Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2017-04-09

「いい学年」

| 08:15 | 「いい学年」 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「いい学年」 - STAR日記 「いい学年」 - STAR日記 のブックマークコメント

昨年度の学年から持ち上がりました。昨年度は副担になっていましたが、今年度は学年副担という位置付けです。


で、今日、いろいろと新入生との合同企画を学級委員を集めて話し合いを行いました。


そのあとの学年主任(昨年度の私のクラスの担任)の一言。「親ばかだけど、いい学年だよねぇ。自分たちで考えて、楽しんで…いい学年だね」


私も教師ばかですが、同じように考えています。ハプニングも少なくはないけれど、自分たちで考え、解決できるようになってきています。横の連帯は、中学から高校まで6学年あるなかでいちばんだと思います。


ここで大きいのは、教師の「考え方」の影響力だと思います。学年主任は「何事も楽しんで生きる」ことを軸にし、私は「楽しみつつ一人も見捨てない」ことを繰り返し語ってきました。旧クラスでは「漫才してるみたい」と生徒からの手紙に書いてありました。あとは共通して「やれることは自分たちでやろう!できる!」と言い続けてきました。


教師の影響力は大きい。だから、考え方を練り上げるのが大事だと思います。一朝一夕にはできません。「願い」と「日々の行動」を行ったり来たりして、自己観照と自己反省を繰り返すことで、だんだんと「考え方」「生き方」「在り方」が洗練されていくのだと思います。