sakusaku日記◆山口

昨年度からは、宇部市内の小学校に勤めております。 この学校の前は、埋蔵文化財センターで遺跡を発掘調査していました。
私のNo1宣言は…『夢をあきらめない男日本一!』です。
私の夢は…①【学校】×『学び合い』×「自問清掃」×「てっぺんの朝礼」→∞(「無人購買部」) です。
       ②マンガやアニメで宇部市を活性化させ、シャッター街に活気を甦らせる!
          
   いろいろな方々と出会って、いろんなことを学ばせていただきたいと思います。
    
     

2010-08-05

いよいよ明日から中国大会

| 17:58

明日は、抽選会と公開練習(マスカットスタジアムにて)、そして開会式があります。

試合は明後日から。3連勝で全国大会出場! 中学校の甲子園に出場です!

今日は、このお盆にある高校の同窓会のときに配られる記念誌に投稿しました私の作文を紹介いたします。

甲子園つながりです。


題 『みなさんにとって高校生活1番の思い出は?』       

「高校入試にみごと(やっと?)合格!」

「男女共学クラスでなかったときの残念な気持ち」

「逆に共学クラスになったときの嬉しい気持ち」

「お昼に、狙ったパンをみごとゲットできたこと」

「彼女ができて有頂天になったこと」

失恋して世界が終わったような気がしたこと」

「体育祭、文化祭や修学旅行といった学校行事での思い出」などなど

今から二十数年も前のことではありますが、いろいろな思い出があると思います。

私も、2回目の成人式を迎えるにあたって、今一度『1番の思い出』について考えてみました。

私にとって『1番の思い出』は、やはり『野球部で甲子園を目指したこと』です。

私たちのチームには、結構野球センスのいい生徒が集まっていたと思っています。

監督が熱血漢の先生に代わられるのを機に、何人かが去っていきました。

私はできることなら辞めないで一緒にやりたいと思いました。

しかし、監督がどなたであれ、厳しい練習に耐えられなければ「甲子園なんぞ夢のまた夢だ」とも思いました。

結局、私は引き留めることはしませんでした。

もしも、あの時に戻れるならば、今度は全力で引き留め、みんなで厳しい試練にも耐え、甲子園に出場したいと思います。

このことは、自分史40年の中で、「最も後悔していること」の一つでもあります。

そんな私たちの、甲子園をめざした初戦は大敗でした。試合中の最後の守備のときに、何ともやりきれない思いで、悔し涙がこみ上げてきました。そして、ふとスタンドをみると勝敗もはっきりとついている試合なのに、多くの方々が一所懸命に応援してくださっていました。

そのときに、申し訳ないという思いと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

  いまさらではございますが、あのとき、応援してくださった方々へ

  「本当に申し訳ございませんでした」そして『本当にありがとうございました』

私たちが成し遂げることができなかった『夢』は、後輩たちがきっと叶えてくれることでしょう。

あのときもスタンドで応援してくださった方々のように、私たちも応援しながら待っています。

  これが私にとって『1番の思い出』です。 そして『これからの思い出』でもあります。


原稿はここまで。

もしかしたら、明日からの中国大会、全国大会で、『1番の思い出』が更新されるかも!!!

散歩70日目

| 07:08

今朝の散歩で70日=210kmになりました。

一日に朝起きてから寝るまでに30km(10倍)歩いたとして2100km。

これでやっと江戸まで行って帰れる距離と同じくらいになります。

自転車・自動車・電車・船・飛行機にも感謝しま笑!

takataka2010/08/06 11:11頑張って夢の全国大会に駒を進めてください
応援しています

sakusakusakusaku2010/08/06 17:47抽選の結果、明日の試合はマスカットスタジアムの第2試合に決まりました。ありがたいことに開会式は急遽部長もユニフォームであれば開会式に出席可となり、私も参列することができました。

まずは明日一戦ずつ勝って2連笑!!

sakusakusakusaku2010/08/07 08:04数年前に本校で臨時に勤務されていて岡山の採用試験に合格され勤めていらっしゃる先生にマスカットスタジアムで声をかけられてびっくりしました。
この大会の役員をされていました。
本当に人のご縁は不思議がいっぱいです。