Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2019-01-16

演習の是非

| 19:55 | 演習の是非 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 演習の是非 - STAR日記 演習の是非 - STAR日記 のブックマークコメント

模試などの解説をしようと、生徒に解いてもらうよりもさきに演習をします。でも、これって生徒の学力を伸ばすことには直接にはつながりません。せいぜい、コツを示すことで、演習をする際に参考にしてもらうくらいです。


いちばん手っ取り早いのは解答を渡してしまうことだと思います。


私がしなければいけないのは、いかにして「やる気をアップさせるか」ということだと考えます。下手に、「あーでもない、こーでもない」としてしまうと、生徒にとっては「有難迷惑」でしょう。


その意味で、要約の指導は、「地に足のついた指導なのかな」と思います。ただ、すぐには点数につながらないのは痛いところです。ただ、繰り返すことで文章の要点を掴むのは早くなっているように思います。


私の授業で身に付けてもらったことが、生徒の将来にほんの少しでも役に立ってくれたらな、と思います。