Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2016-12-22

受験生へのメッセージ

| 23:32 | 受験生へのメッセージ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 受験生へのメッセージ - STAR日記 受験生へのメッセージ - STAR日記 のブックマークコメント

全校生徒の希望者を募って、ファシリテーション・グラフィック風に模造紙に寄せ書きを描いてもらいました。


これまで、教員からは「高3生を応援しよう」と何度も何度も下級生に伝えていました(私は「そんなこと言っても、なんだか実感わかないよなぁ」と思っていたので、あまり言っていませんでした)。


それで、確信しました。結局、後輩たちは自分たちの思いを伝える「場」がなかったのだと。それを私が用意したことで、さまざまなメッセージが生まれ、それを見た高3生は「なんだかやる気でました!」「嬉しいですね!」と口々に喜びの言葉を述べていました。教師から言われるよりも、格段に嬉しかったようでした。


こういうことを見るにつけても、やはり、教師の仕事は「環境や場の設定」なのだと感じます。同世代の力の方が強い。


今の高3生は、昨年度、授業での私の「あーでもない、こーでもない」に付き合ってくれた学年でもあります。少しは罪滅ぼしができたのかもしれません。


いま、かなり疲労していますが、なんとも言えない疲労感です。人に喜んでもらえたときが、私自身も何より嬉しいです。