Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2016-12-26

P4Cのミーティングに参加して来ました

| 22:59 | P4Cのミーティングに参加して来ました - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - P4Cのミーティングに参加して来ました - STAR日記 P4Cのミーティングに参加して来ました - STAR日記 のブックマークコメント

大阪で行われたP4Cの例会に参加して来ました。何か新しいことを求めて、いろいろなものに首をつっこんでいます。それで何か得られることもあれば得られないこともあり…。今回は、「自分の実践を相対化する」という意味ではよかったと思っています。


キーワードは「対話」です。「対話」によって他者を知ることで、自分の考えを深めることが大切、という学びになりました。また、そういった「対話」が居心地のいい空間をつくるためには必要なのだ、という自分の考えにも、もう一段、自信を持ちました。


日本の教育には圧倒的に欠けている視点だと考えています。教師も「対話」ができる人が少ない。そんななかで、「対話をして自己開示をし、安心できる空間をつくることが大事」という主張をしても、なかなか進んでいきません。


時代はそちらにあると思います。もちろん、学校の持つ「知識伝達機能」を否定するわけではありませんが、その前提として「学校を居心地のよい空間にする」ということが大切であると考えています。


あと、P4Cの実践共有で気がかりだったのが、大きな目的としての「居心地の良い空間と話しやすい雰囲気をクラスにつくる」というものは明確だったのですが、その時間の課題がぼんやりとしていたことです。


学び合い』だったらどうするかなーと考えてみましたが…どこに力点を置くのかで課題づくりは変わりますね。ディスカッション自体が目的なのか、何か結論を得たいのか。それによって変わってくると思いました。


そういえば、ホワイトボード・ミーティングも、「オープン・クエスチョン」で対話を深めていくものでした。『学び合い』では対話をすることを強いませんが、やはり今後の学びは、「対話」がキーになるような気がしています(対話を強いていくという意味ではありません)。

対話型の学び

| 16:21 | 対話型の学び - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 対話型の学び - STAR日記 対話型の学び - STAR日記 のブックマークコメント

こりゃあまずいなぁと思ったことをひとつ。


教師って、「対話型の学び」や協同学習は苦手なのだと思う。逆に、一方的に持論を「演説」することは得意なのかもしれない。


ここを突破できれば、少しはイノベーションが進むのだと考える。


どうしようか。体験してもらうしかないでしょう。管理職に「会議はいいからワークショップをやらせてくれ」と発信し続けるしかないでしょう。


すぐに『学び合い』にみんなが移行するのは難しい。けど、とっかかりを見つけることができた気がする。

最低限

| 16:12 | 最低限 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 最低限 - STAR日記 最低限 - STAR日記 のブックマークコメント

教員として仕事をしているが、「最低限は何か」ということを考えることがある。


私の場合、「自分の子どもが授業やホームルームで自分のもとにいたとして、振る舞いに違和感がないかどうか」ということが最低限の基準と思っている。


「自分の子どもが見て尊敬できるかどうか」ということでもいいかもしれない。


そのあたりにラインを引いておけば、大きく間違うことはないように思う。