Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2017-03-16

課題づくりと問題演習

| 20:32 | 課題づくりと問題演習 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 課題づくりと問題演習 - STAR日記 課題づくりと問題演習 - STAR日記 のブックマークコメント

中1の文法事項で、「10の品詞について教科書の図表よりもわかりやすくプレゼンシートにまとめてください」という課題で授業をしました。その後、全体で回覧をしました。


それで、問題演習をしたらそれほど定着していませんでした。


考えるに、アウトプットと問題がまだ離れてしまっているのかな、と思います。これを抱き合わせることができると、模試などでも得点アップにつながるだろうと思います。


となると、ただ「プレゼンシートにまとめる」という活動と回覧をするというだけでは課題が不十分だったことに思い至ります。


おそらく、単元で示して、①全員が品詞の分類の問題(10問くらい)ができる、②プレゼンシートにまとめる、というくらいの課題がよかったのでしょう。


いずれにせよ、「最終的なアウトプットの重点をどこに置くか」「何をもって学力とするか」という点が不明確だったことが、「問題ができない」という状況に現れていたのだと思います。


あとは、数学も同じですが、演習量の確保ですね。


いずれも、『学び合い』の考え方で解決できるように思います。