Hatena::Groupmanabiai

実践 サンチャゴメソッド

☆特選講座を応援しています!!
 7/6 二人会 in 横浜
  ファシリテーション×ワークショップ!
 8/2 学級づくり改革セミナー
  子どもたちの限界を拡張するセミナー!
 8/24 二人会 in 横浜
  金大竜先生とのコラボーレーション!!

2011-11-16

緊急速報 3/28(水)学級づくり改革セミナー全国大会

22:53

2012年に超ビッグなイベントがあります!

 日本の教育界をリードする哲学・ミニネタの土作彰氏(奈良県)、教師と子どもを成功に導く「7つの習慣」の渡邉尚久氏(千葉)、勇気づけ・分析対応の赤坂真二氏(新潟県)の3方が主催する学級づくり改革セミナーの全国大会が来春開かれます。前回横浜で行われたセミナーでは、すぐに満席御礼となりました。今回は新学期向けの内容になっています。この機会をお見逃しなく。

 さて、そのお三方の一人赤坂先生の主催するセミナーが今週の土曜日開かれます。授業と学級経営を一体化としてとらえた、教育活動の根幹となる内容です。学級のリフレッシュ、そしてバージョンアップするこの時期に打って付けな講座となっています。こちらも要チェックです!

 11/19(土)愛と勇気のチカラ15 授業づくりと学級づくりは表裏一体 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/shinji-akasaka/20111108#p2


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


3/28(水) 学級づくり改革セミナー全国大会 IN 横浜

http://kokucheese.com/event/index/21692/


 今春、ノウハウを求める新卒教師、そして本物の実践者を目指している教師も注目、教育観をゆさぶり、深め、高めるセミナーが実現します。

 日本の教育界をリードする哲学・ミニネタの土作彰氏(奈良県)、教師と子どもを成功に導く「7つの習慣」の渡邉尚久氏(千葉)、勇気づけ・分析対応の赤坂真二氏(新潟県)をお招きして、「真」の学級づくりについてお話いただきます。

 新学期を迎えるこの時期に、学級開きはどうすればよいのか。また、学級を開くことは、終わりではなく、スタートです。1年間を見据えた学級経営とはどのようなものか。この学期始めを迎える時だからこそ語られる「学級づくりのスペシャリスト」であるお三方に哲学・実践群をたっぷりお話いただきます。

 さらに、今回は教育界が注目している新進気鋭の若手も一斉に集い、ベテラン講師陣とは違った視点から、学級づくりについての実践群を紹介します。


講師 土作 彰

 やる気と集中力を持続させる授業づくりや、活気ある学級にするにはどうすればよいのか。誰にでもすぐにつかえるネタ(ミニネタ)による教育実践を提案。膨大な研究に基づくミニネタの数々は、猛烈におもしろく知的。一度参加したら「病みつき」になる土作イリュージョンは必見。近年は学級づくり・授業づくりの根底にある教育哲学を追求している。著書に「ミニネタ&ワークショップで楽しい道徳の授業を創ろうよ」「基礎学力のつくワークショップ型授業」(学陽書房)、「子どもを伸ばす学級づくり-哲学ある指導法が子どもを育てる」(日本標準)など多数。


講師 渡邉 尚久

 元千葉県公立小学校教諭。現在千葉市教育委員会勤務。スティーブン・R・コヴィー博士のビジネス書の世界的ベストセラー『7つの習慣』に学び、成功哲学を小学校現場に導入し、その効果を実証した第一人者。著書に「クラスがみるみる素直になる方法!」(学陽書房)「7つの習慣 小学校実践記―ミッションが書けた!自分が変わった!! 」「7つの習慣 小学校実践記〈2〉」(共にキングベアー出版)


講師 赤坂 真二

 アドラー心理学的アプローチの学級経営に取り組み、子どものやる気と自信を高める学級づくりを実証的に研究。そのユニークな取り組みは、NHKの番組「きらっと新潟」で特集が組まれる。19年間の小学校教諭を経て2008年から上越教育大学大学院に着任。現在は「教室や家庭に元気と勇気を」を合い言葉に、全国の研修やPTAの学集会で講演を行う。著書に「高学年女子の指導 困ったときの処方箋」「困った児童への言葉かけと指導」(学陽書房)「“荒れ”への『治療』と『対策』のコツ -学級づくりの基礎・基本」(日本標準)「先生のためのアドラー心理学 勇気づけの学級づくり」(ほんの森出版)など多数。


■ 学級づくり改革セミナー全国大会 IN 横浜

■ 日時 平成24年3月28日(水) 10:00~16:30

■ 会場  神奈川県神奈川近代文学館

■ 参加費 3,000円 (学生1,000円)

  ※前日のセミナーに参加される方は両日で5,000円→4,000円

   http://kokucheese.com/event/index/21687/

■ 定 員 50名

■ 申し込み http://kokucheese.com/event/index/21692/

■ 過去の参加者の声

<土作先生の講座>

 ・熱い思いと笑いのコラボレーション毎回楽しいです。

 ・新年度になり早一ヶ月経ち、自分の中の基準がいかに低いかということを感じ、反省しようと思います。自分が高い基準をもち、知り、イメージして、子どもたちがより幸せになれるよう工夫していきたいと思います。

 ・強い信念と情熱を感じました。教師が徹底して考えること、そこがないと弱いと思います。私にたりないことが改めてはっきりしました。

 ・その時だけの学級経営だけなく、その子がどんな人生を送っていくのかということを考えて指導する。そこに先生の哲学の必要性があると強く感じました。


<渡邉先生の講座>

 ・短い時間の中でしぼり込まれた内容がとても濃かったと思います。

 ・いつも考え計算された構想に驚かされます。

 ・「今まで読んだ本の中で『生き方』の教科書にするとしたら」という問い、私が今まさに探していた問いだったので自分自身が問い詰められたようでした。本当に『生き方』を教えられるように考えていこうと思います。

 ・基準を知っていると知らないとの差、すごいのだなと、高い基準を知るために、色々な物事に目を向けようと思いました。


<赤坂先生の講座>

 ・とてつもない情報量がうれしかったです。

 ・友だち(人)とのつながりをどうつくっていくのか、教師がその視点をもつだけで、クラスが変わっていくように思いました。

 ・いろいろな場面で居場所づくりができるのだということがわかりました。毎日、毎日、いごこちのよい教室、授業であるようにしていこうと思います。

 ・場のコーディネートさすがです。受講生の巻き込みのバランスを盗みたいです。


アンケート全文→http://www.kyoin.com/jut/voice_2_yokohama.html