Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2017-05-31

横の結びつき

| 21:03 | 横の結びつき - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 横の結びつき - STAR日記 横の結びつき - STAR日記 のブックマークコメント

高校生の相手をしていると、「横の結びつきが中学生よりも弱いなぁ」と感じます。


これ、『みんなで取り組む『学び合い』入門』にあるように、邪道だけどあえてグルーピングしてみる必要もあるのかもしれません。


でも、それをしたくない。だって、大人の仕事になったらそれはありえないですから。


輪読の際は必要あるかもしれませんが、他の課題の場合はそうする必要はないです。ただ、生徒から声があがればそれもやむなしかなぁと思います。

2017-05-30

心の余裕

| 05:11 | 心の余裕 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 心の余裕 - STAR日記 心の余裕 - STAR日記 のブックマークコメント

仕事をしていると忘れがち。「自分自身がどこに向かっているのか」ということ。


学び合い』は心でする教育だから、心の余裕がないときにはうまくいかなくなるような気がしている。

toukonyukitoukonyuki2017/05/31 18:47同感です。自分のメンタルヘルスと、志に向かう行動のバランスに悩むこと多いです。

toukonyukitoukonyuki2017/05/31 18:47同感です。自分のメンタルヘルスと、志に向かう行動のバランスに悩むこと多いです。

strongmind222strongmind2222017/05/31 20:38コメントありがとうございます!
先日体育祭で無理をしたせいか、今日、見取りも言葉がけも語りも、満足のいくものができませんでした…。
体力の低下も一要因ですが、はっきり言えば蓄積した疲労の影響でした。
このバランスは保たないと、しっかりした教育ができないと考えています。

2017-05-29

理念

| 21:13 | 理念 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 理念 - STAR日記 理念 - STAR日記 のブックマークコメント

昨日、体育祭でした。もう、へとへとです。全体の運営を取り仕切りつつ、熱中症対策をしたり、設営・撤収の段取りを組んだりと、いろいろとやるのは大変でした。


それで、「体育祭の理念ってなんなのかなー」と最後に考えてしまったのでした。


限界ぎりぎりで仕事をしましたが、その中心軸のところが、いまいちシェアされていないような気がするのでした。

2017-05-28

鳥瞰と虫瞰

| 06:43 | 鳥瞰と虫瞰 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 鳥瞰と虫瞰 - STAR日記 鳥瞰と虫瞰 - STAR日記 のブックマークコメント

鳥の目で物事を見ること。虫の目で物事を見ること。両方が必要なのだと思います。


たとえば、学校行事でも大づかみに全体を見渡せるからこそ、局所的には細部に目を行き届かせることができる。


どっちも大切。

2017-05-27

授業参観

| 23:39 | 授業参観 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業参観 - STAR日記 授業参観 - STAR日記 のブックマークコメント

授業参観がありました。ありのままの生徒たちの姿を見ていただいたような気がします。


保護者の方にも「私の枕草子」を書いていただきました。私自身は目にしていないのですが、他の方から「大爆笑」とのコメントがあったそうです。


楽しんでもらえたようです。あとは何より、生徒たち全員が楽しんで授業に参加しているところを見ていただけた。これだけでも十分かなぁと思います。

2017-05-26

授業参観

| 20:55 | 授業参観 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業参観 - STAR日記 授業参観 - STAR日記 のブックマークコメント

明日、授業参観があります。私も一コマ、中2の古典があります。


内容は『枕草子』の「春はあけぼの」のパロディ作成です。


二種類くらい穴開きのプリントをつくっておいて、保護者のみなさんにも書いていただき、子どもも大人もない『学び合い』にします。


交流の時間も設け、最後に「これは!」というものを口頭出版です。


何が起こるか、さーっぱりわかりません。でも、どんなことが起こっても、それをその場にいるみんなで楽しんでいければと思っています。

2017-05-25

「ちょっと待っててね」

| 00:58 | 「ちょっと待っててね」 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「ちょっと待っててね」 - STAR日記 「ちょっと待っててね」 - STAR日記 のブックマークコメント

娘の一言。「ちょっと待っててね」


いろいろ覚えますね。


出がけにはいつも娘とハイタッチするのですが、最近はアンパンマンの人形を持って、その腕を掴んで自分の手のかわりに出してくるので、それともハイタッチをしています(笑)

2017-05-24

やる気のない生徒

| 23:14 | やる気のない生徒 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - やる気のない生徒 - STAR日記 やる気のない生徒 - STAR日記 のブックマークコメント

ある方からのメッセージで教えていただきました。


「やる気のない人がいたら……興奮する!!」


これだ!と思いました。みんなが和気藹々となっている未来を想像し、そこに向かって現実を動かしていく。


そんなビジョンを持っておきたいものです。

2017-05-23

ボトルネック

| 23:23 | ボトルネック - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ボトルネック - STAR日記 ボトルネック - STAR日記 のブックマークコメント

今日、高1の授業をしている際に考えたことです。教材文は「羅生門」で、学習内容は輪読で通読する、というものです。けっこう長い文章です。


そこでの光景から、教師として、いや、人間として非常に反省しました。


「羅生門」の輪読をしている間に、友人に漢字の読み方を聞いたり、必死にふりがなをふる姿を見たり、一人になっている生徒に声をかけたり…そういう姿がありました。その姿から、どの生徒も、「伸びたい」「できるようになりたい」という願いをもっている。それはとりもなおさず、「成長の喜び」につながるようなものだと思います。


それまではなんとなく、「なんだかいまいちやる気が感じられないなぁ」という感じで、ややマイナスに捉えていた自分がいることに思い至りました。でも、彼ら彼女のやる気を削いでいたのは他ならぬ私自身であるのではないかと、ハッとしました。


ボトルネックは私でした。それをはっきりと自覚しました。手抜きをしていたわけではないけれど、課題の出し方、授業で何を伝えたいのかなど、もっともっとクリアにする必要がある。その上で、「一生涯の幸せにつなげていこう」としないといけないなぁと思いました。


私自身が、成長し続けないといけません。まだまだ、まだまだです。このことに気づかせてくれた生徒たちに感謝です。

2017-05-22

かっこいい

| 19:59 | かっこいい - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - かっこいい - STAR日記 かっこいい - STAR日記 のブックマークコメント

娘が「かっこいー」「あたらしい」など、五文字くらいの言葉を話すようになりました。


子どもの成長ってはやいもんです。

集中

| 19:38 | 集中 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 集中 - STAR日記 集中 - STAR日記 のブックマークコメント

行事関連の実務が集中しています。


これによってかなりあっぷあっぷです。


授業以外の仕事ですが、やらざるを得ない。


難しいところです。

2017-05-21

トップクラス

| 17:26 | トップクラス - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - トップクラス - STAR日記 トップクラス - STAR日記 のブックマークコメント

生徒の振り返りのコメントから。


「先生はトップクラスの親ばかです」


よし。

2017-05-20

パーツ

| 10:43 | パーツ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - パーツ - STAR日記 パーツ - STAR日記 のブックマークコメント

ライティング・ワークショップのさきがけとして、来週に控えている体育祭をネタに川柳を詠んでもらい、体育祭後に句会を行おうと考えております。


考えてみると、国語の指導事項はけっこうあります。漢字、語彙、評論、小説、俳句、短歌、作文、古文、漢文、書写…。特に、漢字や語彙、作文は一気にできるものではなく、こつこつと積み上げていった方がよいように思います。


言語技術と言語感覚という分け方を理論的には学んでいるのですが、まだどのように実践していくかというところまでは自分に落とし込めておりません。


ただ、いろいろな指導事項を教え、課題として少しずつやっていくという提示はできるのかな、と思います。


だんだんと、「今日の課題は、漢字〇ページ、語彙〇ページ、川柳一句を全員ができるようにする」という課題に変えていこうと思います。


少しずつではありますが、使えるパーツが整ってきました。

2017-05-19

限界

| 22:47 | 限界 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 限界 - STAR日記 限界 - STAR日記 のブックマークコメント

うーん…。


どうも、かなり限界まで仕事をしています。


全体的なパフォーマンスもさることながら、細かな判断にも時間がかかっています。少し余裕のある仕事をしないといけないなぁ…。

2017-05-18

羅生門

| 00:54 | 羅生門 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 羅生門 - STAR日記 羅生門 - STAR日記 のブックマークコメント

高1は「羅生門」に入ります。


週2コマとコマ数が少ないのですが、あまり深入りしすぎず、それでも生徒たちの人生の糧になるような授業にしていきたい。


扱うのは「象徴」です。「にきび」と「門」が題材になります。古畑型にすると、どういう課題になるか。最初にきちんと生徒たちに提示したいものです。

2017-05-17

古文でライティング・ワークショップ

| 23:48 | 古文でライティング・ワークショップ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 古文でライティング・ワークショップ - STAR日記 古文でライティング・ワークショップ - STAR日記 のブックマークコメント

『作家の時間』という、ライティング・ワークショップの本を読んでいます。そこで出てくる「カンファランス」という考え方が、『学び合い』とそっくりです。


最初は教師がカンファランスの見本を示し、だんだんと子どもたちの間でできるようにしていく…という流れがあるようです。


まずは中2の古典でやってみます。枕草子の「春はあけぼの」のパロディを作ります。もちろん、古文単語を使って。最初は現代語で書かれていくでしょうが、おそらく、少しずつ、古語も使えるようになると思います。


前回、1時間だけマンダラートを使用してブレインストーミングをしたのですが、それだけでずいぶんおもしろそうなものができていました。それでみんなで「句会」のようにしてみるのもおもしろいかもしれません。


「古文が好き」という人はそんなに多くないと思います。それでも、こうやって楽しめるものを作って、みんなでゲラゲラ笑うということを繰り返していこうかと思っています。


何より、教室の空気を温かいものにすることだけは捨てずにいたい。教室を安心して居られる場にしていきたい。一人も見捨てない空間にしていきたい。


願いをもち、方法をちょっと工夫すれば、無理なことではありません。

2017-05-16

仕事が遅い

| 19:56 | 仕事が遅い - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 仕事が遅い - STAR日記 仕事が遅い - STAR日記 のブックマークコメント

自分の仕事の遅さにがっかりしています。とにかく、いろいろありすぎてにっちもさっちもいかない。


一個ずつ潰していきますが、いかんせん量が多い。後輩に依頼しようとしても、みんなけっこいいっぱいいっぱい。


どうしようかなー。

2017-05-15

「何のために?」

| 23:27 | 「何のために?」 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「何のために?」 - STAR日記 「何のために?」 - STAR日記 のブックマークコメント

「〇〇を行います」というとき、それはどんな理念に基づいているのか、あるいはどんな目的があるのかを明確にするのは大切であるように思います。


たとえば、「アクティブ・ラーニングをやるぞ!」という場合にも、その背景にある考え方を対象者(授業であれば生徒たち)に伝えておかなければ、集団が路頭に迷うことになると思います。


また、「打ち合わせを行う」というときも同じです。「何のための」がある程度明確になっていなければ、ただの井戸端会議で終わります。


このへんは仕事の基礎ですが、あまり浸透していないこともあります。気付いた人間から発信していく必要があるでしょう。


時間は無限にはありません。仕事上で最大の成果を出していくためにも、そういった「理念の共有」は大切です。

保育園

| 19:03 | 保育園 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 保育園 - STAR日記 保育園 - STAR日記 のブックマークコメント

はやめに仕事が終わったので、保育園に娘のお迎えにいきました。


2回目でしたが、慣れない場所に行くと、やはり緊張しますね。


たぶん、一斉指導に慣れている生徒たちも同じでしょう。毛色の違ったことをするわけだから、最初は時間が長く感じられるかもしれません。


そういったところに配慮しつつ、スムーズに『学び合い』に移行していきたいものです。

2017-05-14

古典がおもしろい

| 16:44 | 古典がおもしろい - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 古典がおもしろい - STAR日記 古典がおもしろい - STAR日記 のブックマークコメント

「古文は言葉の意味がいまと違うから、なんかおもしろいと思った」と、ある子から言われました。ハッとしました。


中高時代の経験から、意味の違う言葉(たとえば「あたらし」は「もったいない」だったり、「うつくし」は「かわいらしい」だったりします)は、「めんどくさいなぁ」と常々思っていました。それで、「美しい」をあらわすのは「うるわし」で…。今使わないんだからいいじゃん、と思っていました。


しかし、「おもしろい」と感じている子がいるということで、ハッとしました。自分がこのまま高校時代の認識のままいてはいけない、と。ここはしっかり勉強しなおさなければいけません。


もちろん、すべての子にしっかりと理解させるべき内容ではないことは百も承知です。しかし、「知らないよりは知ってる方がいいよ」くらいは言っておきたい。


そして、古典を書き表した人たちは、今の言葉の感覚よりも、もっと繊細な言語感覚を持っていたことを伝えておきたいと思います。


うーん。教員の「学び直し」も大切ですね。

心の余裕

| 07:25 | 心の余裕 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 心の余裕 - STAR日記 心の余裕 - STAR日記 のブックマークコメント

心の余裕ということについて、たまに考えます。


心に余裕がない人は、心に余裕がある人よりもすぐれた結果は出せないように考えます。


昨年度、『学び合い』に取り組んだ学年も、人間関係にはかなりプラスに働いたものの、学力(学校の方針上、模試の結果とニアリーイコール)は横ばいでした。


これは、私の心に余裕がなかったことが原因であると思います。とにかく「模試の結果につながるように」ということで、演習ばかりさせていました。国語の場合はこれではおぼつかないように思います。


おそらく、精読・多読を繰り返し、たくさんの言葉にふれることが大切なのだと思います。そのために必要なのが授業でのブッククラブやアニマシオン、読み聞かせなのでしょう。


また、「文章を書く」ということに対する苦手意識を払拭することも必要尾であるように思います。これに対しては、これからライティング・ワークショップに取り組んでいきます。


漢字も機械的な練習ではつまらない。漢字の成り立ちに基づいて指導していくことが求められるように思います(『漢字はみんな、カルタで学べる』を参考にします)。


ただ単に「学力上げよう」と言い続けるだけでなく、「みんなで学ぶことが楽しい」「みんなで向上することが楽しい」という‟しかけ”を用意することも、教師の仕事だと考えます。


思えば、昨年度までは『学び合い』の理論を身につけるのに精いっぱいでした。ある程度、『学び合い』がデフォルトになってきたらからこそ、もう一段、教科の内容も深めたいと思います。

2017-05-13

語り

| 06:33 | 語り - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 語り - STAR日記 語り - STAR日記 のブックマークコメント

新しい学年ではまだ『学び合い』に取り組んでおらず、最近語りをしていません。それで、なんだか自分がもやもやしているなぁと思ったら、授業で自分の本心をしっかり言えていないからだったんです。


語りは、真剣さもさることながら、自分の願いがすべてだと考えています。


自分の心のうちを、精一杯の言葉で表す。それは人さまざまです。等身大の自分で「こう考えて、君たちの幸せを願っているよ」と語れればいいのではないかと思います。


こういったことが、『学び合い』は心でする教育だと言われる所以だと考えます。

2017-05-12

読み聞かせ

| 00:36 | 読み聞かせ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 読み聞かせ - STAR日記 読み聞かせ - STAR日記 のブックマークコメント

中間考査明けから、読み聞かせをスタートさせようと思っている。石川晋先生の実践の影響が大きい。


先日も、ゴールデンウィーク明けの最初の授業では絵本あるいは小説の読み合いに取り組んでみた。そしたら、振り返りの内容はもっぱらその読み合いについてだった。たった10分弱しかやっていないのに、だ。


絵本を持ってくるのを忘れてしまった子も多く、私の娘の絵本も貸し出しに大活躍だった。赤ちゃん向け、2歳児向けの絵本なのに、だ。自分が実際に声に出して読んでみて、新鮮だったのかもしれない。


とりあえず追試ということで、森絵都の『宇宙のみなしご』を選んだ。私自身、めずらしく一気に最初から最後まで読んでしまった小説だった。


もちろん、それを聞くか、聞かないかを判断する権利は生徒たちにある。だから、緩やかにやろうかなぁと思っている。「聞きたい人は聞いてね」と。聞きたければ、そばに寄ってもらえばいい。聞きたくなければ、他の勉強をしたってかまわない。漢字練習したって、辞書を引いたって、課題の問題を解いていく…


これもチャレンジですが、やってみたいと思います。

「うるさい」

| 20:37 | 「うるさい」 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「うるさい」 - STAR日記 「うるさい」 - STAR日記 のブックマークコメント

「うるさい」という言葉、調べてみると、心を表す「うろ」が変化した「うる」と、狭いという意味の「さし」が組み合わさったものとのこと。


つまり、「心が狭い」という意味が、もともとのものだったようです。


今では、うるさいと「言う側」が「心が狭い」ということになるのかもしれません。


だから、「うるさい!」という言葉を使わず、自分の言葉を美しいものにしていこう。


そんなふうに話しました。

2017-05-11

言葉数

| 20:56 | 言葉数 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 言葉数 - STAR日記 言葉数 - STAR日記 のブックマークコメント

娘がGW明けから週三回ほど保育園に通っています。そしたら言葉数が前より増えました。同質な子ども集団のなかにいるからだと思います。


ちょっと嬉しいです。

2017-05-10

「今日国語ないんですか?」

| 20:20 | 「今日国語ないんですか?」 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「今日国語ないんですか?」 - STAR日記 「今日国語ないんですか?」 - STAR日記 のブックマークコメント

中1の生徒と話していると、たまに「明日国語だ!やったー!!」という声を聞きます。


今日も、昼休み、ある生徒から「今日って国語ないんですかぁ?」と聞かれ、ちょっと嬉しかった。


何がそうさせているのかを考えてみると、授業の内容よりも、「空気」の方が影響しているのではないかと思います。心がけているのは、肩肘張らず、自然体で学びに向かうような雰囲気をつくることです。


若干のストレスをかけた方が学びにつながることはわかっています。だけど、私はそれがどうもまだ苦手です。まだまだ改善の余地は大いにあります。


自分の得意とすることを活かしつつ、苦手な部分も補っていきたいと思います。

2017-05-09

健康維持

| 00:31 | 健康維持 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 健康維持 - STAR日記 健康維持 - STAR日記 のブックマークコメント

よい仕事をするためには、健康も大切。


https://goo.gl/HA6bii

チャレンジ

| 20:12 | チャレンジ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - チャレンジ - STAR日記 チャレンジ - STAR日記 のブックマークコメント

学び合い』では「説明する」という課題が多くなるように思います。


この「説明できる」という課題、一斉授業に慣れてきた生徒にとっては、けっこうハードルが高いのではないかと思います。とりもなおさずそれは「チャレンジ」ということになるでしょう。


それ以外にも、たとえば他の人と関わりを持つことがチャレンジになる生徒もいるかもしれません。


生徒にそれを求めるなら、教師の側も新しいことにチャレンジし続けている姿勢を見せておきたいものだな、と、生徒の振り返りを読んで感じています。


私自身の今年のチャレンジは、「社会に出てから使える国語」というものに、授業の内容を変えていくことです。具体的にはライティング・ワークショップと、「ビジュアル・ツール(=思考ツール)」です。


大変ですが、子どもたちの未来につながることを、教科の内容においてもしていきたいと思っています。それは『学び合い』の願いにおいても同じですが、加えて、教科でもそれをやっていきたいと考えています。

2017-05-08

チャレンジ

| 14:07 | チャレンジ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - チャレンジ - STAR日記 チャレンジ - STAR日記 のブックマークコメント

今年度は新たな挑戦をしています。


まずは『学び合い』を進化させること。これは去年からの継続です。まだ導入段階で一斉指導になることが多いですが、来月には『学び合い』に移行したいと考えています。それほど生徒たちに抵抗感はありません。


また、三学年もっているので、少しオムニバス型授業にも取り組むこともあります。だんだんと生徒たちも学習活動に慣れてきました。


今年の私の授業は、石川晋先生のご著書に影響を受けている部分が大きいと思います。小説の読み聞かせなどもやっていきたいし、学習ゲームなども取り組んでいます。


振り返りジャーナルもやっています。これは信頼ベースの学級ファシリテーションの実践です。


あとは、ライティング・ワークショップにも取り組んでみたいと思っています。『学び合い』の課題にすれば可能ですね。


自分が受けてきた授業とはまったく違うことをやっているわけなので、けっこう大変です。でも、生徒たちは実に楽しそうにしています。そして、一貫するのは、「一人も見捨てず」という願いです。


いろいろなことをやっていますが、私は私。自分にしかできないことをやっていきます。


こうやって教師がチャレンジしている姿勢を見せることは、生徒たちにとっても有益だと思います。生徒にも「説明をする」という課題を課していますが、それは経験したことのない生徒にしてみれば大きなチャレンジにあたると思います。

2017-05-07

親ばか

| 04:25 | 親ばか - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 親ばか - STAR日記 親ばか - STAR日記 のブックマークコメント

娘がお友だちのお姉ちゃんに、アンパンマンの人形をいただいたそうな。


大事に抱きしめています。

2017-05-06

振り返りが深まらない

| 22:46 | 振り返りが深まらない - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 振り返りが深まらない - STAR日記 振り返りが深まらない - STAR日記 のブックマークコメント

土曜日も授業日にあたっているので、今日も授業がありました。


振り返りジャーナルがなかなか深まりません。ま、仕方ないのかな、とも思います。学級担任が扱うならまだしも、教科担任は書く範囲が一単位時間に限られますから(もちろん、他のことを書いてもいいよ、とは言っていますが、もっぱら授業のことになることが多いです)。


気長にやっていくしかないなぁと思っています。それでも授業をやっていくうえでは十分すぎるほど情報をもらっています。


あとは、私自身がきちんと振り返りの価値をインストラクションをしないといけないなぁと思います。これに応じて、振り返りが深まっていくのだと思います。何かきっかけをつくりたいですが、それはまだ勉強中。もやもやしますが、どこかでブレイクスルーすることを信じて、気楽にやります。

指月のたとえ

| 22:41 | 指月のたとえ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 指月のたとえ - STAR日記 指月のたとえ - STAR日記 のブックマークコメント

仏教に、「指月のたとえ」(しがつのたとえ)というものがあります。


お釈迦様は月を指し示すが、その月を見るかどうかは弟子次第である、という比喩です。ざっくりと、「師が教えを示しても、それをどう受け止めるのかは人によって異なる。教えに準ずるかどうかは個人の責任である」というような意味だったと思います。


学校の教師も似たようなものだと思います。ただ、指し示している方向は一つの方がよい。そうでないと、ついてくる生徒たちは迷います。言葉は変わっても、方針は変わらない。正しい方向を示し続ける。これは教師がやらなければならないことだと思います。


しかし、ついてくるかどうかは生徒たち次第ともいえます。彼らの責任です。このあたり、難しいところです。

2017-05-05

理性と感性

| 17:27 | 理性と感性 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 理性と感性 - STAR日記 理性と感性 - STAR日記 のブックマークコメント

最近、理性よりも感性が優位になっているように感じています。国語の現代文も、評論文を扱うよりも小説文や詩を読みたい、読んでもらいたいと思うことが多いです。


しかし、理性も感性も両方とも必要です。バランスをどうとるかが問題なのだと思います。


うーん。このあたりはこれからしっかりと考えていきたいところです。

2017-05-04

音楽に仮託する

| 21:59 | 音楽に仮託する - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 音楽に仮託する - STAR日記 音楽に仮託する - STAR日記 のブックマークコメント

今日、軽音部の引率で、京都近辺の中高生のバンドコンテストに行ってきました。


コピーバンドでも非常にレベルが高かった。ちなみに、本校のバンドは準グランプリ(15団体中、2番目)でした。演奏した曲が2曲ともオリジナルだったことも要因として大きいかもしれません。


そこで感じたのは「音楽っていいなぁ」ということ。昔、苦手だったけどハーモニーの美しさに惹かれて合唱をやりました。歌は下手だったけどギターもやっていました。社会人になって、小学校の教員をやったときはギターを使っていましたが、それ以降はまったく触れもしませんでした。「自分には必要ない」と判断したからでもありました。


でも、今日、高校生のバンドを見ていて、「数人で一つのものを創り上げるっていいなぁ」と正直に思いました。なぜかおさえこまれていた自分の「感性」が反応したようにも思いました。


「いいなぁ」と思う反面、「自分にはもうできないなぁ」とも思いました。楽しみでアコギをやるくらいはできるでしょうが、グループで何かをするだけの時間的余裕はありません。


しかし、こういう感覚って、多くの人が持っているのではないかと考えます。だからこそ、音楽に仮託して、自分の感情を昇華させていくのだと。音楽、スポーツ、絵など、それはジャンルを問わないと思います。


学校でさまざまな教科を学ぶのは、そういったことも学ぶためであると感じました。

子どもたちとの距離

| 19:00 | 子どもたちとの距離 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 子どもたちとの距離 - STAR日記 子どもたちとの距離 - STAR日記 のブックマークコメント

昨年度から引き続き授業をしている学年の生徒たちとは、あまり接点がありません。授業も週イチですから、話す機会が減った子たちが多い。


ふと、そんなことを考えました。


それでも、講義型授業をしていた以前よりはいいのかなぁと思いました。


なんせ、何より楽しそうにしている。つまらなそうにしている子はいません。


それでいいんだと思います。

2017-05-03

誕生日

| 17:01 | 誕生日 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 誕生日 - STAR日記 誕生日 - STAR日記 のブックマークコメント

今日は誕生日です。娘の。


早いもので2歳になりました。娘がいてくれたから、「自分の授業はこのままでいいのか」「ほんとうに自分の仕事としている学校教育はこれでいいのか」と考えることができました。


そして行き着いたのが『学び合い』です。いまのところ、自分のなかではそのほかのどんな教育理論よりもしっくりくるし、実践している自分自身が自然体でいられます。


さきほど本屋さんに行き(昼寝中だったので一人で行きました…失敗…)、絵本を五冊ほど買ってきました。いろいろな本を読んでもらいたいなぁと思っています。


言葉数も増えてきました。わがままなところも出てきて大変ですが、子育てを家内と一緒にすることで、明らかに自分の考えは深まっています。


娘に感謝です。


生まれて来てくれてありがとう。


素直にそう思います。

rx178gmk2rx178gmk22017/05/03 20:26実は私の3女も5月3日が誕生日です。意外なところで共通点がありましたね。

strongmind222strongmind2222017/05/04 19:02いっしょの誕生日ということで、なんだか嬉しいです(^^)
ケーキを買って食べてる写真を撮ったのですが、おもしろいものが撮れてしまいました(笑)
一つひとつ、小さなことも大きなことも大切にしていきたいです。

2017-05-02

ゴールデン・ワーク

| 10:17 | ゴールデン・ワーク - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ゴールデン・ワーク - STAR日記 ゴールデン・ワーク - STAR日記 のブックマークコメント

昨日、今日と休校日です。しかし、仕事の詰めをしています。


読みたい本もたくさんあり、休日というよりも仕事に寄ったゴールデン・ウィークです。


それを連休前に生徒に言ったら「ゴールデン・ワークですね」と言われました。


否定できません(笑)

2017-05-01

交流の場

| 16:41 | 交流の場 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 交流の場 - STAR日記 交流の場 - STAR日記 のブックマークコメント

授業で交流の場を設けると、やはり、数件、「グループは苦手」という声を聴きます。振り返りの記述からもそれがわかります。


たぶん、不安で仕方がないのではないかな、という感じがします。私自身、中高大の学生時代は対人関係が本当にダメでした。それはそれは不安で不安でしょうがなかった。「自分がどう思われているのかがわからない」という不安。「他の人とかかわると、自分が害されてしまうのではないか」という不安。


どうにか可視化できないものかなと思いますが、全体発信すべきことではないようにも思います。


私自身は中高の教員ですが、これ、できれば小学校で克服しておいてほしいことです。また、中学校で克服してもらいたい。それができないんであれば、「学校で集団で学ぶ意味って何なんだろう」と考えてしまいます。


愚痴を言っても仕方がないのでとにかく手を打ち続けますが、年齢が下がるにつれて、「人を信じることっていいことだよ」ということは教えやすくなります。中1・中2の授業では、徹底的にそこを発信していきます。というか、去年から見ている中2はその必要はないかな…。


学び合い』の方向性で一年間授業をしてきましたが、とにかく今の中2はクラスの雰囲気が温かい。子どもたちの傾向性も影響していると思いますが、私が『学び合い』をやってきたことも少なからず影響しているのではないかな、と思ってしまいます。