Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2019-01-26

ちょっとしたこと

| 20:17 | ちょっとしたこと - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ちょっとしたこと - STAR日記 ちょっとしたこと - STAR日記 のブックマークコメント

小テストをやらざるを得ず、やっています。いつも授業中に点数チェックして返却をしているのですが、たまたま時間がなく、放課後に点数チェックをしていました。


その際、答案が縦横・表裏もしっかり揃っているクラスがありました。非常に楽です。


で、教師の方からそれを指摘する場合、「揃えなさい」と指示をするより、「揃えてもらえるとありがたいんだよね」という話をする方が温かみがあっていいな、と思った次第です。


生徒たちにも、小さな気配りができる人間になってもらいたいものです。実際、会社(大きな会社だと秘書部門)の仕事の基礎として、コピー取りや書類のホチキス止めもありますが、こうしたことは気配りからできるようになることも多いものではないかと思います。


書類を読む人のことを考えたら、どうホチキスを止めるかも、実はセオリーがあります。紙と並行に止めるのではなく、紙に対して斜めに止めます。これで破れにくくなります。


また、書類の重要度が高く、機密度の高い場合(たとえば人事関係の書類)は、コピー一つでも、一部始終を見守ることもあります。


こうしたことも、教えてもできない人、教えたらすぐできる人に分かれると思います。すぐにできる人は、他人に対して気配りができる人なのではないかなと思います。