sakusaku日記◆山口

昨年度からは、宇部市内の小学校に勤めております。 この学校の前は、埋蔵文化財センターで遺跡を発掘調査していました。
私のNo1宣言は…『夢をあきらめない男日本一!』です。
私の夢は…①【学校】×『学び合い』×「自問清掃」×「てっぺんの朝礼」→∞(「無人購買部」) です。
       ②マンガやアニメで宇部市を活性化させ、シャッター街に活気を甦らせる!
          
   いろいろな方々と出会って、いろんなことを学ばせていただきたいと思います。
    
     

2009-12-27

トム・クルーズ

| 06:28

先日「最後の侍(ラスト・サムライ)」が放送されました。

トム・クルーズといえば、「ハスラー2」や「カクテル」も有名です。

ハスラー2」ではポール・ニューマンと出ていました。

ハスラー1」のポール・ニューマンもめちゃくちゃ格好いいです。

大学生のときにこの映画を観た直後にビリヤード場に向かっていました。

カクテル」はVHSを持っています。

バーテンダーのお話の「カクテル」とお侍さんのお話の「ラスト・サムライ」は似ても似つかない映画という見方をされることが多いと思います。

しかし、この2つの映画には共通点がいくつかあり根底に流れている価値観は同じものだと感じています。

(共通点)

トム・クルーズが主人公(当たり前ですね)しかも格好良い

②主人公は小さなことがらに気づけるようになる

③大きな視野でものごとを考えられるようになる

④手の中にある小さくて素朴かもしれないけれど、大きな幸せを手にいれる。

 しかも多くの本当の仲間たちと…

もっとわかりやすく言えば、どちらも「青い鳥」というお話を具現化したようなものだと思います。

トム・クルーズさん自身はセリフを読むのが苦手でサポートを受けながらお仕事をされていらっしゃいます。つまり、側には絶対的に信頼できる仲間がいらっしゃるのです。

何度観ても素晴らしいなぁと感動させられます。

今夜は「武士の一分」を観て『武士道』について学びます。