sakusaku日記◆山口

昨年度からは、宇部市内の小学校に勤めております。 この学校の前は、埋蔵文化財センターで遺跡を発掘調査していました。
私のNo1宣言は…『夢をあきらめない男日本一!』です。
私の夢は…①【学校】×『学び合い』×「自問清掃」×「てっぺんの朝礼」→∞(「無人購買部」) です。
       ②マンガやアニメで宇部市を活性化させ、シャッター街に活気を甦らせる!
          
   いろいろな方々と出会って、いろんなことを学ばせていただきたいと思います。
    
     

2011-03-17

宝永地震→宝永大噴火

| 04:11

【宝永地震

1707 年(宝永 4)に東海から南海にかけて地震があったそうです。

マグニチュード8.4と推定されていて、日本歴史上最大級の地震だったそうです。

そのときは、大津波房総半島から九州に至る太平洋沿岸を襲ったとのこと。

死者約2万人といわれているそうです。

 ↓

【宝永大噴火】

そして、富士山は噴火したそうです。


かけ算、いや足し算でも答えはすぐに見つかるのですが…

1707+150+150=2007


先日の静岡東部であった震度6強の地震がとても気になっています。

ちょうど4つのプレートが重なり合っているところ。

富士山があるところ。

東海地震は、150年周期ということから考えていつ起こっても不思議ではない、

と多くの専門家の方々はおっしゃっています。

そして、この週末は、満月であること。

阪神大震災が起きたのも満月でした。(月の満ち欠けとは無関係、という説もあります)

私は、【偶然の一致】というようなことをときに科学的なデータ以上に大切にする者ですので…


何も起こらないことを、ただただ祈るしかありません。

何かが起こるかも… と心配して準備して、何も起こらなかったとしても

それが一番いいことです。

昔放送されていたTV番組『たけしの万物創世記』の火山(富士山)と地震阪神大震災後)のものを録画していまして、私はこれを必ず見せるようにしています。

その中で紹介されていることをいくつか紹介いたします。

○もしも、富士山が水蒸気爆発などをすると、会津磐梯山のようになるかも…

関東大震災1923年、三陸大地震1933年、明治三陸大津波1896年



なぜ、私は【偶然の一致】を大切にするのか…

それは、大学の卒業がかかっていた5年目に、

小学校理科に所属していた私は、一念発起して、

「どうせ1年間勉強するのなら、これまでの怠惰な生活を改め、きちんと勉強して中学校の免許もとろう」と考えて、どの授業も最前列、先生の真ん前で受けました。

そして、中学校の免許をとるのに必要だった科目である地学の先生(教授)は、

新神戸駅はどのようなつくりになっているか知っていますか?」と聞かれました。

私は

「そんなん、その横にある鉛筆のような先がとがったホテル(昔神戸マハラジャがありました)に泊まったことあるし、布引ハーブ園も知っているし…」とか思いながら、

「線路が普通にあって、その両側にプラットホームがあって…」と考えていました。

その先生は「実は、あそこのホームは、簡単に言ったら、2つに分かれていて、折り重なるようにつくってあります。」

「なぜ?」

「その下に活断層があるからです。」と教えていただきました。

それから数ヶ月後、まさにそこで地震が発生しましたが、駅は倒壊することはありませんでした。

そのとき、「新神戸駅は、地震の揺れには勝ったんだ」と思いました。

さて現在、東海地震が懸念されています。先日気象庁専門家の方は「無関係」とおっしゃっていましたが、

私は、「えー。どうしてそう簡単に判断して発表できるのか?」と思いました。

最悪の事態を考えてみて…

「あのような地震津波浜岡原発が、新神戸駅のように耐えられるのか?」

ドイツでは7機も原発は停止しているそうです。

どうして今もっともいろいろな意味で危険視されているところを止めることをしないのでしょうか?

人命よりも、経済活動を優先している

と私は思えてなりません。

自分にできることが、あまりにも小さすぎてイライラしてきます。

しかし、できることからやるしかありません。

 

gkgkgkgkgkgkgkgkgkgk2011/03/20 07:02学生時代は大学で中学・高校の理科も免許を取得できるという感覚でした。
でも、印象に残っているものは「自分の頭で考える、研究のやり方を教えられるような教師になれ」ということが。

地震と火山の授業は慎重に扱いながら事実を伝え、判断する材料、正しく理解する必要があると思いました。