Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2017-09-13

過程と価値づけ

| 22:45 | 過程と価値づけ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 過程と価値づけ - STAR日記 過程と価値づけ - STAR日記 のブックマークコメント

文化祭が終わり、いろいろと考えを巡らせています。


生徒たちは、さまざまなことに取り組んできました。でも、その一つ一つに「価値づけ」ができていたのかと考えると、少し疑問が残ります。私のように、クラスに関わらない人間がちょっと違った角度から見ると、その点が気になります。


もちろん、そんなに意味のないこともあるのかもしれません。しかし、学校行事として行うのであれば、やはり何がしかの価値づけは大切であると思います。


それで、体育祭でも同じなのですが、合唱コンクールなどもやはり賞がつきものです(文化祭のなかで行います)。練習時は「金賞取るぞ!」と言いたいものですが、いざ結果発表後で受賞ならずとなった場合はどうでしょうか。


その場合、私だったら「取り組んだ過程」と「チームとしての成長」を言語化することが大切かな、と思います。このへんは「目的」と「手段」をどのように意識しているのかが問われるように思います。賞は「手段」の一つに過ぎないととらえるのか、「目的」ととらえるのか…。「目的」にしてしまった場合は、取れなかった場合の喪失感はかなりのものになるでしょう。あるいは、ミスをしてしまった生徒や、クラスになじめない生徒を責めることにつながるかもしれません。


「金賞取るぞ!」と言いつつも、「いいチームにしていこう」「みんなでやろう、そっちの方がいいよ!」と言い続けたいものです。


このへんの見取りと言葉がけは、知識として勉強していないとできないのかもしれません。ちょっと、危惧しています。