Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2018-08-15

接客

| 11:25 | 接客 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 接客 - STAR日記 接客 - STAR日記 のブックマークコメント

先日、某鉄道会社の窓口に、団体乗車券の申し込みをしにいった。いろいろとわからず、困って、「〇〇はできるんですか?」「この紙はコピーでもよいのですか?」などと質問すると、「できません」「ダメです」と強い口調で言われる。


非常に不快な思いをし、何様なんだろう、と思ってしまった。他の乗客からよほど理不尽な物言いをされているのか、それとも、役所体質で、サービスなのだということがわかっていないのか、はたまたコミュニケーション能力に問題があるのか。


そこまで勘ぐってしまうような受け応えだった。しかも、2度目である。正直、同じ駅員には対応してもらいたくないと思った。


翻って、教室での子どもたちも同じような思いをしているのではないだろうか、と考えてしまった。「自分が相手をするのも嫌な教師」が担任になってしまった場合、子どもたちに選択権はない。それを考えると、切符を買うときの窓口の対応なんて、小さなことだ。明日は我が身である。