもしれない。

2019-07-08

「答えは一つ」という錯覚

| 07:50 | 「答えは一つ」という錯覚 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「答えは一つ」という錯覚 - STAR日記 「答えは一つ」という錯覚 - STAR日記 のブックマークコメント

最近、複数の生徒と面談をし、感じていることとして、「一つの答えを求める傾向」が、生徒たちの間にあるように思っている。


もちろん、それに関しては人によって濃淡はあるが、「自分の悩みについて、答えがあると思っていない?」と訊くと、みんな口をつぐんでしまう。


勘繰っているのは、学校教育のもつヒドゥン・カリキュラムとして、「問題には一つの答えがある」ということを生徒に暗に示しているのではないかということだ。


授業のときも、この点は意識して語っている。「答えがあるって思ってない?でもね、人間の抱える問題って、答えは一つとは限らないんだよ」と。


こういう考え方をするものだから、普段の授業では、絶対に一つの解に定まらない要約に取り組んでもらっている。でも、生徒たちは、「一つの解」に定まるものにも取り組まないと不安なようだから、そっちにも取り組ませている。これはこれで、文脈を考えたら妥当なラインだと思っている。


ただ、「社会に出たら、こんな設問の解き方なんてまったく役に立たない」とも語っている。その先にあるものを、しっかり伝えるのが、本当は教職にある者に求められているように思う。

F-KatagiriF-Katagiri2019/07/09 09:37文学作品を取り扱った授業をしていたときに,唯一の答えがない課題に対して,「結局,先生,答えは何?」と訊いてくる生徒が多数いました。教師の解釈を知りたがるのは,高校生だけではなく,大学生も,大学院生も一定数いるという印象です。

strongmind222strongmind2222019/07/09 19:48そうした「答えを知りたがる」という傾向を教えてしまっているのは、やはり、学校教育ではないかと思います。小学校はテストもありつつ、それ以外のものも教えていると思います。そして、中高の定期考査の在り方が、それに大きく影響しているのかな、と勘繰っています。

2019-07-07

裾あげテープ②

| 22:58 | 裾あげテープ② - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 裾あげテープ② - STAR日記 裾あげテープ② - STAR日記 のブックマークコメント

裾あげテープを買ってきた。説明書きを見ると、最初に濡らさないといけないようだ。


先日つけたものは「スチームで」とあったが、その手順をを「まぁ、なくても大丈夫でしょ」ととばしてしまったのが、失敗した原因かな。

自分の働き方

| 14:25 | 自分の働き方 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分の働き方 - STAR日記 自分の働き方 - STAR日記 のブックマークコメント

自分の働き方は、果たしてよいものだろうか。この問いへの答えは一つではないように思う。


少なくとも、自分の仕事を通して世の中に貢献できていると思うから、まずはそこはよい。能力面でも、経験が重なってきたからか、前は一時間かかっていた仕事も、15分くらいでできることもある。そのままいけば、早く帰ることはできる。


ただ、自分のなかでやっかいなのが、「新しいものに手を出したがる」ことである。これはもう性分のようで、いくら直そうとしても直らないから、上手に付き合っていくしかと思っている。


それでも、自分の体と、家族のことを考えると限界はある。そこと、仕事のことは折り合いをつけたいものだと思っている。そういうふうに考えたら、自分の働き方を考えたとき、以前は「無理をしていたな」と思うけれども、今は、「まあ、このくらいなら大丈夫だろう」と思っている。


次は、組織の方に目を向けなければいけないと思っている。もっともっと、「良い学校」にしていくことはできるし、それをするのが自分のライフワークだとも思う。

2019-07-06

裾あげテープ

| 21:18 | 裾あげテープ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 裾あげテープ - STAR日記 裾あげテープ - STAR日記 のブックマークコメント

百均の裾あげテープを使って裾あげをしてみた。結果、一度履いて洗濯をしたら、両方とも外れてしまった。


しばらく前に買ったものだから、劣化していたのか。それともアイロンのかけ方がまずかったのか。


いずれにせよ、ちゃんとお店で裾あげしてもらったほうがよかったかなぁと思っている。時間はその方が節約できたかもしれない。


ただ、裾あげだろうがなんだろうが、自分の身の回りのことは、基本的には自分でやるようにしている(料理だけはだめ)。今回は、記事が薄くて、まつり縫いをするとどうしても表に出てしまうから、やむなく家にあったテープを使ったわけだ。


なんだかやるせないが、それでもやっぱり、ある程度、自分のことは自分でしたいものだと思う。子どもたちも、ゆるく、そんなふうに育てたい。

2019-07-05

自分に自信をもつこと

| 21:46 | 自分に自信をもつこと - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分に自信をもつこと - STAR日記 自分に自信をもつこと - STAR日記 のブックマークコメント

自信をもつ。簡単なようで難しい。「これが自信」と思っていても、実は「過信」にすぎなかったり、虚勢だったりすることがよくある。


自分を正確に見るということは、やはり難しい。ただ、それをやっていかなければ、生徒たちにメタ認知能力を育むことはできない。


やはり、謙虚になって、「まだまだ」と思っていたほうが、成長できるのだろうなぁ。


慢心せず、がんばっていきたいものだと思う。

2019-07-04

楽譜を読解する

| 20:33 | 楽譜を読解する - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 楽譜を読解する - STAR日記 楽譜を読解する - STAR日記 のブックマークコメント

文章と同じように、楽譜も読解することができる。そこでは、文字として記されたコードだけではなく、「音」というコードも必要である。その意味では、楽譜にも「文法がある」と言ってもいいのかもしれない。


自分は合唱をやっていたし、ギターも弾けるけど、満足に音を追いかけられるわけではない。それでも、それなりに楽典は勉強したから、合唱の譜面なら読解することができる。


こんな発想は国語の教師しかしないだろうと思うけれども、やはり、文章には筆者や作者の意図があるように、楽譜にも作曲者の意図がある。それをまずは正しく読解する。


その上で、独自の解釈を載せていくのが、王道ではないかと思う、今日この頃である。


部員にどこまで伝えられるか。やればやるほど仕事は広がっていくが、こんな変なことを考えることができているのだから、まだ余裕はあるのだろうと思う。


ただ、それと同時に本も読まないといけない。期末考査が終わったら、「分析批評」にチャレンジしてみようと思う。教員は、生徒に「変われ」「成長するのだ」「止まっていてはだめだ」という職業である。他人に「変われ」というのであれば、やはり自らもそうした変化の中に身を置かなければ、その言葉は上滑りしてしまうように思う。

2019-07-03

アウトプット

| 07:49 | アウトプット - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - アウトプット - STAR日記 アウトプット - STAR日記 のブックマークコメント

最近の自分のアウトプットを見てみると、どうも、行き当たりばったりで、あんまり質は上がらないなぁという感じがする。


それは、インプットをしていないからだろうとも思う。


ただ続けることは大事かと思っているので、続けている。

2019-07-02

見取りの考え方

| 20:59 | 見取りの考え方 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 見取りの考え方 - STAR日記 見取りの考え方 - STAR日記 のブックマークコメント

「見取り」には、その人の考え方のくせが大きく反映されるように思う。


自分には、他の人が問題とすることでも「何が問題なんだろう」と感じることもある。それは経験則から判断していることも多い。


他方、口から出る言葉もその人の考え方の反映だろう。だったら、自分をレベルアップさせるには、本を読むなり人に聞くなりして、考え方をブラッシュアップするしかない。


本を読めない人も多いのかもしれない。うーん。

2019-07-01

探究活動

| 21:24 | 探究活動 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 探究活動 - STAR日記 探究活動 - STAR日記 のブックマークコメント

総合での探究活動、どうにも多様な興味・関心を持った生徒が集まってくる。これに応えるためには、自分自身の研鑽が不可欠。


キャパオーバーにならないようにしながら、ぼちぼちやっていこう。