sakusaku日記◆山口

昨年度からは、宇部市内の小学校に勤めております。 この学校の前は、埋蔵文化財センターで遺跡を発掘調査していました。
私のNo1宣言は…『夢をあきらめない男日本一!』です。
私の夢は…①【学校】×『学び合い』×「自問清掃」×「てっぺんの朝礼」→∞(「無人購買部」) です。
       ②マンガやアニメで宇部市を活性化させ、シャッター街に活気を甦らせる!
          
   いろいろな方々と出会って、いろんなことを学ばせていただきたいと思います。
    
     

2010-01-04

龍馬伝スタート

| 05:41

f:id:sakusaku0428:20100104051205j:image

普段ドラマは見ないのですが、この「龍馬伝」は見ようと思っています。

ここでは

新渡戸稲造著の「武士道」の目次などを紹介します。

f:id:sakusaku0428:20100104051333j:image


序文にある問題提起…「あなたがた(日本の)の学校では宗教教育というものがない、とおっしゃるのですか」とこの高名な学者がたずねられた。私(新渡戸氏)が、「ありません」という返事をすると、氏(ベルギー法学ラブレー氏)は驚きのあまり突然歩みをとめられた。そして容易に忘れがたい声で、「宗教がないとは。いったいあなたがたはどのようにして子孫に道徳教育を授けるのですか」と繰り返された。

(目次)

第1章:武士道とは何か

第2章:武士道の源をさぐる

第3章:「義」…武士道の光り輝く最高の支柱

第4章:「勇」…いかにして肚を錬磨するか

第5章:「仁」…人の上に立つ条件とは何か

第6章:「礼」…人とともに喜び、人とともに泣けるか

第7章:「誠」…なぜ「武士に二言はない」のか?

第8章:「名誉」…苦痛と試練に耐えるために

第9章:「忠義」…人は何のために死ねるか

第10章:武士は何を学び、どう己を磨いたか

第11章:人に勝ち、己に克つために

第12章:「切腹」…生きる勇気、死ぬ勇気

第13章:「刀」…なぜ武士の魂なのか

第14章:武士道が求めた女性の理想像

第15章:「大和魂」…いかにして日本人の心となったか

第16章:武士道は甦るか

第17章:武士道の遺産から何を学ぶか

漢字一文字で表すと…

| 05:06

昨年の最後の学年集会で「今年(去年の12月まで)1年を漢字一文字で表すと何になるか」ということについてみんなで個々に考えてみました。生徒のみなさんから集めたものの中から総務委員さんたちが選んで発表しました。その後、私たちも発表しました。

私は…

f:id:sakusaku0428:20100104045311j:image

にしました。これは去年1年だけでなく、これからずっと考えて行動したいことがらです。

「だれの為に、何の為に、何を為すのか、為すべきなのか…また為さないべきなのか…」

という意味でこの字に決めました。

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も… 成らぬは人の為さぬなりけり」

米沢藩主・上杉鷹山の歌。バレーボール界の東洋の魔女をつくられた大松監督さんもこの歌を大切にされていたそうです。

大松監督さんは、今では当たり前かもしれませんが、当時画期的な、回転レシーブや変化球サーブを編み出した方だそうです。

まさに「今日のすごい技術は、明日の当たり前」

コロンブスの卵」はどこにでも転がっているのかもしれませんね。ただし、見つけようともがいてもがいて、諦めかけたときにふっと見つけられるようなものかもしれません。探し物もそんな感じで見つかりますよね。