Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2017-08-23

外部委託

| 07:34 | 外部委託 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 外部委託 - STAR日記 外部委託 - STAR日記 のブックマークコメント

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASFS18H2M_R20C17A8EE8000/


記事のなかで、「学校の授業は画一的なイメージがあり、教員は非効率な作業を求められる場合が多いと経産省はみている」とあります。


「求めている」のが誰なのか、主語が抜けていますが、そこは難しいところだと思います。現状では、保護者であるかもしれないし、子どもたちであるかもしれないし、管理者であるかもしれないし、行政であるのかもしれません。この文脈だけでは見えません。


しかし、教員が自分で「画一的な授業」を「選択している」という場合も、残念ながら多い。そして、それがアイデンティティである教員も少なからずいるはずです。


そこから脱却しないと、生き残れない。たぶん、自分だけでなく、日本全体が。


追記:以下の記事を読むと、すでにドラッカーが『断絶の時代』でこの考え方に触れていたことが伺えます。


http://diamond.jp/articles/-/9429