Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2018-02-08

質問の考え方

| 21:10 | 質問の考え方 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 質問の考え方 - STAR日記 質問の考え方 - STAR日記 のブックマークコメント

まだ読んでないのですが、読もうと思っている本に、「批判する人の質問」と「学ぶ人の質問」という概念が出てきます。


おそらく、多くの人は、「批判する人」なのだと思います。それに対して、『学び合い』実践者の方々は、とりもなおさず「学ぶ人」です。


「批判する人」は、こちらが「対話」をしようとしても「議論」してくるし、平行線をたどってしまうのだと考えます。


そういう方は、知識の多寡や仕事の出来映えなどで人をはかります。自分の外に自信の根拠がある(他律的自尊感情)ようです。それに対して、自分の内側からの自信(自律的自尊感情)は低く、劣等感が強いです。


だから、その劣等感を埋めることを目的として、他人を批判(=攻撃)するのだと思います。自分が優位に立てる議論だからなおさらなのかと。


昨日、事務員の後輩とそんな話をしました。