Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2018-08-31

文化祭の準備

| 19:28 | 文化祭の準備 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 文化祭の準備 - STAR日記 文化祭の準備 - STAR日記 のブックマークコメント

文化祭の準備をしています。音響系統のこともやらないといけないので、てんやわんやです。とりあえずセッティングが終わったのですが、スピーカーにつながらないなど、トラブルが絶えません。


電源1つ、ケーブルの接続1つで変わってしまうことなので、いじったことのない人にとっては、かなり難しい部分です。良くも悪くも「職人芸」が必要になることです。

2018-08-30

とびひ

| 20:14 | とびひ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - とびひ - STAR日記 とびひ - STAR日記 のブックマークコメント

娘がとびひになりました。肌がぐじゅぐじゅしており、心配していたのですが、冷静になって考えてみたら「これってとびひじゃない?」と思いました。


昔、児童養護施設でバイトをしていたときにも見たことがあったのに、久しぶりだったのでびっくりしてしまいました。


うーん。

2018-08-29

学級経営

| 07:40 | 学級経営 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学級経営 - STAR日記 学級経営 - STAR日記 のブックマークコメント

私はクラス担任をもっていません。ですが、学級経営や、学級崩壊などに関する本は、読んでおく必要があるように思っています。生徒たちを集団で理解するためには、経験則に加えて、先人が残してくださっている知識や知見も必要だと考えます。


お金、うまく使っていかないといけませんが、「自分の仕事をよりよくする」という視点で、本を読んでいきたいと思います。

2018-08-28

高卒の方がよい?

| 20:10 | 高卒の方がよい? - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 高卒の方がよい? - STAR日記 高卒の方がよい? - STAR日記 のブックマークコメント

高卒の方がよいかどうかは、賛否両論あると思います。


しかし、「みんながみんな、大学に行く」というのは賛同できません。実際、大学に行く"べきではない"層も大学に入っていると思います。


ドラッカーも、『断絶の時代』(1969年)のなかで「大学はモラトリアムである」というような指摘をしていたと思います。


そういう広い視野が大切と思います。


https://children.publishers.fm/article/18214/

2018-08-27

勉強不足

| 20:03 | 勉強不足 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 勉強不足 - STAR日記 勉強不足 - STAR日記 のブックマークコメント

向山洋一先生が、「学力を伸ばしたいなら親切にしない方がいいですね。親切にいろいろ説明したりお話したりすればするほど、子どもはわからなくなります。親切に子どもたちにいろいろ言葉をつくして説明される先生がいらっしゃるでしょうけど。そういった先生のクラスの子どもたちの学力は低いです。そうじゃなくてお隣で、なんかつっけんどんな感じでやらせている先生の方が実は学力がついているもんなんです」と応えている。


出典は、『授業づくり“よくある失敗”175例』(2017年)です。


今だからこそ、「そうですよね。やっぱりそれでいいんですよね」と思うが、講義型授業をしていた過去の私はどう読むだろうか。


なんとも言えないが、向山先生がそのようにおっしゃっているのであれば、そうなのだろうと思っていいような気がする。


勉強不足で、まだまだ自分の実践に自信が持てない。「これだ!」と自信をもっていえるのはいつになるだろうか。

2018-08-26

部屋がない

| 19:06 | 部屋がない - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 部屋がない - STAR日記 部屋がない - STAR日記 のブックマークコメント

母に来てもらってからというものの、娘はほめられまくるものだからおおはしゃぎです。ポジティブな言葉が出てくるっていいなぁと思います。


それはそうと、いま、母が書斎を使って寝泊まりしているため、私も家内も一人になることが、時間的にも空間的にも難しい状況です。これ、なかなか大変です。じっくりものが考えられない。


さて、どうしようかなぁ。

2018-08-25

社会科と現代文

| 21:08 | 社会科と現代文 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 社会科と現代文 - STAR日記 社会科と現代文 - STAR日記 のブックマークコメント

そういえば、現代文の授業で、よく「内職をする生徒」が出ていた。その多くは英語か世界史か数学。緩くやっているから、小テストで平常点がつくものと比べると、どうもそうなってしまうらしかった。


たしかに自分もそうだったよなぁと思う。授業もどうでもよかったし、正直、いやいやながら勉強していたことは否めない。私自身は、「なんでこれを勉強しなくてはならないのか」という疑問に応えてもらいたかった。その鬱憤は大人になってからもあった。


少し学校教育を学んでわかってきたことは、教科の内容に関しては、実はそれを学ぶべき確たる裏付けは、どうやらあまり無いらしいということ。そして、学校教育は、大学受験に縛られてしまうらしいものであるということ。さらに、そこに大人の利害関係が大きく介在しているらしいこと。


「自分になにができるんだろう」という失望感にさいなまれながらも、『学び合い』に出合い、「何かができる」と思えるようになった。


ただ、既存の文脈に合わせなければ、どうやら浸透はしなさそうで、「難しいなぁ」と感じているのが現時点。


はてさて、夏休みが明ける明後日。どんなことをしていこうか。現代文は、他教科を学ぶ意義が書かれた文章を読むことになりそうだ。おそらく、授業で内職をしていることからも、そういうニーズはあるだろうという読み。世界史・日本史・英語あたりが狙い目と思っている。


そういう現代文もありだろうなぁと思っている。

2018-08-24

授業計画

| 22:23 | 授業計画 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業計画 - STAR日記 授業計画 - STAR日記 のブックマークコメント

2学期の授業の計画をたてようと、ごちゃごちゃ考えて結局決まらず終まいになってしまった。そうは言っても、来週月曜日から授業は始まる。


明日、出勤したあと、速攻で詰めよう。

2018-08-23

台風

| 00:17 | 台風 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 台風 - STAR日記 台風 - STAR日記 のブックマークコメント

台風のなか、部活の遠征に出、帰りに電車が止まる。何とか別の交通機関で動けたが、ハイリスクであった…。


いろいろとあって、視野狭窄を起こして、別な移動手段の可能性を排除してしまっていたことが、帰ってからわかった。


焦りは禁物、ということか。

2018-08-22

凡ミス

| 21:33 | 凡ミス - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 凡ミス - STAR日記 凡ミス - STAR日記 のブックマークコメント

今日は東京の日帰り引率でした。


で、出発駅の出発時刻を、土日ダイヤで予定表に書いていました…。電車が来ないなぁと思っていたら、そのように判明。


少し駅での移動を素早くして事なきを得ましたが、凡ミスでした…。

2018-08-21

環境の変化

| 19:25 | 環境の変化 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 環境の変化 - STAR日記 環境の変化 - STAR日記 のブックマークコメント

寝不足になりました。昨日、おばあちゃんが来て、娘が興奮気味だったことも影響していると思います。こうした環境の大きな変化って、目には見えませんがけっこうな負担になっているのかもしれません。


とすると、下の子の出産もけっこう大きな変動要因です。今のままの仕事の進め方では、早晩クラッシュしてしまいます。これをかわすにはどうすればいいか…。


時間の使い方をもっと密度の濃いものにすることが望まれます。あと、私ではなくてもできる仕事はどんどん他の人に明け渡していくことです。なかなかできるようにならないなぁ…。

2018-08-20

おばあちゃん

| 20:16 | おばあちゃん - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - おばあちゃん - STAR日記 おばあちゃん - STAR日記 のブックマークコメント

家内が出産を控えているため、今日から私の母が家に来てくれています。ありがたいことです。


3歳の娘も嬉しそうでよかった。

旅行代理店

| 20:00 | 旅行代理店 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 旅行代理店 - STAR日記 旅行代理店 - STAR日記 のブックマークコメント

部活の遠征が重なり、移動や練習の段取りをつくっている。これ、かなり時間がかかるが、だんだん慣れてきてルーティンになってきている。地区大会だろうが全国大会だろうが要領は同じ。今日は地区大会、ブロック大会、全国大会の三種類を詰めた(かけもちしている関係で多いのです)。


退職後は旅行代理店もできるかもしれない…(笑)


自分でそう言うほど、仕事をやりこんでいる。でも、こんなこと、昔はやろうとも思わなかった。それでも「やらなければいけない」というふうになり、実際にやってみたらできて、だんだんと精度が上がっている。経験的に「ここの乗り換えはこの時間だと不十分だから、少し間隔を空けよう」とか、そういう思考もはたらくようになってきた。


変な能力を身に付けてしまったと思うが、せっかくだから役立てていきたいものだ。

2018-08-19

オリジナリティは組み合わせ

| 19:15 | オリジナリティは組み合わせ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - オリジナリティは組み合わせ - STAR日記 オリジナリティは組み合わせ - STAR日記 のブックマークコメント

「オリジナリティ」は、ゼロから新しいものを生み出すときにだけ必要なものではない。すでに存在しているものを、ひっくり返したり、裏返したり、少し角度を変えてみたり、意外なものと組み合わせてみたりすることだって、十分に「オリジナル」になる。


簡単なようで、ものすごく難しい。だから、ドラッカーが「イノベーションは予期せぬ成功から生まれる」という言葉を残しているのだと思う。

2018-08-18

前例をつくる

| 19:19 | 前例をつくる - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 前例をつくる - STAR日記 前例をつくる - STAR日記 のブックマークコメント

何事においても、「誰もやったことがないこと」はあるものである。たとえば、先日私が行なった校舎の壁の補修も、これまでは協力企業に依頼していた。しかし、なんとなく考えてみてやってみたら、これが案外うまくいく。


こうして前例をつくっておけば、誰かが「できるかもしれない」と思ってくれるはず。特殊な技能を必要とすることもあるけれども、多くの場合は、家庭のDIY(これ、Do It Yourselfの略らしい)の延長上でできたり、機械や部材の周辺をよ~く観察すればできるようになる。


もちろん、基盤交換などの高度な専門技術を必要とするものは控えた方がよい。実際、DVDのプレーヤーのトレイが開かなくなって直そうとし、その部分は修理できたが読み込みができなくなり、結局破棄せざるを得なくなったこともある。


授業においても、一斉授業や講義型授業が大勢を占める中でも、「協同学習や『学び合い』、生徒はできますよ」という前例をつくっておけば、みんなが取り組めるようになっていくだろう。


中高の場合には、「国語だからできるんですよ」という返答をいただく場合もあるが、ところがどっこい他教科でも可能である。でも、そういう回答をする方は、「自分は変わりたくない」と思っていることがほとんど。ここはどういうふうに突破していけばいいかなぁと、策をいくつも打っていくことが求められる。


いずれにせよ、誰かが「前例」をつくっておけば、そういう文化が徐々にできていくのだと思う。周りに先駆けていろいろとやっていきたいものだと思う。

2018-08-17

本の読み方

| 12:57 | 本の読み方 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 本の読み方 - STAR日記 本の読み方 - STAR日記 のブックマークコメント

本の読み方には数種類あると思います。たぶん、まとまった提案をしている方はいらっしゃると思いますが、自分の実感に基づいて書いておこうと思いました。


一つが、「情報読み」です。何か知りたいことがあって、その本を読んで「情報を得る」ための読書です。速読でもいいし、ある程度自分が通暁している分野の本であれば、「知らない情報はないか」という視点で読むのもありだと思います。


また、思考するための読書もあると思います。本に書かれた情報を触媒にしながら、思考し、自分なりの考え方をつくっていきます。日々の仕事などに活かすこともこの読書の仕方になるだろうと思います。


もう一つは、アウトプットを前提にした読書です。その本のどこかの部分が、誰かのために役立ちそうだと、本と他人とをリンクさせる読書です。もっとも、この読書は一般的にはやらないかもしれません。何かの本を売り込んだりする場合にやることはあるかもしれませんが…。


いずれにしても、「読書のための読書」にならないようにすることが大切と思います。何かを得て、自分の考え方の糧とするのがいいと思います。


もっとも、ただ単に本を読む、ということもあっていいと思います。小説はそのためにこそあるのではないかと思います。そこに何かを求めなくても、なんとなく読んでいく、そういう本の読み方をしていても、自分なりに得るものはあるような気がします。

2018-08-16

工務店

| 08:59 | 工務店 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 工務店 - STAR日記 工務店 - STAR日記 のブックマークコメント

先日、お盆休みに入る前に、学校の案内表示の貼り換えと壁の補修を行なった。どれも工務店などに発注すれば、かなりのお金が取れる仕事らしい(私の場合、ボランティアということになろうが、学校の経費の節減につながっているので、まぁいいかと思っている)。


お金が取れるのは、やはり、専門的な能力と時間を必要とするからだ。たぶん、プロレベルの仕事だったら材料費も含めて20万円以上かかる(実際、以前見積もりを取ったらそうだったらしい)。今回のはちょっとやりすぎかもしれないけれども、実際、学校の教員なら、自分の担任する教室のちょっとしたことであれば対応するだろう(小学校で勤務していたときは、よくテレビの不具合や、体操着のフックなどを直した)。


もうちょっと回数を重ねれば、工務店や電気修理店などはできるかもしれない。晩年は地元に戻ってそういう仕事もいいなぁと思っている。

2018-08-15

接客

| 11:25 | 接客 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 接客 - STAR日記 接客 - STAR日記 のブックマークコメント

先日、某鉄道会社の窓口に、団体乗車券の申し込みをしにいった。いろいろとわからず、困って、「〇〇はできるんですか?」「この紙はコピーでもよいのですか?」などと質問すると、「できません」「ダメです」と強い口調で言われる。


非常に不快な思いをし、何様なんだろう、と思ってしまった。他の乗客からよほど理不尽な物言いをされているのか、それとも、役所体質で、サービスなのだということがわかっていないのか、はたまたコミュニケーション能力に問題があるのか。


そこまで勘ぐってしまうような受け応えだった。しかも、2度目である。正直、同じ駅員には対応してもらいたくないと思った。


翻って、教室での子どもたちも同じような思いをしているのではないだろうか、と考えてしまった。「自分が相手をするのも嫌な教師」が担任になってしまった場合、子どもたちに選択権はない。それを考えると、切符を買うときの窓口の対応なんて、小さなことだ。明日は我が身である。

2018-08-14

授業で大切なこと

| 18:34 | 授業で大切なこと - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業で大切なこと - STAR日記 授業で大切なこと - STAR日記 のブックマークコメント

先日の池田先生の講座で、もっとも印象で残ったこと。それは、授業で大切なことは、「子どもたちに力をつける」ことに主眼がなくてはいけないということ。何度か池田先生が、「これじゃ子どもに力つかないですよね」と仰っていた。そこから、「子どもたちに何かしらの力をつける」ということが、授業では最も大切であると思い至ったわけだ。


宇佐美先生の『国語教育を救え』でも、大学の授業の講義は、「連続講演にしか過ぎない」と書かれていた。大学でそうなら、中高でもそうだろう。教師の独りよがりにすぎない。もちろん、そこから何かしらのことを学べる子どももいるだろうが、他の子どもは上の空だと思う。私自身もそうだった。


この講座での学びと読書での学びが、自分のなかでうまい具合にリンクした。結局、「講義」という形には無駄が多く、現代の学校教育には適さないのだと思う。


「何の力をつけるか」には様々な考えがある。そうした内容は別な機会に譲るとして、まずは、「子どもたちに何かしらの力をつける」という視点は持っておいて損はしない。

2018-08-13

かるた

| 17:00 | かるた - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - かるた - STAR日記 かるた - STAR日記 のブックマークコメント

昨日、アンパンマンのかるたを買って、3歳半の娘と一緒に遊んでみた。こんなふうに一緒に遊べるのも今のうちかもしれないから、どうせなら思いっきり遊びたいものである。


この「子どもと遊ぶ」というのに対しても、その時点で「思いっきり遊ぶぞ!」と思うか、「う~疲れているけど仕方ないか」と思うかで、「自分の時間の充実度」は変わってくるように思う。かんたんに言えば、前者の時間は「生きている時間」で、後者の時間は「死んでいる時間」だ。


何事も、後ろめたさを残して取り組むよりも、「この時間はとにかくこれで充実させる!」と思って取り組む方が充実する。


自分の考え方のクセとして、「なんだか気が進まないなぁ」と思いながら何かをするということが挙げられる。でも、それは、先々に控えた仕事に対する不安から生じているということが自覚できるようになってきた。


それなら、見通しを立てて、先々の仕事を前倒しして、不安を少なくするように努めればいい。ルーティンワークも、だらだらやらずにさっさと終わらせてしまう。場合によっては、「もう少しうまいやり方はないか」と考えながらやる。


少しずつでいいから、工夫を重ねていくことが大事だと思う。

2018-08-12

学校の内側・外側

| 18:38 | 学校の内側・外側 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校の内側・外側 - STAR日記 学校の内側・外側 - STAR日記 のブックマークコメント

学校の内側と、学校の外側。内側にいながらに、外側を意識するのは難しい。それは、教師であっても子どもであっても同じだろう。


今の自分は、内側にいるしかないのも事実。それなら、内側でできることをやっていこう。悩みすぎるよりは、ふんぎりをつけてやっていった方が、自分にとっても組織にとっても、そして子どもたちにとっても幸せだろう。


ただ、学校の外側の方が、はるかに広大無辺であり、実は「授業」などなくても力をつけることは可能なのだという視点は持っておきたい。学校が「授業」だけなら、ないほうがよいのかもしれない。

2018-08-11

作文

| 08:02 | 作文 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 作文 - STAR日記 作文 - STAR日記 のブックマークコメント

先日の池田修先生の講座で、実際に「作文を書く」という時間がありました。以下のような内容で書きましたので、備忘で載せておきます。ちなみに「終業式3日前」という時間設定です。これで原稿用紙三枚分。長いようで短い。


―――


「ひこうきー!」


あぁ、また始まった…。夜、2人目の子がおなかにいる家内がお風呂に入っている間、上の娘は父である私が相手をする。この時間だけは、どうにもこうにも逃げられない。本を読みたかろうが、ごろごろ、だらだらして体を休めたかろうが、容赦なく娘は襲いかかってくる。


 仕方がないからと相手をしていると、次々と「お題」が変わってくる。「ひこうき!」(あおむけで両足を上げ、足の裏に娘が腹這いになって乗る)、「ぶらんこ!」(立って両手首を掴み、大きく左右に揺らす)、「すべりだい!」(左肩に乗せ、両脇を抱えつつ勢いよく下ろす)、「ぐるりんぱ!」(向かい合わせで両手を掴み、私の腹を駆け上がって一回転する。逆上がりのように)、これが、我が家のサーキットトレーニングである。


 たまに「ケータイでアンパンマン見たい」とせがまれて見せたのも束の間、次にはボール遊びが始まる。「息つく暇もない」とはまさにこのことか。


 日中も、いつもと比べると保育園に迎えに行く頻度が増える。仕事がだいぶ早く終えられるようになったのも、そう言えば娘を迎えに行くようになったからだ。保育園の先生からのコメントで、「お父さんのお迎え、喜んでいますよ」なんて書かれると、見ただけで思わずにやにやしてしまう。「自分って親ばかだなぁ」と思うが、こんなに親ばかになるとは思いもしなかった。自分の教え子のお父さん、お母さんも、こういう思いをしてきたのだろうか。そう思うと、自分の仕事を通して、「もっと伸ばしてあげたいなぁ」と自然と思われてくる。


 そういう自分の夏休みはあと三日である。二学期以降の授業の仕込みは、あまり進んでいない。二人目の子どもの出産準備や、娘の世話で忙しくしていたら、なんやかんやであと三日。教え子たちにも偉そうなことは言えないではないか。せめて定期考査だけでもつくっておきたいものである。高二の現代文、中三と中二の古典、どれから手をつけたらよいものか…。現代文の教科書を開く。評論と小説、どちらからにしよう…。まずは評論がやりやすそうである。どれどれ。「人はいかにして家族となるのか」か。読んでいたら自分の子育てと重なり、テストそっちのけに…。


 「あーだめだ。切り換えよう」と中三の教科書を開く。『万葉集』である。「銀(しろかね)も 金(くがね)も玉も なにせむに 優(まさ)れる宝 子に及(し)かめやも」(山上憶良)(銀も金も宝石も何の役に立つのか。優れた宝も子どもには及ばない)…。


 親ばかは今も昔も変わらないと思うが、私の夏はあと三日、されど三日。やるしかない。


遊んでと ひねもすねだる 子の声に うかれし夏も 今は過ぎゆく

2018-08-10

一喜一憂

| 15:56 | 一喜一憂 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 一喜一憂 - STAR日記 一喜一憂 - STAR日記 のブックマークコメント

2学期の準備に手が回らず、なんだか焦っている。「ここでできなかったらどうなるの?」と、ちょっと気が重い。


夏休みだっていうのに、なんだかなぁ…。

適度な運動

| 08:13 | 適度な運動 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 適度な運動 - STAR日記 適度な運動 - STAR日記 のブックマークコメント

8月に入ってから、朝、軽いランニングをしています。30歳を過ぎて、体力が落ちてきているのを感じ、「このままではまずいなぁ」と思って、夏休みの時期ならある程度余裕ができるかと思って始めました。


適度な運動をすると、疲れもしますが、少し、頭がクリアになります。まだ5分程度ですが、ちょっとずつ長くしていこうと思います。

2018-08-09

いくらでも

| 20:00 | いくらでも - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - いくらでも - STAR日記 いくらでも - STAR日記 のブックマークコメント

人間、あれもこれもと、求めればいくらでも求めることができる。でも、その時点での能力の限界があったり、時間の制約があったりして、手に入れられないことがおおいにある。


自分の分を知り、どの程度までやるべきなのかをよく見極めたいと思う。

2018-08-08

接頭語の「御」

| 19:32 | 接頭語の「御」 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 接頭語の「御」 - STAR日記 接頭語の「御」 - STAR日記 のブックマークコメント

接頭語に「御」があります。これには、3種ほど読み方があります。「御(み)教え」「御(ご)期待」「御(お)尋ね」の3つです。「おん」や、古文だと「おおん」と読むこともありますが、主にこの3つでしょう。


これ、漢語では「ご」、和語では「お」と読むという基本があります(もちろん、例外もあります)。そして、神仏や天皇に関わることを言うときは「み」となります。


意外と知られていないかもしれません。

2018-08-07

やれやれ…

| 02:33 | やれやれ… - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - やれやれ… - STAR日記 やれやれ… - STAR日記 のブックマークコメント

仕事って、いくらでも際限なくやることは可能。でも、時間には限りがある。だから、「見切り」が大切になってくる。


少し睡眠が不規則になりがち。夏休み中に立て直そう。

2018-08-06

一斉授業

| 19:45 | 一斉授業 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 一斉授業 - STAR日記 一斉授業 - STAR日記 のブックマークコメント

教師がリードする一斉授業。「講義」になると、生徒の出番はない。昔、私はそういう授業をしていました。


塾や予備校ではそれもありだと思います。でも、学校では…。そういうふうに考えると、講義なんてやっていられなくなりました。


ただ、一斉授業うんぬん言いつつも、それを学ぶことは大切だと思います。特に、過渡期の今は。

2018-08-05

水遊び

| 19:44 | 水遊び - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 水遊び - STAR日記 水遊び - STAR日記 のブックマークコメント

娘といっしょに水遊び。水鉄砲でさんざん遊んで、最後は手桶に入れた水を一気にばしゃーんと…。


結果、少し後ろにいた私に全部かかりました。3歳児には重かったようです(泣)

2018-08-04

不登校

| 19:41 | 不登校 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 不登校 - STAR日記 不登校 - STAR日記 のブックマークコメント

大学生のとき、不登校をテーマに卒業論文を書きました。今思うと、画一的な「学校」というシステムそのものに対するルサンチマンが自分のなかにあったような気がします。


今でも、他の人とは違った角度から「学校」を考えがちです。それはそれでいいのですが、もっとポジティブに見、ポジティブに考えてもいいのかな、とも思います。


「不登校」なんてのも、相対的なものでしかないのでしょう。学校に通うのが普通という文脈のなかで発生するから、「悪いものだ」ととらえられがちなのかもしれません。


学校に行かないという選択肢、かつての私には考えられなかった。でも、今なら「それもありだよ。むしろ、すごいな」と思えます。

2018-08-03

学校の「付加価値」

| 18:47 | 学校の「付加価値」 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校の「付加価値」 - STAR日記 学校の「付加価値」 - STAR日記 のブックマークコメント

社会のなかでは、仕事に何か「付加価値」がないと、お給料がもらえなくなっていきます。役所は例外的に維持しなければならない部分もありますが、基本的には「付加価値」が大切です。


翻って、学校は、どういう「付加価値」を生み出すべきなのでしょうか。特に私のような私立学校にいる身だと、そういうことを考えずにはいられません。

池田先生

| 17:49 | 池田先生 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 池田先生 - STAR日記 池田先生 - STAR日記 のブックマークコメント

教員免許更新講習で、池田修先生の講座を受けてきました。講座名は「行事後に書かせる作文の指導法」です。本当は、教員免許更新は、一昨年に新しい免許(他教科)を取得しているため、必要なかった(申し込み後にわかった)のですが、池田先生の授業を実際に受けてみたくて参加したのでした。


「書き込み回覧作文」など、『『学び合う』国語』で提案されていたものや、池田先生の他の本で提案されていたものもいくつか紹介されていました。


今の私には、完全無欠の『学び合い』は難しい。だから、週イチで『学び合い』をしつつ、構成的に協同学習をしています(もちろん、マインドは『学び合い』ですが、カタチはそうもいかない…)。今日の講座には背中を押していただいたような気がしています。


「やってみようかなぁ、どうしようかなぁ」と躊躇していたものもあったのですが、生の声を聞いてみて「やはりやってみよう」と思えました。


外の研究会等に出るのは、今夏はこれが最初で最後だと思います。下の子の出産が間近ですので、家庭も大切にしたいと思っています。


あと、しばらく前の動画を見せていただいて、髭を伸ばした池田先生に対して「いいなぁ」と思いました。髭、伸ばしてみたいけど、無理だなぁ。

2018-08-02

和歌

| 19:02 | 和歌 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和歌 - STAR日記 和歌 - STAR日記 のブックマークコメント

「銀(しろかね)も金(こがね)も玉も なにせむに 優(まさ)れる宝 子に及(し)かめやも」(銀もお金も玉でさえも、なんの役に立つのか。優れた宝も、自分の子どもに及ぶことなどあろうか。)


山上憶良の歌で、『万葉集』におさめられています。私も同じだなぁと思うと同時に、こういう親心や、人々のものの感じかたは、今も昔も変わらないのだろうと思います。


親ばか万歳。

2018-08-01

HDDが壊れた

| 08:35 | HDDが壊れた - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - HDDが壊れた - STAR日記 HDDが壊れた - STAR日記 のブックマークコメント

職場のHDD録画機が壊れました。


使用しはじめて6年目で、けっこうな頻度で使っていたから、仕方ないかと思います。具体的に言うと、ブランクのDVDを認識しなくなっただけなので、DVDの再生機としては引き続き使えるだろうと推定しています。


で、録画機の部分を購入しなければならないのですが、いつもDVDから映像を読みこんでいたので、ビデオキャプチャデバイスの方がよいだろうと考えています。


このあたり、まだ他の方に任せると「じゃあHDDを買い替えよう」という発想になるのが痛いところです。


使い方に合わせて考えないといけません。そういう幅のある思考のできる人を育てたいなぁと思います。

古典

| 08:30 | 古典 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 古典 - STAR日記 古典 - STAR日記 のブックマークコメント

古典は正直、苦手です。でも、教えないといけない。1学期終盤はジリ貧状態になっていました。夏休みは古典のマンガを一通り読み、概要を掴むのを第一としたいと考えています。


部分から入っていくのはどうも苦手です。