sakusaku日記◆山口

昨年度からは、宇部市内の小学校に勤めております。 この学校の前は、埋蔵文化財センターで遺跡を発掘調査していました。
私のNo1宣言は…『夢をあきらめない男日本一!』です。
私の夢は…①【学校】×『学び合い』×「自問清掃」×「てっぺんの朝礼」→∞(「無人購買部」) です。
       ②マンガやアニメで宇部市を活性化させ、シャッター街に活気を甦らせる!
          
   いろいろな方々と出会って、いろんなことを学ばせていただきたいと思います。
    
     

2011-03-26

いろいろな方々にお世話になりました

| 06:18

母校での勤務も5年が経ち異動することになりました。

ここに来る前は、野球部ではなかったので「野球部がいいな」という気持ちと

「母校に恩返しをしたい」という気持ちでした。

今、ありがたいことに野球部の副顧問をさせていただいていますし、

一時期ではございましたが監督もさせていただきました。

昨年は、中国大会につれていってもいただきました。

完全試合をやってのけてくれた生徒もいましたし、

宇部球場にスタンドインのホームラン(中学軟式野球ではまだ第1号しか出ていません)を

放り込んでくれた生徒もいました。

そんなふうに目立った実績はなくても、地道に日々の練習に励んでくれた生徒もいます。

もちろん、適度にさぼりながら頑張ってくれた生徒もいました。

5年間で一番感動したのは、やっぱり「中国大会出場」ではございますが、

そのチームの練習風景で「これはすごい!」と思い出されるのは

チームでおそらく一番野球を知っているキャッチャーの子が、

一番初心者の子がバッターボックスに入ったときにいろいろと技術的なことを教えてあげ、

教えられた子のバットにボールが当たると、まるで打った本人のように喜んでいた姿。

『野球愛』といいますか、そのようなものを感じさせられました。

今現在のチームのことは正直心配なことだらけです。

しかし、この子たちも目の当たりにしてきた『野球愛』というチームワークが、

ネットワークがはりめぐらされてきたとき、

もっともっと強くていいチームになって行くと信じています。

「負けると悔しい」「負けたくない」という『何くそ魂』を素直に行動にうつし

みんなで協力できたとき、真の栄光はつかめるものだと思います。


この母校で、まず「自問清掃」に挑戦させていただき、

次に『学び合い』と出会ってそれにも挑戦させていただき、

本当にありがとうございました。

新しい学校に行きましても、この2つにまずは1(私一人)からスタートして

1→2→4→8→16… と波紋を広げていきたいと思います。

それが、これまでお世話になったことへの恩返しでもありますし

再びここに立って、改めて真価を問われるときのスタートでもあると思っています。

「人生はなかなか自分の思うようには行かない」と言われますし、そうだなーとも思います。

しかし『人生は自分の思ったようになっていく』とも言われますし、これもそうだなーとも思います。

「生きがいの創造」の著者でいらっしゃる飯田史彦先生によると

「自分は、自分で設計した人生を生きている」のですが

これからも、「選択肢があったら難しい方」を選びつつ精進していきたいと思います。

f:id:sakusaku0428:20100113053335j:imagef:id:sakusaku0428:20101226155105j:image

この母校でもいろいろな出会いがございました。

私が歴史上の人物に興味を持ち始めるきっかけを与えていただいたのは

実は大嶋啓介さんでした。

本校の「立志式」の記念講演をしてくださり本当にありがとうございました。

移動の車内で、「saku先生は、坂本龍馬のことを何か知っていますか?すごく興味がある方なので、何でもいいから知っていることがあったら教えてください」と言われました。

その時は「薩長同盟に関わった人…」くらいにしかお話できませんでした。

その後、大嶋さんを出迎えた宇部空港で偶然にANAの「龍馬伝」号に出会い、

ドラマ「龍馬伝」を見ながら日々を過ごしてまいりました。

いまでもときどき録画してあるものを見ています。

「それは無理やろー!」と周りから言われても、「アホ」になって挑戦あるのみ!

おそらくPCが何回計算しても「薩長同盟は無理」という結論を出すでしょう。

そもそもその選択肢自体がありえないこと…

でもそれをやってのけた『人』が『人たち』がいるということ。

それを忘れずに、自分もそんな『人』に『人たち』になりたいです。


心の大航海時代です!!!

bunbun-hbunbun-h 2011/03/26 17:47 異動ですか。私も10年ぶりに役場に戻ることになりました。
お互い、お疲れ様でした。
でも、また、これからも大変です。
まあ、やるしかありませんからね。
と言うことで(?)、私は裏稼業の私的公共事業としてホームページ運営を開始したということでしょうが、さてどうなりますことやら。

koushinsenjinkoushinsenjin 2011/03/30 17:11  なりたいです。
 異動先でも、楽しみですね!

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/sakusaku0428/20110326