Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2016-12-19

2学期の最終回

| 22:25 | 2学期の最終回 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 2学期の最終回 - STAR日記 2学期の最終回 - STAR日記 のブックマークコメント

2学期の授業の最終回を迎えるクラスがあります。今日は2クラス。


でも、やっていることは普段通りです。なんの工夫もありません。


中1は復習の漢字テスト。テストの間に余計な話が入ってそれで半分くらいが声を出して笑っています。普通だったら「黙ってやりなさい!」でしょうが、そこまで張り詰めた空気になる必要もないでしょう。それでも、みんな真剣に取り組んでいます。それで十分な気がしています。


高2は評論文の読解で、筆者が比喩的表現を用いて意見を述べている部分です。そこを「比喩を用いない表現にしたらどうなるか」という課題です。


板書で生徒たちの意見を可視化することもありましたが、基本的には「正解なし」「ヒントなし」の探求です。


けっこう楽しんでいました。私は確認もしませんでしたが、声を聞いていると学びにつながっているようでした。


「正解がない」課題に取り組んでいくのも大切と思います。