sakusaku日記◆山口

昨年度からは、宇部市内の小学校に勤めております。 この学校の前は、埋蔵文化財センターで遺跡を発掘調査していました。
私のNo1宣言は…『夢をあきらめない男日本一!』です。
私の夢は…①【学校】×『学び合い』×「自問清掃」×「てっぺんの朝礼」→∞(「無人購買部」) です。
       ②マンガやアニメで宇部市を活性化させ、シャッター街に活気を甦らせる!
          
   いろいろな方々と出会って、いろんなことを学ばせていただきたいと思います。
    
     

2010-12-31

『学び合い』はDNAに刻まれている

| 08:22

散歩をしているときにこんなことを考えてみました。

ニュートンは、木から落ちるリンゴを観て、『万有引力の法則』を見つけました。

ニュートンが、『それ』を発見しようと、しまいと、

発見する遙か昔から(宇宙が誕生したときから)リンゴは落ちていたはずです。

「リンゴが落ちる?」「何を当たり前のことを言って…」と考えずに、

彼は、『そこに何かがある』と思い、『それ』にたどり着いたのだと思います。

このように考えると、西川先生は、ニュートンのようなお方ではないでしょうか。

宇宙の誕生から始まっていると言えるかは?ですが、

少なくとも人類の誕生(もしかしたら動物の誕生)から脈々と『それ』は受け継がれているものだと思います。

宗教や哲学、昔からある教えや習わし… これらの中にも『それ』は受け継がれていると思います。

そこで、『学び合い』はDNAに刻まれている…

次に自分自身に目を向けてみました。

すると先日倉庫を整理しているときに見つけたあるファイルのことが思い出されました。

f:id:sakusaku0428:20101227053906j:image

これは、新採校でおこなった授業(正確には私ではなく生徒たちがやった授業)のまとめの資料です。

2年生の動物の単元を、10個の部分に分けて、当時各クラス(5クラス)9班ありましたので、

どこの授業をするか分担する。

図書館で調べたり、パソコンルームで調べたり、理科室で予備実験をしたり、資料を印刷し冊子にしたり、

発表の練習をしたり、大変でしたが、生徒たちもとっても充実していたと思います。

あのとき(平成11年)の自分は『学び合い』をしていたんだー

とうれしくなったのと同時に、今の自分はどうだろう?という疑問も湧いてきました。

昨年2年生を持ちましたが、そのような「方法」でさえも思い出せずにいました。

この「方法」を選択した背景には『生徒たちは有能である』という『考え方』があったんだ、と改めて自覚できました。

今度2年生を受け持つときは、平成11年の自分に挑戦してみたいと思っています。

雪の後の散歩

| 07:54

1月4日の自分のブログに「龍馬伝スタート」と書いていました。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/sakusaku0428/20100104

この写真は、たまたま家族で宇部空港の公園に散歩に行ったときに撮ったものです。

今朝、その龍馬伝の総集編3と4を見ました。

私は命を使いきってはいません! まだまだーっ!

f:id:sakusaku0428:20101231071659j:image

見終わってから102回目の散歩に行って参りました。雪が降った跡の中を…