Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2018-06-26

評価の言葉

| 00:46 | 評価の言葉 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 評価の言葉 - STAR日記 評価の言葉 - STAR日記 のブックマークコメント

教職員が生徒に対して評価をしているのを聞くと、むなしくなってくることがある。たぶん、その人の「教員というバイアスのかかったモノサシ」で評価をしているということが感じられるからだろう。昔も自分はそうだったし、今もそう感じるときもあるから、人のことは言えない。


だけど、こうしたことに関して、やはり、自分の視野を広げる思考をすることが大切だと考える。その努力をし続けていれば、まったく違った角度から物事を見ることができるようになる。


自分を省みず、学ばない、という姿勢は取るべきではない。自分自身の成長もそこで止まってしまうからだ。


私自身は、あまり生徒を評価する言葉を発さないようにしている。それよりも「ありがとう」ということの方が多いような気がする。逆に、評価してしまうこと自体を恐れ、適切な言葉がけができていないと感じるときもある。


まだまだ低空飛行しているという感は否めないが、徐々に進んではいる。