Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2019-04-04

文学の大切さ

| 07:46 | 文学の大切さ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 文学の大切さ - STAR日記 文学の大切さ - STAR日記 のブックマークコメント

新しい学習指導要領の国語の内容で、「文学の比重が軽くなっている」というイメージが、自分のなかにある。


もちろん、ざっと読んだだけで、精読したわけではないから、あまり具体的なことは言えない。


でも、「論理」よりも、「文学」の方が大切だと、私は考えている。その文学は、自分が受けてきたような、「教師が一方的に解説するだけの授業」は違うし、個人個人の血肉になるものではないといけないと思っている。


文学によって、人は何を得るのか。今年度の自分の探究課題の一つです。

F-KatagiriF-Katagiri2019/04/04 18:03文学軽視は,今までの国語教育が文学偏重だった対抗措置でしょう。このくらい文学軽視の方針を打ち出せば,意識を変える教員もちょっとは出てきてバランスが取れる,みたいな。

文学は芸術の一分野でもあるので,美術や音楽から得られることと同じことも国語で学ばせなければならないとも思っています。

strongmind222strongmind2222019/04/10 18:02すみません。
完全に見落としておりました。
私が中学や高校のときに受けた授業は、完全に教師の解釈を聞く授業でした。その意味では、ほんとうに文学教育を大切に考えている教員はいなかったのでは、と思います。

「文学は芸術の一分野」というのも、これから考えていきたいと思っておりました。その視点、国語の教師に必要ですね。校内の会議でも、ボソッと言っていこうと思います。