元気と勇気は誰でも出せる 

2015-11-25

[]実践の蓄積

 昨日の研究会は見事だった。

 中学生たちが日常の音楽の授業で美しく大きな声で歌い,学級活動で生活の在り方を真剣に振り返り,国語,数学,英語で楽しそうに仲間とかかわりながら課題を解決していた。

 しかし,授業は至って「普通」。特別なことはなにもない。例えば英語では,タブレットもインターネットもなく,あのインテリ系の外国人お笑い芸人とそっくりなALTがいただけである。そう圧倒的に「普通」の授業群なのだ。

 研究校でもない一般校で,そこにいる教師達はみなあたかな笑顔で授業し,生徒達は笑顔で探求活動をしていた。でも今時,こんな普通の教育活動が展開できる学校は,何かどこかで特別なことをしている。研究計画が実にしたたかで的を射ている。昨年は,とにかく土壌づくりをしていた。そして今年から授業改善に取り組み始めた。

 それにしても,かつては荒れた時代もあったというのに,2年でこんなに変わるものか。やはりそこには隠れたシステムがあった。校長先生が前の学校で同様の研究指定を受けていて成果をあげてきた人だった。この校長先生は,そのシステムをそのままこの学校で適用したようだ。この地域が,教育委員会,学校,管理職,職員の関係性,同僚性がもともとよいというリソースがあることを加味してさらに,「蓄積」が機能していた。

 実践界のよくも悪くもどちらにも機能する伝統として「出典・引用」を明記しない文化がある。これによってうまく行く場合もあるが,うまくいかない場合は,いつも同じようなことを繰り返す傾向がある。つまり,別の学校の成功や失敗に学ぶことができないのである。先行実践に立脚して取り組めば,失敗も成功も一段上のレベルになるのに,それをしないから,良い学校の良い実践が発展しない。また,同様に,同じような失敗をしているがある。研究ではそれがなされるが,実践ではほとんどそれを見ない。みんな「オリジナル」なのである。そんなことは普通無い。オリジナリティなんてものは,湯葉みたいなもので,表層の薄皮のようなものがほとんどである。

 この学校の場合は,校長先生がデータバンクになっていたのである。前の学校でやった成功と課題をこの学校で修正し追実践しているわけである。だから,当然,質が高くなる。

 学校で出す研究紀要をデータ化した教育委員会などが整理して,各学校で共有したらいい。そうしたら研究主任や先生方の負担は驚くほど減るはずである。研究紀要に,出典,引用の欄が当たり前に記載されるといいなと思う。

 あ,そういえばこんなことを昨年学長と電車の中で話したんだった・・・思い出した。