Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2019-06-30

ひとり座り記念日

| 20:53 | ひとり座り記念日 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ひとり座り記念日 - STAR日記 ひとり座り記念日 - STAR日記 のブックマークコメント

十ヶ月になる下の娘が、ひとり座りができました。はいはいから自分で座る瞬間を目撃。嬉しかった。


娘二人は歳の差が三歳です。仲良くやってくれているので、ありがたいかぎりです。

2019-06-29

『すでに起こった未来』

| 07:49 | 『すでに起こった未来』 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『すでに起こった未来』 - STAR日記 『すでに起こった未来』 - STAR日記 のブックマークコメント

ドラッカーの本に、『すでに起こった未来』というものがある。だいぶ前に読んだものだから内容はあまり覚えていないし、ドラッカーの著作は多く、いろいろと読んでいるから、どこに何が書いてあったか、あまり覚えていない。(もちろん、読んだ当時の私が理解しきれていなかった部分もかなりある)


ただ、目の前に起こることは、すでに先例があるのではないかと、最近、改めて思っている。その意味では、しっかり勉強しておきたいものだと思う。

2019-06-28

学校への適応

| 06:27 | 学校への適応 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校への適応 - STAR日記 学校への適応 - STAR日記 のブックマークコメント

教員って、児童・生徒でいる間、学校に適応してきた人が多いのだろう。だから、自分の持っている学校や授業の枠組みから抜け出すことができないのではないか。


私自身も、それなりに学校生活を送ってきたが、たまにネット上で見かける「隠れ不登校」であったように思う。


そんな人間が、「日本の学校教育を変えたい」と思いながら、教育学部に入り、他の職業も経験しながら、いま、中高の教員として行き着いている。


国の予算も、学校制度も、今のままでは立ちいかなくなる気がする。私に打てる一手はなんなのだろう。


http://endohiromichi.hatenablog.com/entry/2018/06/30/015313

2019-06-27

低気圧

| 21:44 | 低気圧 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 低気圧 - STAR日記 低気圧 - STAR日記 のブックマークコメント

やたらと頭が痛くなる。これって低気圧の影響なのだろう。


子どもの頃はこんなの感じることはなかったと思う。体力も落ちてきているから、仕方ないのかもしれないけど…。


運動不足がたたっているなぁ。

知っていたら…

| 21:38 | 知っていたら… - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 知っていたら… - STAR日記 知っていたら… - STAR日記 のブックマークコメント

何かが起こるたび、「これを知っていたら、対応が違ったんじゃないか」とか、「あれを知っていたら、こんな結果にならなかったんじゃないか」ということが思い浮かぶ。


新しいことを学ぶと、自分の無力感に苛まされることもある。だけど、そうやってもがく先にしか、イノベーションは生まれないのかな、と思う。

2019-06-26

ギフテッド

| 07:38 | ギフテッド - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ギフテッド - STAR日記 ギフテッド - STAR日記 のブックマークコメント

ADHDの子どもを、才能を開花させる方向に導く方法、とのこと。


https://selectaus.com/adhd-is-gift/


考え方として大切だなぁと思う。だけど、そもそもなんでこういう子どもたちが「学校」という場で「しんどい」思いをしてしまうのか、ということを考えたいと思っている。


それを乗り越えないと、学校はよりよいものになっていかないと思う。


それにしても、教員にとっても子どもにとっても、「縛り」が強くて、きびしい環境だなぁと思う。もちろん、それを打開していく手だては、そこここにあるのだけれども、目の前のできごとにとらわれて、視野が狭まってしまうことも多い。

2019-06-25

信頼を築くことについて

| 20:40 | 信頼を築くことについて - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 信頼を築くことについて - STAR日記 信頼を築くことについて - STAR日記 のブックマークコメント

信頼を築くことは大切だ。だけど、同時に、その信頼を裏切ってしまうことのないようにしないといけない。


総合的な学習の時間に、ゼミ活動というものを高校生では行っている。自分の担当するゼミに来てくれた生徒たちを裏切らないようにするためには、自分自身が自分に磨きをかけないといけない。


夏休みも、勉強三昧になりそうだ。それはそれで、楽しみではある。

2019-06-24

悔いのないように

| 20:16 | 悔いのないように - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 悔いのないように - STAR日記 悔いのないように - STAR日記 のブックマークコメント

人間、誰しも、この世を去るものである。自分も、いつ、そうなるかわからない。


悔いのないように生きたいものである。


そんなことを、ふと思った。

2019-06-23

機械的(メカニカル)な仕事

| 19:25 | 機械的(メカニカル)な仕事 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 機械的(メカニカル)な仕事 - STAR日記 機械的(メカニカル)な仕事 - STAR日記 のブックマークコメント

仕事は、メカニカルにやってしまうにつきる。特に、機械相手の仕事や、ルーティンワークについては。


そうでない仕事、授業や、カウンセリングなどの、ある程度の「情」や「人間関係」が必要な仕事は、むしろメカニカルにやってはいけない。


ただ、そういう「情」が必要な仕事を余裕をもってするために、できるところは徹底的にメカニカルにしてしまう。そんなことを頭に入れていたいと思った今日この頃。

2019-06-22

人を救うために

| 07:41 | 人を救うために - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 人を救うために - STAR日記 人を救うために - STAR日記 のブックマークコメント

人を救うためには、知識だけではだめだ。事実を客観的に述べられるだけでもだめだ。


知識と、客観化と、それを的確に伝える言葉と、そして、相手を思いやるだけの心がなければ、人は救えない。


そして、言葉と、心を磨くためには、文学が適していると考える。小説と、詩歌。


そして、ものごとを違った角度から捉える眼。そんなものが、大切なんだろうと思う。

2019-06-21

不安と成長

| 07:31 | 不安と成長 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 不安と成長 - STAR日記 不安と成長 - STAR日記 のブックマークコメント

ここ数日、心が落ち着かない日が続いていました。で、何が原因かなーと考えていたら、「あぁ、新しいことをしようとしているからだ」ということに思い至りました。


高2の現代文は、川端康成のノーベル文学賞受賞記念講演「美しい日本の私」を扱おうとしていたのですが、初めて扱う文章であり、しかも文語調であり、どこまで解説を加えたらよいのかわからず、という状況でした。


そうした不安があったから、何だか落ち着かなかったのだと思います。


それで、実際に授業として取り組んでみたら「わからん!」という声が多数。案の定、失敗です。もうこれはリセットだと思い、途中でやめました。


おそらく、高校生には難しかったのだと思います。古文が引用されているということもあるかもしれませんが、そもそも、大人が読んでも一筋縄ではいかなかった。


視野が狭まっていたなぁと思いました。でも、それに気づけたことも、大きな収穫です。生徒たちも、ここでわからなかったとしても、いずれ、「そういうことか」とわかるタイミングがあるかもしれません。

2019-06-20

つかまり立ち記念日

| 22:15 | つかまり立ち記念日 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - つかまり立ち記念日 - STAR日記 つかまり立ち記念日 - STAR日記 のブックマークコメント

そういえば、昨日、次女がつかまり立ちをしたとのこと。小さいことに喜ぼう。

事件

| 07:48 | 事件 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 事件 - STAR日記 事件 - STAR日記 のブックマークコメント

何か事件が起こって報道されているのを見ると、どうしても「学校教育との関連」で物事を考えてしまう。仕事上、仕方ないのかもしれないが、不可分と考えにくいのだ。


虐待なんかを考えても、学校教育の学歴至上主義のような考え方が遠因になっているように思えてならない。

2019-06-19

洗濯物

| 07:41 | 洗濯物 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 洗濯物 - STAR日記 洗濯物 - STAR日記 のブックマークコメント

いつの間にか、4歳の娘が洗濯物をしっかりたためるようになっている。自分の服だけでなく、私のポロシャツまでたたんでしまう。


昔の自分はできなかったと思う。たいしたもんだ。

2019-06-18

山上憶良

| 20:04 | 山上憶良 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 山上憶良 - STAR日記 山上憶良 - STAR日記 のブックマークコメント

世の中を厭(う)しと恥(やさ)しと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば


山上憶良の歌です。以前、「銀(しろかね)も金(くがね)も玉も何せむに勝(まさ)れる宝子に及(し)かめやも」という歌も出しましたが、山上憶良には、何か、惹かれるものがあります。


この世の中、いやなところ、身も細るようなところと思いますが、捨ててどこかへ飛び去るわけにもゆきません。人間は、鳥ではありませんので。


つらい世の中から飛び立ってしまいたい。だけれども、私たちは鳥じゃない。だから飛んでいけない。で、否定したら始まらないので、「力強く生きていこうじゃないか」と。


そんなふうに思いました。和歌っていいなぁ。

2019-06-17

朝令暮改

| 20:26 | 朝令暮改 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 朝令暮改 - STAR日記 朝令暮改 - STAR日記 のブックマークコメント

前提条件か変化した場合、朝令暮改はやむを得ない。これは、経営者にとっては自明なのかもしれない。


https://note.mu/ikedanoriyuki/n/na63f63df0ead?fbclid=IwAR0A_hDnUxHFcOGFwma5MCh39dKcKhEkSplfz3YXGisGLmfU9KGJiToahMI

2019-06-16

ゆとり

| 20:42 | ゆとり - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ゆとり - STAR日記 ゆとり - STAR日記 のブックマークコメント

忙中閑有り。心のゆとりをつくるためには、技術も大切。


https://tabi-labo.com/281710/difference-between-busy-and-affordable

2019-06-15

スクラップ・アンド・ビルド

| 20:49 | スクラップ・アンド・ビルド - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - スクラップ・アンド・ビルド - STAR日記 スクラップ・アンド・ビルド - STAR日記 のブックマークコメント

ドラッカーによれば、イノベーションとはスクラップ・アンド・ビルド、体系的廃棄のことだという。自分が得てきたものを大切にしつつも、それをときには大胆に捨てる、ということだろう。


また、どんな世界でも、こうしたイノベーションが必要だし、もうひとつ必要なのはマーケティングであるとも述べている。


マーケティングでいえば、ニーズを調査するのではなく、ニーズを創造してしまうことが大切なんだろうと思う。そして、ブルー・オーシャンを切り開いていく。


まだまだ、やれることはたくさんある。

2019-06-14

人の営み

| 21:13 | 人の営み - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 人の営み - STAR日記 人の営み - STAR日記 のブックマークコメント

授業はどこまでいっても人の営みである。それなら、「自分」というものを媒介して子どもたちにプラスの影響を与えていきたいと思っている。


テクニックに走りたくないし、「こうすればよい」というものにも到底たどりつけないように思う。


だったら、常に、「今の自分にできる最善はこれ」というものを提供していきたい。もちろん、生徒たちが集団として十分に自立できるように。


まだまだ、自分としても、おそらく学校としても、そこまで行きついていない。向上の余地は広い。

2019-06-13

肯定的な言葉の力

| 20:55 | 肯定的な言葉の力 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 肯定的な言葉の力 - STAR日記 肯定的な言葉の力 - STAR日記 のブックマークコメント

言葉には力がある。まずは自らがそれを言うこと。


https://ameblo.jp/praise-the-lord/entry-11710065267.html

2019-06-12

即断・即決

| 23:04 | 即断・即決 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 即断・即決 - STAR日記 即断・即決 - STAR日記 のブックマークコメント

即断・即決は大切であると思っている。だらだらと先延ばしして、まとめてやろうとしても、なかなか解決がつかないこともしばしば。


その場でできることは、その場で解決してしまう。もちろん、それは「すぐにできる」と判断できることであるから。「これは寝かしておいたほうがよいな」というものもあるが、寝かしてもそんなに熟成しないこともある。


また、100%で仕上げようとしても、細かなところはどうしても抜けてしまう。拙速を心がけ、八割主義で片付けてしまったほうがよい場合のほうが多い。


そんなことをいつか本で読んだ気がするが、経験的にもわかってくるようになった。


その意味では、成長したのかなぁ。

2019-06-11

キャパオーバー

| 21:51 | キャパオーバー - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - キャパオーバー - STAR日記 キャパオーバー - STAR日記 のブックマークコメント

キャパオーバーかな、と思うが、まだ「キャパオーバーだ!」と思っていたり、言ったりしているうちは、きっとキャパオーバーにはなっていないのだろう。


黙り込んで、ふさぎ込んでしまったら、それこそキャパオーバーと言えるのだろう。

2019-06-10

痛い目

| 21:48 | 痛い目 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 痛い目 - STAR日記 痛い目 - STAR日記 のブックマークコメント

ある小説を読んでいる。小学校の新任教師で、一年生を担任して、学級崩壊させ、翌年、四年生でまたうまくいかなくなるという話。


そして、子どもたちと接するなかで、成長していく。


自分が変わるきっかけがつかめる人は幸いである。しかし、問題を外に転嫁する人は、いつまでもそのループから抜け出せなくなるのだろう。


私自身も、日々、いろいろな生徒と接するが、生徒を「鏡」として考えている。自分の足りざる部分を教えてもらっている。

2019-06-09

寺社巡り

| 22:45 | 寺社巡り - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 寺社巡り - STAR日記 寺社巡り - STAR日記 のブックマークコメント

長女を連れて、寺社巡りへ。どこの地域にも神社やお寺はあるが、京都、滋賀はやはりお寺が多い。


もともとこの地の人間ではないから、終の住まいにはなりえない。それなら、いるうちにいろいろと行ってみたいものだと思っている。


ちなみに、春休みには紫式部ゆかりの石山寺に行ってきた。こちらは、やむなく部活の引率に出た際、せっかくだからと寄ったもの。「源氏の間」と称した小部屋に、紫式部を模した人形が鎮座しており、なんともいえない雰囲気だった。


また、一度見ておきたいと思っているのが、藤原定家ゆかりの京都・小倉である。それから喜撰法師が詠んでいる(わが庵は都の辰巳しかぞ住む世をうぢ山と人はいふなり)、宇治である。こちらは源氏物語後半の舞台でもある。


以前は興味のなかった百人一首を学ぶことで、明らかに自分の視野が広がった。そういう意味では、「知る」ということは大切なんだろうなぁ。

2019-06-08

国語教育

| 21:47 | 国語教育 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 国語教育 - STAR日記 国語教育 - STAR日記 のブックマークコメント

国語の教育は、もっとシンプルでよいと思う。テストで、「傍線部はどういうことか。説明しなさい。」とか、「傍線部の理由は何か。次の選択肢から選びなさい。」とか、そういう問題を解けるようにするための教育じゃない。


文章を読み、考え、書き、交流する。それを押さえられたらいいんじゃないのか。

2019-06-07

テストの意義

| 21:55 | テストの意義 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - テストの意義 - STAR日記 テストの意義 - STAR日記 のブックマークコメント

なぜ、定期考査と称してテストがあるのか。毎度思うのは、その「Why」が問われることなく、「How」の方に目が行きがちだということ。


自分もそうだ。毎度、「やらなきゃいけない」からやっている感じが強い。


さらに、ちょっと詰めが甘いと思うのが、今の受け持っている学年が、大学入試改革の後に入試に臨むのに、それにミートした内容にはなっていないなぁ、ということ。


授業の方はそれに近づけつつあっても、考査がこれではなぁ…、などと考えてしまう。

2019-06-06

言葉の支配

| 20:27 | 言葉の支配 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 言葉の支配 - STAR日記 言葉の支配 - STAR日記 のブックマークコメント

人間は、実は相当意識していないと、自分の使っている言葉に支配されているのではないか。


日本人であれば日本語の、アメリカ人であれば英語の影響を受けている、というわけだ。


英語圏は、けっこうストレートに自分の考えを述べる傾向にある。逆に日本人は、以心伝心という言葉があるように、言葉や態度に含みを持たせる傾向にある。


もちろん、個々人で差はあるが、おおづかみに言えばそうなるだろう。


それで、英語は結論を先に言う。文構造がそうなっている。日本語は最後になるまで結論がわからない。こうした言葉のあり方が、考え方に影響を及ぼしていると考えられる。


これに関しては、もうすでに主張されている方がいるだろう。勉強はまだまだし足りない。

2019-06-05

小さい

| 07:31 | 小さい - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 小さい - STAR日記 小さい - STAR日記 のブックマークコメント

自戒をこめて。


最近、自分が語っていることが、あまりにも小さいことに気づいた。こんな教師のもとでは、たぶん、大きな志を持った人間は育たないだろう。


もっとストレートに。もっと暑苦しく。何を思って、クールを装っているのだろう。

2019-06-04

VLOOKUP

| 22:54 | VLOOKUP - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - VLOOKUP - STAR日記 VLOOKUP - STAR日記 のブックマークコメント

Vertical Lookup関数。「垂直に探す」という意味。


エクセルも、関数を覚えていると、けっこう、魔法のような働きを見せることがあります。今日も、他の人が手作業でやろうとしている仕事を、ものの数分で終わらせることができました。


それも私が、VLOOKUP関数を使えたから。そんなに大きなことではないのですが、PCを使っているのに、エクセルの関数を知らないのはちょっともったいないのでは、と思いました。


もちろん、Googleで検索すれば出てきますが、「それを検索して時間短縮しようと思うかどうか」というところに気づくかどうか、ということも大切なように思います。

自分の変化

| 07:15 | 自分の変化 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分の変化 - STAR日記 自分の変化 - STAR日記 のブックマークコメント

文学作品を読んで、以前は何も思わなかったことが、真実だと思えてくるようになった。高校生、大学生のときにはあまり思うこともなかったが、あらためて今、読んでみると、自分と重なる部分があったり、よりわけがわからなくなったり…。


この「わけのわからない」部分の方が大事だと思うし、それを「わかる」ようにしていくことが、自分の成長につながるのではないかと思う。


いろいろと経験したから、登場人物に感情移入できるようになったのかもしれない。それとも、ただ単に年齢を重ねただけだからだろうか。いずれにせよ、これは自分自身の変化だろう。同じものを読んで、まったく違う見え方がするのだから。


それにしても、まだまだ知らないことがたくさんある。成長の余地は無限に残されている。

F-KatagiriF-Katagiri2019/06/04 13:29私もよくあります。中高生の時にその作品に触れるけれど,歳を重ねてじゃないと分からない教材ってありますよね。むりやり授業で「こうなんだ!」って「答え」を与えるよりも,歳を重ねるまで,宙ぶらりんにしておける授業ができたら最高ですよね。

strongmind222strongmind2222019/06/04 22:53片桐先生のおっしゃる通りだと思います。「山月記」とか、「こころ」とか、「山椒魚」だって、高校のときに読んだ感じと、今読んだ感じは、まったく違います。このへんの文学作品をどう扱うかは、いま、ない頭をこねくり回して考えています(笑)。
先行実践も読みつつ、「大人になったらもう一度読んでみなよ」という、それこそ「宙ぶらりん」くらいの姿勢がちょうどよいのかもしれません。
私の場合、こういった姿勢は他の小説でも同じです。マンガとかアニメとかも同じだったりして…。

2019-06-03

変なプライド

| 07:42 | 変なプライド - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 変なプライド - STAR日記 変なプライド - STAR日記 のブックマークコメント

個人の向上や他人とのかかわり合いを妨げるのは、変なプライドだと思う。自分もかつてそうだった。それがあるがゆえに、けっこう苦しんだ気がする。


その時点、その時点での自分の最前を目指したいものだと思う。他者と比較してばかりいると苦しくなる。


その「あなた」でいいと、言えるような自分になりたいものだ。

2019-06-02

『草枕』

| 18:59 | 『草枕』 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『草枕』 - STAR日記 『草枕』 - STAR日記 のブックマークコメント

「山路を登りながら、こう考えた。


智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。


住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。


人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣にちらちらするただの人である。ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。


越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、寛容て、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降る。あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし、人の心を豊かにするが故に尊い。」


やはり、人は人の世に住まなければいけない。そのなかでどのように生きていくかが大切なのだろう。人の世と折り合いがつかないと、「孤立」する。


言葉のとらえ方に過ぎないが、「孤独」は必要だ。孤独の時間に人はさまざまな気づきを得る。人とのつながりはありつつも、本質的に人は孤独だ。


しかし、「孤立」は他者との隔絶を意味する。そうなってしまうと、手の施しようがないこともある。だから、子どもたちにも、つながりの大切さを教えたいのだ。

2019-06-01

授業づくりの本

| 19:25 | 授業づくりの本 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業づくりの本 - STAR日記 授業づくりの本 - STAR日記 のブックマークコメント

授業づくりに関して、ちまちまとですが、本を読んでいます。今年もっているクラスは、『学び合い』の初期段階さえクリアしていません。それでも、集団を耕すことは続けています。


野口芳宏先生の著書に『国語教室の活性化 小学校編』というものがあります。漫然と読んでいただけだったのですが、これはわかりやすいなぁという比喩がありました。


それは、授業を、縦軸を「楽しさ」、横軸を「向上的変化」としたときに、第一象限が「旅行型」(楽しさも向上的変化もある)、第二象限が「通勤型」(向上的変化はあるが、楽しさに乏しい)、第三象限が「登校拒否型」(楽しさも向上的変化もない)、第四象限が「散歩型」(楽しさはあるが向上的変化には乏しい)と見ることができる、という比喩です。


1986年2月の初版ですから、ちょうど私が生まれたときに出版されたものです。それなのに、まったく自分のなかにはなかった視点です。どれほど学んでも、いつも新しい発見がある。だから、読書はやめたくない。貪欲にいろいろと学んでおきたいと思います。


もちろん、『学び合い』の本も折にふれて読み返しています。その「考え方」は、常に子どもたちに語っています。