Hatena::Groupmanabiai

実践 サンチャゴメソッド

☆特選講座を応援しています!!
 7/6 二人会 in 横浜
  ファシリテーション×ワークショップ!
 8/2 学級づくり改革セミナー
  子どもたちの限界を拡張するセミナー!
 8/24 二人会 in 横浜
  金大竜先生とのコラボーレーション!!

2012-08-13

人気の先生になろう!

12:11

2011/12/27の日記でも紹介した飯村友和先生の著書が8月11日ついに出版されました!!

『どの子の信頼も勝ち取る!まずは人気の先生になろう!新卒3年目までの最強クラスづくり』飯村友和(明治図書)です。

 面白いかつ、読みやすく、一気に読めました!


 学生から教師3年目までの方は必携の書です。もし自分が初任の時にこの本に出会っていれば、多くの過ちをまぬがれたはずです。何を求め、何を見落とし、どう変わっていったのか、飯村先生のハイレベルな体験談をもとに分かりやすく書かれています。多くの教師が一度は、はまるであろう落とし穴をすべて埋めてくれています。

 タイトルにだまされてはいけません。新卒3年目までとは限りません。自分は6年目ですが、とっても学びが多かったです。書かれていることは語弊を恐れずに言うと、新しいことはありません。基本的なことです。褒めようとか、本を読もうなどです。ではなぜ学びが多かったかというと、基本的なことは、言い換えれば本質・根幹的な内容ということなのです。なぜ褒めるのか、褒めるとはそもそもどういうことなのか、褒めるための具体的な方法はどのようなものがあるのか、が書かれています。この本は知っているけれども知らなかったことが満載なのです。


特によかったことは3つです。

1つめは、人間性を高める方法が書かれていることです。

 「教育は人なり」と言われます。このことは『何を言うかではなく、誰が言うか』という言葉に収斂されます。教育技術はとても大事ですが、それと同時、もしくはそれ以上に、教育においては、教師そのものの人間性が大切になってきます。という話をよく聞きます。が、では実際にその人間性を高めるにはどうすればいいのでしょうか。教師も何かに挑戦する。何か継続してがんばる。本を読む。人と会う。などいろいろありますが、どうも抽象的です。行動へのモチベーションを高めるのは、具体性を増すことです。ではどうすれば具体的になるのか。そこでこの飯村先生の本の登場です。この本のスタンスは、人間性を高める方法です。10章に分かれ、具体的にその方法が書かれています。


2つめは、実践群がナチュラルです。

 実践に無理がありません。飯村先生は傍からみるとストイックな方ですが、本人としては楽しみながら毎日を過ごされています。その中で無理のない・無理のこない実践ができあがっています。オリジナルな実践は温かいものばかりです。さらに、飯村先生はたくさんの有名な実践家に学ばれています。その学ばれていることを飯村先生のフィルターを通されて紹介されています。極めて追試は難しかろうと思える実践も、手の届くものに加工されています。


3つめは、理論と実践バランスがとってもいい。

 WHYそしてHOWが書かれています。なぜするのか。どうするのか。この両方が書かれているので、学びが大きくなります。WHYのところでは見えていなかったものが見えてきますし、HOWは極めて具体的ですぐに追試ができます。

 今夏発刊の最高の教育書の一つです。ぜひお手元に一冊。