Hatena::Groupmanabiai

実践 サンチャゴメソッド

☆特選講座を応援しています!!
 7/6 二人会 in 横浜
  ファシリテーション×ワークショップ!
 8/2 学級づくり改革セミナー
  子どもたちの限界を拡張するセミナー!
 8/24 二人会 in 横浜
  金大竜先生とのコラボーレーション!!

2012-12-06

1/12(土)もしドラ in 神戸

05:33

 「もしも学校の先生がドラッカーの『マネジメント』を読んだら」セミナー


 授業を研究する方法は大きく2種類あります。

 1つは「教材研究」、もう1つは「教授法研究」です。

 両者の違いとして、前者は1回の授業もしくは、1単元という期間で考えるのに対し、後者は年間を通した期間で考えることにあります。例えば、『ごんぎつね』(新見南吉)の教材研究は、『ごんぎつね』の単元がおわると次年度同学年、もしくは数年後の同学年になったときの『ごんぎつね』まで活用はありません。教授法研究で考えたとき、例えば感想の交流の研究であれば、『ごんぎつね』でも使えますし、それ以外の単元でも使えます。次年度どの学年になったとしても、また他教科でも活用できます。

 教材研究と教授法研究は両輪であり、どちらの研究もできることが望ましいです。しかしながら、多忙化を極める今日、時間的な制約もあります。私は教授法研究に重きをおいています。それは、継続して行える教授法研究はより費用対効果の高い研究と考えることができるからです。

 教授法研究には、『学び合い』、ワークショップ型授業、コーチング、徹底反復など様々あります。

 この話は、授業をマネジメントの視点から捉えなおしたものです。マネジメントとは単なる組織の管理ではなく、本質を考え、人を生き生きとさせ、そして成果をあげることです。

 さて、このマネジメントを軸とした学級経営、授業づくりに関する本が出版されます。さらにそれに関連したセミナーを企画しています。「もしも学校の先生がドラッカーの『マネジメント』を読んだら」セミナーです。一緒にマネジメントの視点で教師の仕事をより楽しくしていきましょう。ぜひとも冬の神戸にご参加くださいませ。


2013/1/12(土)・13(日) せんせいの学校in神戸

http://kokucheese.com/event/index/31469/

 現在、従来型の学級経営や授業が通用しなくなる場面がでてきています。学級崩壊や、休職や退職は身近な出来事となりました。

 学級経営や授業のあり方を見直す必要がでてきています。

 それでは、どのように見直せばいいのでしょう。その一つとして、マネジメントの考えがあります。マネジメントとは単なる組織の管理ではなく、本質を考え、人を生き生きとさせ、そして成果をあげることです。

 子どもたち、そして教師自身が、今よりももっと楽しく充実した日々を送れるように、冬の神戸で学級経営や授業のあり方を一緒に考えてみましょう。


<せんせいの学校のオススメポイント>

 ・仕事がもっともっと楽に、そして楽しくたのしくなります。はやく子どもたちに会いたくなります。

 ・新学期や新年度の学級や授業に役立つ内容が盛りだくさんです!

 ・マネジメントの視点で教育実践を見つめることができます。学級経営や授業の軸が分かり、より充実したものになります。

 ・全国で活躍中の実践家が集結し、最新の情報交流を行います。

 ・ワールドカフェというファシリテーションの手法を取り入れ、参加者が聞くだけではない、話し合って学ぶことができます。ワールドカフェ自体も学べます。

 ・参加者同士のつながりを考えています。多くの仲間と関わり合うことができます。

 ・選択別講座(分科会)では、体験・体感型の講座をめざしています。

 ・マネジメントJUTも開催されます!模擬授業を通してマネジメントの考え方や手法を体験・体感できます。

  ※JUTとは授業力アップトーナメントの略で授業力鍛錬の場です。全国で開催されています。  詳しくは http://www.kyoin.com/jut.html


■ 講師紹介

長瀬 拓也(ながせ たくや)

 横浜市立小学校教諭、岐阜県公立小学校教諭を経て、現在、岐阜県公立中学校教諭。2004年に日本児童教育振興財団主催『第40回わたしの教育実針 新採・新人賞』を受賞。教育サークル「未来の扉」代表代行。著書に『誰でもうまくいく!普段の楽しい社会科授業のつくり方』『教師のための読書術』『失敗・苦労を成功に変える教師のための成長術』(黎明書房)など多数。

中條 佳記 (なかじょう よしのり)

 第1回JUT全国大会優勝。2010年授業づくりネットワーク京都大会Mini-1 優勝。奈良県公立小学校教諭。広い視野を持ち、考え抜かれたミニネタは、楽しく知的に学ぶことができると定評がある。共著 に『子どもも先生も思いっきり笑える爆笑授業の作り方72』(黎明書房)、『人生設計能力を育てる社会科授業』(黎明書房)など多数。

伊藤 邦人(いとう くにと)

 学習塾勤務を経て、現在立命館小学校教諭。「クリエイティブ」を教育の柱とし、子どもを最大限伸ばす学級経営・授業づくりの研究を進めている。共著に、「文章題プリント」「図形プリント」(いずれも学研出版)、「教師になるには」(一ツ橋出版)などがある。

山田 将由(やまだ まさよし)

  野口芳宏先生、陰山英男先生、西川純先生、齋藤孝先生、土作彰先生等、一流の教育者に学び、ミニネタ、徹底反復、ワークショップ型授業、コーチングを取り入れた、簡単で効果のある楽しい教育メソッドを日々深めている。近年は全国10を超えるセミナーに登壇。共著に「教師になるには」(一ツ橋書店)「『学び合い』スタートブック」(学陽書房) 「学級づくりと授業に生かすカウンセリング」(ぎょうせい)など多数。


■ せんせいの学校in神戸

■ 日時 2013年1月12日(土)・13日(日)

■ 場所 神戸市地域人材支援センター

■ 参加費 2,000円

■ 人数  限定24名(各講座24名ずつ)

■ 申し込み http://kokucheese.com/event/index/31469/

(申し込みC講座です。お間違いのないようにお申し込みください。)

■ 日 程

1/12(土):多目的室・会議室

 12:30 受付:多目的室

 13:00 講座:「教師のためのマネジメントの必要性」長瀬拓也

 13:30 選択特別講座 C:2013年から変わる楽しく身につく授業マネジメント

      講師/山田将由・伊藤邦人

 15:00 ふりかえり(ワールドカフェ/杉本直樹・久保響子)

 17:30 懇親会(※新長田駅周辺で懇親会)


1/13(日):多目的室

 9:30 受付:多目的室

 10:00 講座:「教師が成長するために」山田将由

 11:00 ライフヒストリーインタビュー「教師が成長するために」を受けて 山田将由・長瀬拓也(聞き手)

 12:00 明治図書より出版される「マネジメントで変わる学級・授業・生徒指導・自己成長」(仮)を記念して、執筆リーダーによる出版の紹介とご挨拶を行います。

 長瀬拓也 山田将由 岡田公示 杉本直樹 (司会:保木井啓史)

 12:30 昼休み

 13:30 マネジメントJUT・模擬授業によるマネジメントの実践提案(担当/中條佳記)

 15:00 (終了予定)


A講座:幼稚園・保育園 : http://kokucheese.com/event/index/31467/

B講座:学級経営: http://kokucheese.com/event/index/31468/

C講座:授業   : http://kokucheese.com/event/index/31469/

D講座:生徒指導: http://kokucheese.com/event/index/31470/