Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2017-09-01

教育と洗脳

| 22:45 | 教育と洗脳 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教育と洗脳 - STAR日記 教育と洗脳 - STAR日記 のブックマークコメント

教育と洗脳は似ていると思います。どちらも、「ある共同体の価値観を、後進の者に伝える」という意味合いがあるように思います。


そして、教育は「教え育てること。知識,技術などを教え授けること。人を導いて善良な人間とすること」とあり、洗脳は「強制力を用いて、ある人の思想や主義を、根本的に変えさせること」とあります(いずれもグーグルで上位に出てきたものです)。


この情報だけを比較してみると、おそらく「強制力によるかよらないか」が分かれ目ではないかなと推察します。


さらには、「教育」という「美名」(?)のもとに行われる「洗脳」もあると思います。しかもそれは、圧倒的に「善意」から出発することが多いからやっかいです。堀裕嗣先生は「暴力的善意」と表現されていましたが、それに近いものわ、感じます。


「教育」かはたまた「洗脳」か…。常に考え続けていることが大切かな、と思います。少なくとも、私は「洗脳」をしてしまうのはイヤです。

ogymogym2017/09/02 19:28「教育」の意味が
「公教育」であったり
「人を善に導くもの」であったり
人によって定義が微妙に違うのも混乱のもとのように思っています。

strongmind222strongmind2222017/09/03 11:18そのへんは状況に応じて操作的に定義することが大切なのかもしれません。そういう誤解を生まないようにするために大切なのは、法律の知識かもしれませんね。教育基本法第一条の「教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない」が共通基盤になっていかなければならないように思います。