sakusaku日記◆山口

昨年度からは、宇部市内の小学校に勤めております。 この学校の前は、埋蔵文化財センターで遺跡を発掘調査していました。
私のNo1宣言は…『夢をあきらめない男日本一!』です。
私の夢は…①【学校】×『学び合い』×「自問清掃」×「てっぺんの朝礼」→∞(「無人購買部」) です。
       ②マンガやアニメで宇部市を活性化させ、シャッター街に活気を甦らせる!
          
   いろいろな方々と出会って、いろんなことを学ばせていただきたいと思います。
    
     

2011-02-03

大漁→アンケートに応えて

06:53

金子みすゞさんの詩です。「大漁」(1924年発表)

    朝焼小焼だ

    大漁だ

    大羽鰮(いわし)の

    大漁だ。

    浜は祭りの

    ようだけど

    海のなかでは

    何萬(まん)の

    鰮のとむらい

    するだろう。

以前は、お魚を捕る人間と、仲間を奪われたお魚さん、という構図しかイメージができませんでした。

しかし、bunbunさんとお話をしていると、次のようなこともイメージできるようになってきました。自分なりの新しい解釈です。

人間界=この世、お魚の世界(海の中)=あの世。

私がこの世に生まれたとき、両親をはじめ様々な方々が喜んでくださいました。

一人でしたが、大漁だったわけです。

しかし、同時にそれは、あの世からは、私という魂がなくなった。

まあ、あの世の方々は、お魚さんたちのように悲しまずに、

「よし顔晴って行ってこい!」と喜んで励ましてくれたでしょうけど…

(追記)

別件で…munehiro先生が、私(sakusaku)の応えを知りたい、とおっしゃっていましたのでそのままをコピーして載せてみます。

↓↓↓

《私は『『学び合い』スタートブック』を読み、『学び合い』の考えに基づいた学習教室をつくりたいと考え

現在『学び合い』についてもっと深く知りたいと思っております。》

 →素晴らしいと思います。中には新歳1年目から『学び合い』に挑戦している方もいらっしゃいます。

   これって本当にすごいことだと思います。もしも自分だったならと考えれば考えるほど、すごい!

《そこで先生に是非お伺いしたいことがあります。

学び合い』によって子どもたちが身につけることは何か、》

 →コミュニケーション能力+問題解決能力+挑戦する力+友だちの力を借りる力+友だちに力を貸す力+…→人格の完成

   かなーと考えています。

《子どもたちは何を得るのか、ということを先生のお言葉で是非教えて頂きたいのです。》

 →斎藤投手の言葉を借りれば、「仲間をもっています!」

   自分の言葉でですよね… えーと、「かけがえのない、仲間」 すみませんPK(パクリ)で。  

《私は学ぶ楽しさを知ることは生きる喜びだと考えており

学び合い』は誰一人見捨てずみんなで目標を達成するという性質から

生きる喜びをみんなで体感することができる、すごく面白い方法・考えだと受け取りました。》

 →その通りだと思います。ただ、まだ「みんなが本当にわかった」という状況にはなってはいませんが…

このような感じでよろしいでしょうか。

 (以上転載終了)

2月3日:自問清掃の平田先生が山口県に来られます!

| 04:50

長野県発祥の「自問清掃」の平田 治先生が、山口県の東部にある中学校で講演をされます。

私は、新山口駅から運転手を務めさせていただきます。

その日の夜は、岩国駅付近で平田先生を囲んだ食事会もあるようです。

「自問教育」東京大会でお会いして以来になりますが、

はやく2月3日にならないかなーとワクワク中です。



「自分も行ってみたい」という方は、私までメールでお問い合わせくださいませ。

宇部市近郊にいらっしゃる方、新山口駅からご一緒したいという方、

運転は私がいたしますので、ぜひご一緒に!!!

平田先生とは、新山口駅で10時頃合流させていただきます。

kirikiri 2010/12/24 10:25 自問清掃の良さは,体感するだけではなく,それの心を知ることではないかと思っております。『学び合い』に通じるのですが,だいぶ制御が入っています。ぜひ,多くの方に良さを知っていただきたい。よい機会を呼びかけていただきありがたいと思います。

sakusaku0428sakusaku0428 2010/12/24 23:34 こちらこそコメントありがとうございます。
まだまだやれることはありそうだと思っています。
「『学び合い』は難しい」と言われることと、「「自問清掃」は難しい」と言われることは、本質的に同じような気がしています。
それは、子どもたちの有能性を信じられるかどうかにかかっていると思います。

giasugiasu 2010/12/25 12:15 初めましてギアスと申します。学校の先生のブログというのは初めて見るのでとてもワクワクしています。
教師のお仕事ガンバってくださいッ!!(・ω・っ)З

sakusaku0428sakusaku0428 2010/12/25 12:19 giasuさん、コメントありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。
もしかしてですが、giasuさん=Kさん? 違っていましたらすみません。

o4dao4da 2010/12/30 09:58 今日も勤務なんてえらすぎます。僕もへこみもあったけど、こうやってつながりを感じられる1年でした。(すみません、いろんな方へのコメント欄を元に書いています)またよろしく来年もよろしくお願いします。

koushinsenjinkoushinsenjin 2011/01/01 05:45  あけましておめでとうございます!
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 今年は福岡まで何度か行けるので、山口まで足を伸ばせる機会をうかがいたいです!

sakusaku0428sakusaku0428 2011/01/01 06:13 koushinsenjinさん、コメントありがとうございます。「薩長同盟ぜよー!」
我が家については「いつでもどうぞ」と言えるのですが、自分の授業はあと少し… 
しかし3学期はまずは校内で自分の授業はすべて公開にする予定です。
そして、校外(市内や市内に限らず)の方々にも見に来ていただけるように準備をしていきま笑!

daitouirukadaitouiruka 2011/01/02 20:00 出張で千葉県のある中学校へ視察に行ってきました。
そこは「黙動自問清掃」といって取り組んでいました。
そのほかの活動も全て、校長をはじめとした先生方の「みんなの力を信じ、全ての子ども達の自主性を育てたい」という思いに貫かれていました。
だからでしょう、子ども達はみな、視察に行った私達に、自分から気がついていろんな配慮をしてくれました。
自分達の活動に誇りを持ち、発表の時間というわけではなく、休み時間に進んで私達に話しかけてきてくれて説明してくれていました。
驚きの連続でした。
ああ、これがsakusakuさんのいう「自問清掃」かー、と思ったことでした。
今年もよろしくお願いいたします。

sakusaku0428sakusaku0428 2011/01/03 05:47 o4daさん、ありがとうございます。
私はすぐに凹みます。でも大切なのは何回こけても立ち上がることだと思っています。
小さい子はそうやって歩けるようになっていきます。私も、そうやって、歩けるようになって、走れるようになって、最終的にはスキップができるようになりたいです。もちろんみんなで…

daitouirukaさん、ありがとうございます。
千葉県にも「自問清掃」に取り組んでいる学校があるのですね。
そして、そこに出張に行かれたのですね。「黙動」というのはおそらく「がまん玉磨き」かなと推察しています。
私は、「長野県に視察に行かしてください。」と当時お願いしたところ遠すぎてNGでした。
しかし、代わりに宮崎西中学校に行かせていただきました。
道中(電車)やホテルでは、私には珍しく飲みに出ずに、
成功哲学の本(ドラッカーではなくて松下幸之助さんとナポレオンヒルさん)、
てっぺんの朝礼の本(後に著者である大嶋啓介さんには講演に来ていただきました)、
自問清掃の本(著者の平田治先生は2月3日に山口に来られますのでお会いできます)、を読みイメージしました。
その後、『学び合い』に出会い、「自問清掃」の東京大会でお会いした先生方に、まだ実践もしていないのに、しかも初対面の方々に『学び合い』を紹介していました。あのときの自分を振り返ってにますと、めちゃくちゃだったとは思いますが、同時に正しかったとも思います。
もしもこのブログがなかったらみなさんとも知り合えなかった…
そう考えると、N先生がすすめてくださったことにも感謝せずにはいられません。

みなさん本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

kogapon7kogapon7 2011/01/08 16:37 sakusakuさんの日記は本音が書いてあって楽しいです!
自問清掃もしっかりとではありませんが取り組んでいます。
よろしくお願いします!

sakusaku0428sakusaku0428 2011/01/09 04:50 kogapon7さん、コメントありがとうございます。「自問清掃」に挑戦されていらっしゃるのですね。
2月3日には平田治先生が山口県の東部に来られます。
その研修会に私も参加できそうでお会いできるのがとっても嬉しいです。

ghjalghjal 2011/01/15 08:11 自問清掃にしろ『学び合い』にしろ、アドラーにしろ、TOSSにしろ、いろいろなやり方方法メソッドがあるものの、本質的な部分を会得することがとてつもなく重要であって、セオリーや方法、やり方というのは、導入や方便としてと思う必要があるのかなあ。と最近思います。

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/sakusaku0428/20110203