Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2018-08-17

本の読み方

| 12:57 | 本の読み方 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 本の読み方 - STAR日記 本の読み方 - STAR日記 のブックマークコメント

本の読み方には数種類あると思います。たぶん、まとまった提案をしている方はいらっしゃると思いますが、自分の実感に基づいて書いておこうと思いました。


一つが、「情報読み」です。何か知りたいことがあって、その本を読んで「情報を得る」ための読書です。速読でもいいし、ある程度自分が通暁している分野の本であれば、「知らない情報はないか」という視点で読むのもありだと思います。


また、思考するための読書もあると思います。本に書かれた情報を触媒にしながら、思考し、自分なりの考え方をつくっていきます。日々の仕事などに活かすこともこの読書の仕方になるだろうと思います。


もう一つは、アウトプットを前提にした読書です。その本のどこかの部分が、誰かのために役立ちそうだと、本と他人とをリンクさせる読書です。もっとも、この読書は一般的にはやらないかもしれません。何かの本を売り込んだりする場合にやることはあるかもしれませんが…。


いずれにしても、「読書のための読書」にならないようにすることが大切と思います。何かを得て、自分の考え方の糧とするのがいいと思います。


もっとも、ただ単に本を読む、ということもあっていいと思います。小説はそのためにこそあるのではないかと思います。そこに何かを求めなくても、なんとなく読んでいく、そういう本の読み方をしていても、自分なりに得るものはあるような気がします。