Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2018-05-01

古典文学

| 19:38 | 古典文学 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 古典文学 - STAR日記 古典文学 - STAR日記 のブックマークコメント

古典文学には、ある一定の「型」があります。


①男と女が恋に落ちる。②仲を深めたり、結婚したりする。③子どもが生まれるが、破局、もしくは死別。④男は悲しみ、出家する。女は男を思って和歌を詠む。⑤別れた子どもの成長した姿を目にする。別れた片方と瓜二つである。


たしかこんな感じだったと思います。こんなふうに「型」を頭にいれておくと読解がしやすくなります。


しかし、この古典作品の読解も、原文で行うのは無益だと考えています。


そして、入試ももしかしたら「通過儀礼」なのではないかなぁと思うようになってきました。