Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2018-12-10

慣例

| 07:30 | 慣例 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 慣例 - STAR日記 慣例 - STAR日記 のブックマークコメント

学校で行われていることは、多くは「慣例」「慣習」によって行われていることである。法令に基づいたものではないことが多いだろう。それを考えると、なんだかむなしい気持ちになってしまう。


学校教育の幹は、「子どもたちを自律した大人に育てる」ということだろう。その幹に関係のないことの、なんと多いことだろうか。それもこれも、実感としては、教職員の側の「慣例」であるということがよくある。それも仕方のないものなのかもしれない。教職員はもともと学校の中でのある意味での「勝ち組み」であるからだ。この部分には意識的でありたいと考えている。


正直な話、考査をつくって、採点して、序列化することに、何の意味があるのだろうかと感じることがよくある。それでも、この文脈のなかで仕事をしているので、やらなければいけないとは思う。


そうは言っても、ゆくゆくはもっと実のあるものに変えていきたい。