Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2017-03-20

来年度の方向性

| 11:59 | 来年度の方向性 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 来年度の方向性 - STAR日記 来年度の方向性 - STAR日記 のブックマークコメント

年度が変われば、クラスが代わり、一度つくった文化も変わります。新入生も来ます。どの学年を担当するにせよ、スタート点とゴールをどこに置くかは考えないといけません。


学び合い』の文化がないところを担当するとすれば、いきなりフルの『学び合い』をするのも、子どもたちの不安が大きくなるかな、と思っています。


というわけで、考え方は「一人も見捨てない」に置きつつも、学習方法としては協同学習を中心にして、週イチで『学び合い』にしていこうかなぁとぼんやり考えています。そして、安心感が生まれてきたら、すべてお任せの授業にソフトランディングさせます。


このくらいが、現段階での私の「最善」かと思います。最初からフルはけっこう心配です(本当はここの「心配」が何なのかをクリアにしたい)。


明日から高校の春期講習もありますが、春休み中に来年度のスケジューリングと、1学期分の仕込みは終わらせたいものです。

2-6-2

| 11:49 | 2-6-2 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 2-6-2 - STAR日記 2-6-2 - STAR日記 のブックマークコメント

昨日、子どもたち(女の子だけですが)からもらった手紙を読み返してみると、2-6-2という集団の法則がはっきり見て取れました。


それと同時に、教師という職業の怖さも感じました。影響力が強く、特に上2割の子どもたちの価値観の形成に、明らかに強力に作用するという点です。


昔、一度教職から退いたのも、この「怖さ」からだったのかもしれないと、改めて考えてみると思います。