Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2017-09-03

コントロールとマネジメント

| 06:31 | コントロールとマネジメント - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - コントロールとマネジメント - STAR日記 コントロールとマネジメント - STAR日記 のブックマークコメント

従来型指導は、子どもたちを「コントロール」するという色合いが強いように思います。教師の発問、指示、時間の指定などなど…。


それに対して、『学び合い』は「マネジメント」です。ゴール地点を示し、必要なツールは常に開示され、締切のみが指定されます。


もちろん、『学び合い』の最初期段階においても、少し「コントロール」の要素が入ると思います。一時的に「積極的に周りに声をかけていくために動く」などの『学び合い』に望ましい行動を増やしていくために行われる言葉がけが、それにあたると考えます。


でも、それはカンフル剤みたいなものです。ず〜っと続けていると、子どもたちが教師の顔色をうかがわなければ行動できない人にたちになってしまうと思います。


この「コントロール」の段階を離れて、子どもたちが自分で考えて動くようになる時期がきます。そうなってくると、いよいよ教師の役割は「マネジメント」になってくるのかなぁと。


「マネジメント」の場合には、管理者が目標をしっかりかかげ、個人の自立した行動をもとに組織の仕事を進めます。教師の授業でのマネジメントも、目標をより高いものにすることが求められると思います。


自分の実践が「コントロール」が必要な段階なのか、「マネジメント」のみでいける段階なのか、見極めることも大切と思います。


う〜ん。えらくまとまりのない、読みにくい文章になってしまいました。たぶん、頭のなかでまとまっていないのだと思います。でも、なんとなく、コントロールとマネジメントという言葉にヒントがあるような気がしたので、メモとして残します。

凡事とプラスアルファ

| 05:52 | 凡事とプラスアルファ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 凡事とプラスアルファ - STAR日記 凡事とプラスアルファ - STAR日記 のブックマークコメント

プラスアルファの仕事は、「自分にしかできない仕事」だと思います。


それに対して、「誰にでもできる仕事」もあります。凡事です。


凡事を徹底する人のプラスアルファの仕事は喜ばれますが、凡事ができていない人のプラスアルファの仕事は、よほどの天才性がなければ疎まれるように思います。


自分には天才性はありません。だから、凡事を徹底し、そのうえに独自の仕事を重ねます。