Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2018-12-11

さびしさ

| 07:21 | さびしさ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - さびしさ - STAR日記 さびしさ - STAR日記 のブックマークコメント

出張で関東に出ています。娘たちの顔が見れず、ややさびしいですね。


家内にも負担をかけています。


おみやげ、ちゃんと買っていこう。

2018-12-10

慣例

| 07:30 | 慣例 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 慣例 - STAR日記 慣例 - STAR日記 のブックマークコメント

学校で行われていることは、多くは「慣例」「慣習」によって行われていることである。法令に基づいたものではないことが多いだろう。それを考えると、なんだかむなしい気持ちになってしまう。


学校教育の幹は、「子どもたちを自律した大人に育てる」ということだろう。その幹に関係のないことの、なんと多いことだろうか。それもこれも、実感としては、教職員の側の「慣例」であるということがよくある。それも仕方のないものなのかもしれない。教職員はもともと学校の中でのある意味での「勝ち組み」であるからだ。この部分には意識的でありたいと考えている。


正直な話、考査をつくって、採点して、序列化することに、何の意味があるのだろうかと感じることがよくある。それでも、この文脈のなかで仕事をしているので、やらなければいけないとは思う。


そうは言っても、ゆくゆくはもっと実のあるものに変えていきたい。

2018-12-09

情報を知恵に

| 07:18 | 情報を知恵に - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 情報を知恵に - STAR日記 情報を知恵に - STAR日記 のブックマークコメント

情報は大量に存在する。それにいちいち反応していたらきりがない。しかし、すべて無視する訳にはいかない。だから、情報の「ランク付け」を、できるだけ短時間で行えるようになるべきだ。そうすることで、余計な時間が短縮できる。


そして、重要な情報を見つけたとしたなら、それを情報に留まらせずに、自分の知識として消化し、さらに周囲にも伝えて知恵とすべきと思う。

2018-12-08

「楽しむ」という視点

| 07:30 | 「楽しむ」という視点 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「楽しむ」という視点 - STAR日記 「楽しむ」という視点 - STAR日記 のブックマークコメント

仕事だろうが勉強だろうが、それに慣れてくると「楽しみ」として感じられるようになる。もちろんきついこともある。だけれども、きついことを乗り越えたときの達成感はやはり嬉しいし、それまで時間のかかっていたことが短時間でできるようになると、自分自身の成長を実感することができる。


もちろん、常にぎりぎりのところまでやることがいいとは思わない。けれども、大きな波はたまにやってくる。その大きな波にどう立ち向かうかに、その人の人生観というか、仕事観というか、心の傾向性が反映されるのだと思う。


まだまだ自分は未熟である。それを自覚しながら、成長を続けていきたいとつくづく思う。

2018-12-07

コミュニケーション

| 19:17 | コミュニケーション - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - コミュニケーション - STAR日記 コミュニケーション - STAR日記 のブックマークコメント

たまたま授業で、「コミュニケーションは送り手ではなく受け手の側がどう受け止めるかがその成否を決める」という題材の文章を読んでもらった。それで最後の方に具体例として「教師の見た目がイケてないので授業に身が入らなかった」というものがあったからか、意見文で授業について書いてくる生徒が数名いた。


その論旨は、「授業は教員の一方的な『語り』になってはいけない」というものだった。痛い指摘だと思う。要は、文化としてそういうふうに感じている生徒が一定数いるということだ。そういうことを生徒たちが教えてくれることが、私にとっては本当にありがたいことだ。


私は、「私は、別な方向に舵きりしているんだよね。でも、そういう文化のなかにみんながいて、それをよしとする人もいる。だから、少しずつ、他の人との関わり合いを通して学びは収穫が多いことを実感してもらおうとしている」と伝えた。私の思いは伝わっているように思う。


本当は、もっともっと、生徒たちが学び合えるようにしていきたい。でも、性急に進めてしまうと、お互いにうまくいかなくなっていく。だから、ソフトランディングさせたい。


まだまだ、やらなきゃいけないことは多い。それでも、毎日毎日の積み重ねで、布石を打ち続けることが大切だ。