sakusaku日記◆山口

昨年度からは、宇部市内の小学校に勤めております。 この学校の前は、埋蔵文化財センターで遺跡を発掘調査していました。
私のNo1宣言は…『夢をあきらめない男日本一!』です。
私の夢は…①【学校】×『学び合い』×「自問清掃」×「てっぺんの朝礼」→∞(「無人購買部」) です。
       ②マンガやアニメで宇部市を活性化させ、シャッター街に活気を甦らせる!
          
   いろいろな方々と出会って、いろんなことを学ばせていただきたいと思います。
    
     

2009-12-31

新年のご挨拶

| 08:37

昨日、面白いことがありました。

12月30日なのに、1月1日の新聞が届きました。そして今日は日にち通りの12月31日の新聞が届きました。明日は再び1月1日の同じ新聞が届くのかな?

今日の午後から私の実家にお泊まりしますので、明日の元旦の挨拶を先にさせていただきます。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。


早速ですが、昨年出会った素晴らしい本(方)を紹介いたします。

「生きがいの創造」は以前も紹介いたしましたが、今回は「生きがいの創造Ⅱ」です。

元気を失っている方や不安に直面している方に紹介してみてはいかがでしょうか。

劇化して文化祭などで公演すると面白いかもしれませんね。

p38より

【仮説1】

人間は、トランスパーソナルな(物質としての自分を超えた精神的な)存在であり、その意味で、人間の生命は永遠である。

(死後生仮説:life after death hypothesis)

p41より

【仮説2】

人間の本質は、肉体に宿っている(つながっている)意識体(spirit,soul)であり、修行の場(学校)である物質世界を訪れては、生と死を繰り返しながら成長している。

(生まれ変わり仮説:reincarnation hypothesis)

p42より

【仮説3】

人生とは、死・病気・人間関係などの様々な試練や経験を通じて学び、成長するための学校(修行の機会)であり、自分自身で計画した問題集である。したがって、人生で直面するすべての事象には意味や価値があり、すべての体験は、予定通りに順調な学びの課程なのである。

(ライフレッスン仮説:life lesson hypothesis)

p46より

【仮説4】

人生では、「自分が発した感情や言動が、巡り巡って自分に返ってくる」という、因果関係の法則が働いている。この法則を活用して、愛のある創造的な言動を心がければ、自分の未来は、自分の意志と努力によって変えることができる。

(因果関係仮説:the law of causality hypothesis)

p50より

【仮説5】

人間は、自分に最適な両親(修行環境)を選んで生まれており、夫婦や家族のような身近な人々は、「ソウルメイト」として、過去や未来の数多くの人生でも、立場を交代しながら身近で生きる。

(ソウルメイト仮説:soul mate hypothesis)


自分が発した相手に対する言葉は、時として、自分に言い聞かせたい言葉だったりします。

以前スピリチュアルなゲームをやったときに

「命はいつまでありますか?」と聞いたことがあります。

そのときの応えは「無限。何度も生まれ変わる。」でした。当時は意味不明でしたが、今はその真意が分かるような気がしています。


『あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きますよ!』

いよいよ大晦日

05:34

いよいよ今年も残すところラスト1日となりました。

明日は2010年のスタートです。

今日と明日と大きな違いは、これといって無い同じ一日ではありますが、節目をつけてまた新たな気持ちで「夢の実現」へむけて、みんなで挑戦していこうと思います。

今年は今までになくツキまくりでした。

新春そうそう、てんつくマンさんにも会えますし、必ずどこかでつながっている全ての人々との出会いを大切にして「夢の方程式」を広げていきたいと思います。

来年もみなさんも「ツキまくり」でありますことを祈っております。

1年間お世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。

2009-12-30

ドリームジャーニー

| 04:50

カテゴリーは一応「趣味」ということにしてみましたが、私の「趣味」という「趣味」ではありません。同僚の仲間の先生の御趣味です。

ときどき混ぜてもらって一緒に楽しんでおります。

今回の有馬記念は1月23日の会合に参加する資金をつくるために気合いを入れて参加させていただきました。

といっても馬の名前を一切見ずに… 結果も…撃沈でした

TV放送を見ていて、「ドリームジャーニー」という名前が気になりました。

まさに上越教育大学への「夢の旅」…

見ていたTV番組は最終回の「ドリーム競馬」しかも自分たちが買っている馬券は「ドリーム」そのものでした。

馬券という「夢」は散ってしまいましたが、まだまだ「夢の旅」は続きます。

「宝くじ」(忘年会でいただいたたった1枚)が残っています!

ありがたい本とありがたい書

| 04:13

飯田史彦さんの「生きがいの創造」です。

読むときっと「自信」と「勇気」がわいてきます。

つまり、「道」を切り開くことができるようになってきます!きっと…

f:id:sakusaku0428:20091229060212j:image

学校で教師をされていらっしゃる方たちは、このⅡの本に紹介されているお話を劇化して文化祭などでやってみると面白いかもしれませんね。


ありがたい書(ありがたいでしょう? いや ありがたいで賞?)

f:id:sakusaku0428:20091229060355j:image

べっきーちゃんのサインです。彼女の人柄が出ているコメントだなーと思っています。

妻も娘もますますファンになりました。

サインを書いてもらいに楽屋に行くと、タイミング悪くステージ本番前だったそうです。

そんなときもきちんと優しく丁寧に対応していただいて、本番後にゆっくりと手渡ししていただいたそうです。


「ありがとう」=「謙虚さ」 ではないでしょうか…

「10人の法則」の中で、「感謝の気持ちを手紙にして10人に送る」というのがあります。きっと、今ある自分の意味を再確認することができます。

「自信」や「勇気」を失いかけている人にはおすすめの実践です。

この実践のすごいところは、手紙をもらった人も「自信」と「勇気」がわいてくるところです。

年賀状もこの「10人の法則」と同じ気持ちで実践すれば、∞(無限)に広がっています。

2009-12-29

10人の法則

| 05:49

年賀状が終了し、「10人の法則」も終了し今から封筒を出しに行きます。

封筒の中に年賀状を入れたものは年賀状としては配達できないとのことです。

元旦よりも早く年賀状が届いてしまうことになってしまいますが…

配達員の方にとっても分散化されて助かる??かなー

この「10人の法則」の著者である西田文郎さんはスポーツ界では「No1理論」で超有名な方です。

「面白いほど成功するツキの大原則」もオススメの1冊です。

この本を読んで『考え方』を変えるだけで、ツキがどんどんやってきます!!!

f:id:sakusaku0428:20091229054305j:image

2009-12-28

かたじけない

| 06:42

私としたことが…

昨晩の「武士の一分」途中で眠ってしまいました。

木村殿、かたじけない


今朝は、年賀状に一筆入れながら、「硫黄島からの手紙」を見ています。

年賀状が終わったら…

いよいよ「10人の法則」を達成にするためにお手紙を書きます。

2009-12-27

トム・クルーズ

| 06:28

先日「最後の侍(ラスト・サムライ)」が放送されました。

トム・クルーズといえば、「ハスラー2」や「カクテル」も有名です。

「ハスラー2」ではポール・ニューマンと出ていました。

「ハスラー1」のポール・ニューマンもめちゃくちゃ格好いいです。

大学生のときにこの映画を観た直後にビリヤード場に向かっていました。

「カクテル」はVHSを持っています。

バーテンダーのお話の「カクテル」とお侍さんのお話の「ラスト・サムライ」は似ても似つかない映画という見方をされることが多いと思います。

しかし、この2つの映画には共通点がいくつかあり根底に流れている価値観は同じものだと感じています。

(共通点)

①トム・クルーズが主人公(当たり前ですね)しかも格好良い

②主人公は小さなことがらに気づけるようになる

③大きな視野でものごとを考えられるようになる

④手の中にある小さくて素朴かもしれないけれど、大きな幸せを手にいれる。

 しかも多くの本当の仲間たちと…

もっとわかりやすく言えば、どちらも「青い鳥」というお話を具現化したようなものだと思います。

トム・クルーズさん自身はセリフを読むのが苦手でサポートを受けながらお仕事をされていらっしゃいます。つまり、側には絶対的に信頼できる仲間がいらっしゃるのです。

何度観ても素晴らしいなぁと感動させられます。

今夜は「武士の一分」を観て『武士道』について学びます。

2009-12-26

手塚一志の上達道場

| 19:11

「人間運動力学」といいますか、野球だけでなく、走ったりゴルフであったり様々なスポーツに取り込むことが可能だと思います。

息子はまだ2歳ですが、息子のためにDVDを注文してみました。

手塚さんの本は…西川先生の本と同じくらい持っています。

(上達屋のHPより一部抜粋)

□ピッチングのコーディネートとは?

•上達屋では投げ方を教えません。

 

•マンツーマンのピッチングメカニクス調整(点検・整備・チューンアップ)です。

  

•あなた自身がどんな投手になりたい(近づきたい)と考えているか教えてください。

•プレーヤーが持っている才能を大切にしつつ最適な調整を施します。

•ピッチングはとてもデリケートです。絶好調と思ったその日が実はスランプの入り口だったということが珍しくありません。

 

•F1のマシンがピットインして、メカニックのメンテナンスを受け、またレースに復帰するように、あなたのピッチングも上達屋で点検・整備を受けチューンアップし、グランド上を思う存分暴れ回ってください。

2009-12-25

サンタがやってきた

| 01:19

我が家にもサンタさんがやってきました!

息子は新幹線のおもちゃを、娘はプリキアのパジャマでした。

2人とも大喜びしていました。

f:id:sakusaku0428:20091225183340j:image

f:id:sakusaku0428:20091225184008j:image

私は娘が描いたサンタさんとにごり酒をいただきました。

今年のにごり酒も美味しく、3000本の販売だそうですが、

もう1500本くらい売れているいるそうです。

飲んでみたい方は、お早めに購入された方がよろしいかと…

クリスマスツリー

| 06:43

昨日終業式でした。朝学校に行ってみますと…

昇降口の前にクリスマスツリーが!!!

本校初の試みで、「おやじの会」の方や教頭先生が創られたそうです。

サンタのおじさんはやっぱり近くにいらっしゃったのですね。

f:id:sakusaku0428:20091224073900j:image

私も我が家のサンタとして(むしろソリを引っ張るトナカイかな)家族を車に乗せて、市内でデコレーションしている家々を見て回りました。

f:id:sakusaku0428:20091224190150j:image

f:id:sakusaku0428:20091224191537j:image

f:id:sakusaku0428:20091224193636j:image

ちなみに、常盤公園の企画は26日までだそうです。

2009-12-24

大掃除

| 16:24

今日は大掃除のとき、教室で掃除をしていると、ある生徒が「今日からまじめにやるから…」と言ってほうきをやりはじめました。

私はめちゃくちゃ嬉しかったです。感動しました。

なぜなら、その子は私が先日名前を呼び捨てて叱った子だったからです。

私は「こちらこそ、申し訳なかった…」と心では言ってましたが、素直に声に出して言えませんでした。「正直清掃」はまだまだです。私も、まだまだこれからです。

でもめちゃくちゃ嬉しい気持ちで最後の掃除をすることができて感謝しています。

自由学校の設計

| 05:59

今読み終わりました。凄すぎます。

「自分の子をここに通わせたい」「自分もここで勤めてみたい」と思いました。

そして「もしも自分が学校を創るようなことがあるなら、こんな学校を創ろう」と思いました。

そして改めて今私にできることは何か?を考えてみました。

それは『学び合い』と「自問清掃」だと再確認しました。

そして私の場合は原動力は「てっぺんの朝礼」です。

昨日は、奇跡の集落「やねだん」が紹介されていましたが、あそこで活き活きとされていらっしゃる人たちのように、子どもたちを活き活きとさせたい。

みんなで「競争」ではなくて『共創』するような社会創りに貢献していきたいと思っています。

小さな第一歩として、この本を校長先生におすすめしてみようと考えています。

(メモ:本より抜粋)

p98

「困った子というのは、実は不幸な子である。彼は自分自身とたたかっている。その結果、まわりの世界とたたかうのだ。」(ニイル『問題の子ども』より)

p106

「為すことによって学ぶ」(デューイ)

p127

「自由になるというのは、孤独が増すこと」(E・フロム『自由からの逃走』より)

人間の成長とは、心理的な「へその緒」から解放され、自分自身に気付き、外面的な権威への依存をやめて、自分自身の主人公になる課程である。この自由人への成長を妨げる最も大きな障害が、罪の意識つまり自己否定の感情や自己憎悪である。初めに述べたように、今日の子どもの内面には、避けがたい自己否定感情がわだかまっている。現代は、子どもたちにとって自由な人間へと育ちにくい時代といってよい。

p159

つまりこの時期の幼児は、「ぼくは、おとうさんとは違う」「わたしはわたしよ」と自己主張したくてたまらないのである。それが正しい発達のすじみちなのだ。平井信義さんの表現を借りれば、「親や大人に反抗する子どもこそ、自発性が順調に発達している『よい子』である」といってよい(『子どもに「まかせる」教育』より)

ytk0820ytk08202009/12/24 18:53『共創』、いい言葉ですね。それと、堀先生も自己肯定感という言葉を書籍の中で使っておられたと思いますが、この「自己肯定感」は今の学校現場でも叫ばれている言葉だと思います。でも、多くの学校は結局、お題目でしかない気がします。そして、この本を読めば読むほど、今の学校の中で皮肉にも自己否定的な子どもを作り上げてしまっているのかもしれない、と考えさせられます。きのくにの教育にしても『学び合い』にしてもこれからの教育の道しるべたり得るものがあるわけですから、多くの教育関係者に知ってもらいたいですね。...sakusakuさんの学校の校長先生、どのような感想を持たれるのでしょうか。多くの部分は共感されるかもしれませんが、気になりますね。

sakusaku0428sakusaku04282009/12/25 06:30ytk0820さん、コメントありがとうございます。
教師が生徒を「管理」する、という考え方があります。教師と生徒が『共創』する、という『考え方』もあると思います。
今本校では、異装や茶髪などの生徒は「きちんと正してから再登校して教室に入る」という至極当たり前の指導を行っています。しかしこれは、教師が生徒を「管理」する考え方の限界だとも私は思っています。
この「考え方」「方法」では、何年やっても「給食をみんなと一緒に食べたかった」という生徒はなくならないと思います。この限界を超えていくには「教師」だけでなく「生徒たち」の力が必要不可欠だと思います。
私は、もちろん同僚である「先生方」と主人公である「生徒たち」と一緒に限界を突破するつもりです。

例えば、「教師」や「親」が「きちんとして高校に行こうや」とか「きちんとしろ」というよりも、仲間である「生徒」が「きちんとして一緒に高校に行こうや」と言ってくれた方が何百倍も嬉しく勇気が湧いてくると思います。
「子どもたちは有能である」と本当に思えるかどうかが、「管理体制の強化」と『自治と自由(好き勝手という意味ではない)の強化』との分かれ目ではないかなと思っています。
「管理される」ことに慣れた子は「指示待ち人間」になりやすく、「管理される」ことに拒絶反応を示すような子は叱られる事が多々あり自己肯定感がどんどん下がっていき、負のスパイラルになっていく、とも考えられます。
では、どうすれば「負のスパイラル」から抜けることができるのか…?
多くの教師は「その生徒自身がきちんとすればいい」としか考えていないと思います。
だから「その子」がきちんとしない限りは「負のスパイラル」から脱出できません。
しかしもっと別の方法もあると思います。
「親」が変わる、そして「我々教師」も…
私はこの母校にきてかなり変わったと実感しています。
私にできたのですから、他の多くの先生方にもできると思います。
そう信じて何年たっても変わらずやり続けます。

☆TAKA☆TAKA2009/12/25 23:22↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
いい文章!元寮生のみんなにも読んでもらいたいくらい。

sakusakuくんからいろんな本の紹介もされているので、僕からも1つ。
『コルチャック先生』に関する本、ぜひ読んでみて。
約100年前、ナチスドイツに追い詰められたユダヤ人のこどもたちの‘学びの場’をつくり、
最後まで運命を共にしたヤヌシュ・コルチャックさんの生涯と歴史背景と教育実践の本。
(引用1)「・・・皆が一つの家庭のように、一緒になって笑ったり、泣いたり、怒ったりすることができるし、
      また一人ひとりが大切にされ、決して見捨てられることがない。
      そのような家庭と学校が一つになった‘ホーム’の設立が彼の夢であった。・・・」
(引用2)「・・・授業については、始まりのベルもなく、座席も決めず、授業中の移動も、出入りも自由で、
      教室の中には休憩する場所さえあった。また教科書も、テストもなく、子供たちの自発的な学習を重んじて、
      彼らが関心をもつような題材をとりあげて学習を行い、週1回は博物館や職場の見学も行われた。・・・」

どう?ちょっと興味わいてこない?

sakusaku0428sakusaku04282009/12/25 23:59☆TAKAさんありがとう!
今日は当番だったので、トイレ掃除もしました。
やっぱりトイレの神様は見ていてくださったのですね…
といっても見返りがあるからやっていることではないのですが…

今日はたくさんのキーワード(パズルのピース)をゲットすることができました。
「ヤヌシュ・コルチャックさん」初めてお聞きします。この方も大切なピースの一つ(お一人)だと感じています。
ちなみに今日当番をしながらゲットしたピースは…
中にはキーボードで打ち込むのも難しい言葉もありますが…
「ホオポノポノ」「アルボムッレスマナサーラ」「ユタ」「葉隠」です。
当番のとき事務室で座っていると隣の座席の庶務員さんとスピリチュアルな話からいただいたキーワードです。
大阪教育大学の教育実習で教えた(?)ある生徒さんから突然数年前からお手紙が届くようになりました。
しかも沖縄から。彼は沖縄で就職しているようです。
このことも何かこれらと関係があるのかもしれないなとピンときました。
何せ全てのことは、最高のタイミングで必然的に起きているのですから…

2009-12-23

夜の常盤公園

| 21:35

今日は家族で私が属しています草野球チーム「狂虎会タイガース」の忘年会に参加した後、夜の常盤公園に行ってまいりました。ライトアップ&イルミネーションがとっても綺麗でした。

ペットボトルで作ったタワーはギネスブックに申請中だそうです。f:id:sakusaku0428:20091223204908j:image

f:id:sakusaku0428:20091223205110j:image

f:id:sakusaku0428:20091223210419j:image

偶然は必然

| 16:53

昨日は職場の忘年会(歓迎会含む)でした。2次会に行く途中、同学年の4人で立ち飲み屋さんに寄り道をしました。そこで一般の会社にお勤めの3人組の方と一緒に盛り上がりました。

偶然にも、こちらのK先生とあちらの社長さんは共通のお友達がいらっしゃることがわかりました。

さらにその後、衝撃の出来事が…!!!

私たちは2次会のお店に移動しようと立ち飲み屋さんを出たところで

何と、先ほど話題になっていた共通のお友達の方がいらっしゃって

K先生は「おー、今あなたのことを話していたところよ」と言って、その方を連れて先ほどの立ち飲み屋に引き返して社長さんのところに連れていきました。

まさに、「偶然は必然」という出来事でした。

今日は18:40からのTHE・NEWSという番組で

「やねだん(柳谷)」奇跡の集落 というのがあります。

行ってみたいところです。

こんな学校、こんな地域を創っていきたいなぁと思っています。

今読んでいる「自由学校の設計」とも同じような香りがします。

2009-12-22

懇談会ありがとうございました

| 17:12

お忙しい中ご都合をつけてくださりありがとうございました。

待ち時間の読書で「自由学校の設計」も半分まで読みすすみました。

「TV見ましたよ」と言ってくださった方もありがたかったです。

動画サイトのyoutubeにありますので見てみたいと言う方はご覧ください。

いろいろなコメントもございます。

「あのチューは、親が無理矢理させて、本人はあの後泣いたのでは…」などもございますが、本人は至って楽しんでました。

しかし、「TVはもういい」とも言っております。

新年の特番でクリームシチューさん司会の「世界最強」という番組に同じ教室の小学生が出演する予定です。

ここまで弾けるようになるにはどれほどの時間を費やしたのだろうか?と考えると微妙な気持ちになりますが、少なくともウチの娘は楽しんでやっております。楽譜はまだよく読めませんが…

朝読

| 06:20

早起きして「自由学校の設計」を読まさせていただいております。

読書に関する記述をするときにはいつも心がくすぐったい感じがします。

何しろ私は教師になってから本を読む楽しさを知ったのですから。

マンガの文字を読むことさへ苦痛に感じていましたか…

「自由学校の設計」の表紙のカバーに書かれている紹介文を載せます。読んでみて、『学び合い』や「自問清掃」に挑戦していることは正しい道なんだ、と勇気がもらえました。

(引用はここから)

 内面に本人も気づかない問題を抱えた不幸な子どもは、どうしたら幸せになれるだろうか。

 説得、叱責、罰あるいは辱めなどによってではない。もちろん管理教育ではだめだ。親や教師や社会から押しつけられた古い権威主義の道徳から解放され、あたらしい生き方を見つけることこそが大切だ。この自由であたたかい共同生活の場が、サマーヒルという学園である。

 きのくに子ども村は、このサマーヒルから直接の影響を受けてスタートした私立学校である。といってもサマーヒルのコピーではない。ニイルの考え方を中心にして、それにデューイの体験学習の理論を統合した世にもめずらしい学校である。子どもたちはすこぶる元気で活動的だ。幸福なのだ。そしてたくましい。教師たち大人も、こういう子どもたちと共に生きる喜びを満喫している。子どもと同じように教師も幸福なのだ。

(引用はここまで)

【学校】は、教科(授業)というネタを通して「人間関係」を学ぶ場では、と考えるようになってきました。

そして、私たちの【人生】とは、「人間関係」を学ぶ場そのものだと思います。課題解決学習を生きているのです。しかも、その課題は自分が設定していると…f:id:sakusaku0428:20071212071937j:image

未見の我を賛美せよ

のりこのりこ2010/06/10 20:57お邪魔いたします。
この石碑は上宇部中学校でしょうか?
そして原田吾一先生?

私は上宇部出身ではないのですが
最近この言葉が気になっていたんです。

sakusaku0428sakusaku04282010/06/11 06:56のりこさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
正解です。私は、今年で母校勤務5年目となりました。この言葉は、考えさせられる言葉だと思っています。

2009-12-21

不思議な出来事

| 19:57

今日は保護者会1日目(午後)でした。懇談と懇談の間の時間を利用して「生きがいの創造Ⅱ」を読み切りました。

著者の飯田史彦先生のホームページは

http://homepage2.nifty.com/fumi-rin/  です。

いよいよ今から「自由学校の設計」~きのくに子ども村の生活と学習~

を読み始めます。

f:id:sakusaku0428:20091221195342j:image

〔今日の不思議な出来事〕

今日懇談の途中で本校の事務の方が懇談を遮るような形で教室に入って来られました。何かのっぴきならない事情でもあるのかなぁと思って事情を聞いてみますと…

事務の方「saku先生、懇談中に申し訳ございません。奥様が来られてちょっと話がしたいとおっしゃっていまして…」

saku「はぁー? 奥様って、私のですか?」

事務の方「はいそうです。」

ということなので、きりが良いところで事務室に下りてみますと…

あれれー妻と息子が事務室に。

saku「どうしたん?」

妻「わからんけど鍵がかかって家に入れなくなったんよ」

saku「???」

簡単に状況を話しますと、今日お客様が自宅に来られたそうです。みんなで自宅の外で立ち話をし子どもたちは遊んでいたそうです。そして、息子は靴下だったので「靴を履いてきなさい」と言われて玄関に行ったが鍵がかかった状態で入れなかったとのこと。妻の車の鍵や鞄は家の中。結局どの窓からも入れずに、私の鍵を取りにお客様に学校に送ってもらったのでした。

自動ロックではありませんが、内側から3カ所鍵をかけたときは外から2カ所空けなければ入り口は開きません。

妻は帰宅後1カ所では開かず、2カ所の鍵を開けて入ったそうです。

何かのメッセージなのかもしれませんが、今のところ???です。

外付けHD購入

| 06:02

昨日外付けHD(自宅用1TB、学校のノートパソコン用320MB)を買いました。

どちらも重たくなっていて動きが遅くなっていたので、これからは、動画を撮ったり、音声(はじめの語り)をコピーして何度も聴いたりということにも役立てていきたいと考えています。

2009-12-19

てんつくマンさんの上映会&トークライブ

| 18:35

今日は娘のダンスサークルのクリスマス会に家族で参加してまいりました。

息子がチョロチョロ邪魔をするので、だっこして施設内を散歩していますと…

一枚のポスターが目に飛び込んできました。

それは

「てんつくマンさんの上映会&トークライブ」でした。

てんつくマンさんは、大嶋啓介さんとジョイントで講演会をされたりしていらっしゃいます。


てんつくマン(改め軌保博光)映画監督・路上詩人

元吉本興業でTEAM-0(相方:山崎邦正)としてダウンタウンの番組で活躍中に、映画制作という夢を見つけ、引退されたそうです。

1998年より始めた、筆と墨を使った「あなたを見てインスピレーションで言葉を書きます」という“書き下ろしパフォーマンス”で路上詩人として人気を集め、これまでに6万人以上にメッセージを贈っていらっしゃいます。

2001年7月7日より1年+1日をかけ、自転車で日本一周をしながら、全国各地で個展・講演・書き下ろしパフォーマンス等を行い、映画資金を集める旅を遂行し、

2002年7月7日に東京で感動のゴールを向かえられました。

2002年、敬愛する坂本龍馬が生まれそして命を奪われた11月15日に、本命である軌保博光を封印し、日本を面白くするニューヒーロー“てんつくマン”として生まれ変わられました。

2003年1月“ひとりでは難しいかもしれないけれど、みんなでやれば必ずできる!”を合言葉に、映画の中で実際に挑戦する3つのプロジェクトを発表。

全国から参加希望のメールが続々と届く。2003年2月にてんつくマン・スタッフ共に沖縄に渡り、ドキュメンタリー映画「107+1~天国はつくるもの~」撮影開始!!

2003年8月撮影終了!2003年11月上映開始!!只今、大絶賛上映中!!!

映画製作を通じて地球環境浄化を目指し、海外支援・マイ箸運動・植林活動などなど「動けば変わる」を常に実践中

てんつくマンの活動はとても書ききれないので

http://www.tentsuku.com/

このてんつくマンさんが

1月9日(土)に山口県のセミナーパークに来られます。

早速先ほど申し込みの電話をしましたが、留守伝でした。

新年早々素晴らしい出会いがありそうです。

生きがいの創造3

| 11:41

今朝「生きがいの創造Ⅰ」(著:飯田史彦)を読みきりました。

感動しました。自分の人生の目的が何となくわかったような気がしてきました。

そして現在続編を読んでおります。

p322より

 自分がどうしてその両親を選んだのか、その両親を選ぶことにより、自分は自分にどのような成長を求めたのか、ぜひとも考えてみてください。そこには、かならず大きな理由があるはずです。

 そして、「しばらく両親と話をしていないなあ」という方、さっそく、久しぶりに電話をかけてあげてください。あなたが今回の人生を終えた時、人生の転機となったその電話のことを、しみじみと思い出すことになるでしょう。「しばらく両親に顔を見せてないわ」という方、今度の長期休暇では、「交通費がもったいない」などといかにも物質世界の悩みにとらわれていないで、ふるさとに帰ってみてはいかがですか?

 なにしろ、この物質世界に命を与えてくれた両親たちと、あとどのくらい人生をともに過ごすことができるのか、わからないのです。中間生(人生と人生の間にある生)でふたたび出会った時、たがいに懐かしく思い出を語り合えるよう、今のうちに、両親を精一杯喜ばせてあげてください。あなたが両親に対する姿を、あなたの子供たちが、じっと見て学んでいるのです。

p328より

 世の中に、価値のない仕事などありません。たとえ朝から晩まで「お茶くみ」ばかりを命じられていたとしても、実際、「お茶くみ」ほど大切な仕事はないのです。仕事に疲れてクタクタの人々に、心をこめたお茶を用意することによって、それを飲む人のストレスを発散させ、元気にしてあげることができるのです。「お茶くみ」は、自分の行為によって直接的に目の前の人を助け、幸せにしてあげられる、すばらしい仕事にほかなりません。

p356より ここには「自問清掃」や本校の石碑に通じるものがあるなぁと感じています。

その時、「死後の生命」や「生まれ変わり」に関する宇宙の法則のことを、宗教でいう「神」と同じ意味として位置づける方もいらっしゃるかもしれません。また、その法則の中で実在している「指導役の意識体」(光の存在)たち、あるいは「その中で最も偉大な魂」のことを、「神」と呼ぶ方もいらっしゃることでしょう。

 おそらく、そのような実在的な「神」を認識した方々は、たとえ周囲にだれも人間がいなくても、犯罪や不道徳を行うことはありません。人間が見ていなくても、「神様はいつもそばにいてくださり、私の言動を見ていらっしゃる」と、確かに実感することができるためです。このような方々が世の中に増えていけば、この物質世界で目先の欲望にとらわれて、犯罪をおかしたり、無益な争いを行う人間は、かならず減少するに違いありません。

p366より ここには『学び合い』の本体に関わることが書いてあるなぁと感じています。

 「地球」という惑星は、宇宙に無数に存在する意識体のひとつひとつである私たちが、「肉体を持たなければ経験できない修行や楽しみ」を体験するために、みずから希望しておとずれている「遊園地付きの自学自習センター」のようなものだと考えられます。そこでは、だれに教わるわけでもなく、自分で選んだ練習問題を解きながら、暇をみては、大いに遊んで楽しむことが許されています。遊んでばかりいては成長できませんが、勉強ばかりしているのでは、真に創造的で豊かな人生であるともいえません。

 私たちは、「愛と創造の実現に挑戦する人間生活を体験するための地球ツアー」に、みずから希望して参加している、好奇心と向上心と勇気にあふれる意識体たちなのです。

 さあ、大いに、人生という「楽しみながら学ぶ修行」に、わくわく、どきどきしてみようではありませんか。


飯田研究室のホームページは

http://homepage2.nifty.com/fumi-rin/

です。

2009-12-18

耳鳴りと地震と

| 06:30

昨日2回耳鳴りがしました。時間的にもそんなに長いものではありませんでした。

いずれも東の方角を向いていた左耳でしました。

ふと「地震が起こったりして…」と思いましたが、まさか…  という感じで昨日は終わりました。

今朝起きてTVを見ていると…

「先ほど5:46ごろ栃木県南部を震源とするM5.1震度4の地震が発生…」と報道していました。

私が住んでいるところから東側には関東(栃木県)があります。

これからは耳鳴りがしたときには、どちらの耳か?方角は?など記録をとってみようと思います。

あんなどでかい岩盤が割れ、動くのですから、きっと電磁波などが大量に放出されているはずです。ペットなどの動物が何らかの前兆の情報をキャッチしていることもあると思います。

「ナマズが暴れる」これも単なる迷信ではないと私は思っています。

2009-12-17

生きがいの創造2

| 06:20

p269より

「その人の人生に、死と『来世』に対する新しい考え方が定着すると、毎日毎日を一生懸命に生きようとする気持ちがあらわれることが多い。末期状態にある患者や死を目前にした患者がこのような気持ちを抱くと、『今、この時』を精一杯生きようという気持ちになり、死や未知なるものに対する恐怖にとらわれることがなくなるのである。

 臨死体験をしたからといって、現実の死が迫ってくることを否定したり、一刻もはやく死にたいと願ったりするようになるわけではない。むしろ逆に、生や死を理屈抜きで受け入れることができるようになり、その結果、『生きる意志』があらためて強化されるのである」

p270より

信仰心のある人は、そうでない人に比べて、孤独感におちいることがないのだそうです。なかでも孤独感に対して最も関係が強いのは、「自分の人生にはある種の目的が存在している思う」か、逆に「自分は何者であり、どこから来てどこへ行くのかがわからない」かという、実在的幸福の尺度でした。すなわち、「自分の人生にはある種の目的が存在している」と思うことができれば、私たちは、孤独感を持たないで生きていくことができるのです。

p271より

しかし、宗教として「死後の生命」や「生まれ変わり」を「信じる」ことも、科学的観点からこれらの仮説を「認める」ことも、結果として同じ効果をもたらします。それは、これらを信じたり認めたりすることによって、「自分は何者か」「自分はなぜ生きているのか」「自分は人生において何をなすべきか」という問題意識が明確になり、それらを自問することができるという効果だといえるでしょう。



私(saku)は現在勤めている母校に来て1年目の今ごろ(年末年始)、精神的にとてもまいっていました。

まず、「生徒のことが信じられなくなりました」そして「自分自身のことが信じられなくなっていきました」…負のスパイラル

そこから抜け出すことができたのは、

恩師の先生宅にうかがったときに、その先生が切磋琢磨された仲間の先生をわざわざ呼んでくださいました。

その先生は優しい口調で「お前は、まだ何もやってないじゃろーが。」と言ってくださいました。

その一言で、今までとてつもなく大きく感じていた重荷が、急に巨視的視野になっていく感じでどんどん小さな小箱のように感じられていきました。

それと同時に、頭ではわかっていたはずの「同僚や家族の存在」(そのときは、どうせだれもわかってはくれない、と考えていました)を心から感謝の気持ちで感じ取ることができ、一人ではないということが改めて実感することができました。

その翌年の3学期から「自問清掃」を何とか導入し、次の年に『学び合い』と出会って今に至ります。ここ母校で残された時間は約3年ですが、あせらずに、でも確実に一歩一歩を同僚の先生方や生徒たちと歩んでいきたいと考えています。

2009-12-16

今日は凶!?

| 20:32

今朝、起床後、階段の電気をつけずに階段を下りていたら、

最後の一段が無いと思っていたのにまだ一段あって踏み外してしまい捻挫をしてしまいました。

その後から午前中は少しは痛かったもののたいしたことないと思っていましたが、昼から午後にかけて凄い激痛がしてきました。これは、筋が伸びて炎症を起こしているな…と感じました。原因が原因だけに格好悪いですが、終わりの会の笑い話のネタにと思って生徒に話しましたが、小さい笑いもなく、さむーい雰囲気に包まれてしまいました。

放課後本屋さんから連絡がありました。

「ご注文いただいております、「きのくに子どもの村」は絶版となっておりまして…」

そうしたら「自由学校の設計」堀真一郎・著 黎明書房 (1997)を注文してみます。 


今日は、凶日のようでした。

本の注文も明日にします。

雨の止まないときはない。

明日があるさ!明日がある!

それにしても痛いっす…

2009-12-15

妻がある学習会に参加しました

| 19:58

ある会の勉強会に妻が行ってきました。場所はイエローハットの研修所です。

以下は、おそらく会を担当されている方の直筆の資料を私が打ち直したものですf:id:sakusaku0428:20091215120343j:image

f:id:sakusaku0428:20091215120200j:image

f:id:sakusaku0428:20091215115925j:image



12月度 磨けば光る りんご会 

テーマ:温かい家庭に~社会のために立派に働ける人に~

○子供の教育とは…

 子供が産まれてからではなく、母親の中にいる時からはじまっている=胎教

  →お腹に向かって声をかける、良い音楽を聞く…

 ☆母親の生活態度が重要!!

   妊娠は病気ではないので、特別扱いをするのではなく、普段通りの生活を送る

    →胎児へ影響する

○生まれてきた子供に対して

 ・つい口やかましく「ああしなさい、こうしなさい」と言ってしまいがち…

   ↓

 ・まずは、親の生活をきちんと正して子供に見せる

 ・「捨て育て」の実践

   ・子供を自然のままの姿においておく

   ・不用な心配をしない←危険を察する力が付く

 ・長所をほめてあげる←やる気を引き出す

○夫婦の愛和が第一

 ・問題行動を起こす子供の家庭は、両親が不和である事が多い

○生活の基本である

  早寝・早起き・朝ご飯 そして 家族の団らん の実践が大切です

生きがいの創造1

| 06:13

「生きがいの創造」(著:飯田史彦)の1冊目を読書中です。

この本は、大切な家族を亡くされた方や、不自由な境遇にある方や、今深い悩みの中でもがいている方に特に読んでいただきたい本です。もちろんそうでない方にも読んでいただきたいです。

自分はどこからやってきて、どんな目的で今を生きているのか?(生きるべきなのか?)を考え、前向きなものが見えてくるきっかけを与えてくれると思います。

  はじめの〔いま、本書を日本から世界に発信する意義〕の一部を抜粋

飯田先生が主張するように、我々は、自分が自分を取り巻くあらゆる事象や人物、生物たちすべてとつながっており、意味を持つ存在だということを悟った時に、はじめて「人間」という枠を超え、「国」という枠も超え、さらには「地球」という枠さえも超える、ものの見方、考え方、とらえ方、関わり方ができるようになる。このように高められた意識こそが、人類全体に関わる人種問題や環境問題に、明るい希望を与えてくれるのである。…抜粋終了

  p84にあった興味深いお話の部分を抜粋

 スティーブンソン博士は、本書のプロローグでご紹介したヒロ君のように、過去生の記憶を偶然にしゃべりはじめた幼児の事例を、世界中から集めてみました。

 たとえば、身体のどこかに「あざ」を持つ200人以上の子供が過去生の記憶を持っており、彼らはひとつ前の過去生で(前世)において、あざと同じ所を弾丸や刀剣などの武器で傷つけられて殺されたのだ、と言い張るのです。…抜粋終了


私は右足の膝の裏側に「あざ」があります。娘は背中の肩胛骨のあたりに「あざ」があります。以前から「何か関係があるのかな?」と思ってはいましたが…

2009-12-14

【No1宣言】集

| 04:07

インフルエンザにかかる人が再び増えてきました。私のクラスは夏休みに入るときに学級閉鎖(のトップバッター)になりました。もしかしたら2回目の…ということもあるかもしれませんので、ちょっと頑張って学級だよりを作っています。今回の学級だよりのネタの一つを紹介いたします。

今から紹介するのは

みんなの「No1宣言」です。この宣言には、どんな人になりたいのかが凝縮されています。だれのかがわかるかなー?

ちなみに私(saku)のNo1宣言は【夢をあきらめない男日本一】です。

シャッフルしていますので、出席番号順にはなっていませんよ。


【友だちを大事にする人日本一】

【挨拶のできる男日本一!】

【ムーンウォークができる男日本一】

【ものづくりの男日本一】

【一生努力し続ける男日本一】

【ウサビッチ日本一】

【ゲームをクリアできる男日本一】

【ハッサムで颯くんを倒す!!男日本一】

【がんばる人日本一】

【みんなの笑顔を守るために命をかける男日本一!】

【家族と友だちを大切にする男日本一!!】

【あいさつの女日本一】

【アンパンマン日本一!!】

【シャー芯を最後まで使う日本一の男】

【部活のできる男日本一】

【SNOOPY日本一!!!!】

【長生きする?人日本一!!】

【あきらめずに前へ進む日本一】

【笑える男日本一!】

【何事にもあきらめずに前向きな日本一!】

【ムードメーカーの男日本一】

【声の大きさ日本一】

【努力をやめない男日本一】

【あきらめない女日本一!】

【戦争の豆知識を知る人日本一!!】

【あいさつの女日本一】

【人にやさしくの日本一】

【一生懸命する人の日本一】

2年前の卒業文集

| 02:53

2年前の卒業文集に私が担当したある生徒Aくんが

〔みんなへ一言〕という欄に「みんなと一緒に給食たべたかった」

〔一番の思い出〕という欄に「Bくんとのチャリ暴走」

と書いてくれていました。

この学校に来て、2年生→3年生→1年生→2年生(現在) ですが

自分は成長できているのだろうか? 

もし同じようにAくんと出会ったとして、再び同じ事を書かれるのではないだろうか?

と自問しています。

教師(自分だけ)の限界だけでどうにかしようとしても、これこそが限界であって同じ事を繰り返す(同じ事を書かれる)しかないのかなーと考えています。

しかし、もし、生徒たちを含めて考えることができたなら、Aくんがいたとしてもっと違った記述があるかもしれません。

まずは、同僚の先生方(もちろん校長先生も)に自分のアイデアを話してみようと思っています。

そして、同じ職場だけでなくいろいろなところでも…

ghjalghjal2009/12/14 06:05今日、amazonで、てっぺんと自問の本を注文しました。感想は後日…?

sakusaku0428sakusaku04282009/12/14 06:51ghjalさんありがとうございます。


『学び合い』と同じように素晴らしい香りがしてくると思います。

今私は飯田史彦著の「生きがいの創造」を読んでいますが…
これもめちゃくちゃすごいです。

不安や悩みを抱えている方におすすめです。今を生きている意味が感じ取れそうです。もちろん元気な方へもおすすめです。

タッチの姉弟タッチの姉弟2009/12/14 16:06お久しぶりです(笑)
私はフランスとの架け橋になる男日本一、いやフランス一でしょうか。
かなり生活も落ち着いてきました。
ときどきレポしますね。
活動、楽しみに読ませてもらっています。
インフルエンザ気をつけましょう。

2009-12-13

本の注文

| 22:33

「きのくに子どもの村」著:掘真一郎

「生きがいの創造(上下)」著:飯田史彦

2つ(3冊)注文しました。

「生きがい…」はすぐありましたのですぐにゲットできました。

生活発表会→杉玉作り

| 04:40

昨日は、娘の幼稚園の生活発表会でした。

昨年、年小さんのときにセリフが堂々と言えなかったので、今年は気合いが入っていました。そして少しのミスはありましたが、バッチリ言えました。

今年の年小さんの劇でも、去年の娘と同じようにモジモジ言う子がいました。成長しているなーと感じましたし、その子も、来年はハッキリ言えるようになってくるんだなーと思いつつ、自分は同じように成長できているだろうか?と考えたりもしました。

私も1日1ミリずつでも成長するぞっ!!!

発表会には、私の両親も見に来てくれました。そして、先週の娘へのプレゼントに引き続き、今回は息子へのクリスマスプレゼントがありました。

たたくと笑い声などいろいろな音が出るおもちゃですが、息子も娘も大喜びでいつまでも遊び続けています。

f:id:sakusaku0428:20091213043442j:image


夕方には、妻の実家で行われている杉玉(酒林さかばやし)つくりに行ってみました。山口県のケーブルテレビでお母さんが説明しているのが放送されています。

今回は60人くらいが参加され大盛況でした。

f:id:sakusaku0428:20091212153819j:image

2009-12-12

立ち会い演説会&ワックスがけに感謝!

| 05:35

9人の立候補者の中から、新執行部の4人を選出する選挙です。どの立候補者の演説も素晴らしかったです。立候補者だけでなく、応援者による応援演説も素晴らしかったです。

4人の立候補者が「自問清掃」のことにふれてくれて、「さらに良くしていきたい」と話してくれました。ありがとうございます。

実は、母校である○○中学校に来て4年目になりますが、すべての人の演説を聴くことができたのは今回が初めてでした。

理由は、自分の体調が悪くて休んでいたり、邪魔をする生徒に対応していたり…

来年は、病気で休んでいる人は仕方がありませんが、それ以外の生徒全員で、今年のようにみんなできちんと聴ける会にしていきたいと思います。



放課後は、ワックスがけでしたが、多くの人が残ってくれて3つの教室を短時間で済ませることができました。

残ってやってくれた人たち、ありがとうございます。

その後さらに残って開票作業をしてくれた、選挙管理委員さんもお疲れさまでした。

2009-12-11

子どものためにできることは何か?

| 05:58

「自分の子どものために、今できることは何か?」

「自分の子ども以外の子どものために、今できることは何か?」

『私は、私が今できることをやる!』これに尽きると思います。

自分の子どもを、どんな先生に… どんな学校に… お任せしたいか?

私は『学び合い』の考え方を大事にされる先生に… 自問清掃に挑戦するような学校に… お任せしたいと考えています。

だから、私は、まず今自分が勤めているところで

学び合い』と「自問清掃」を実践し、自分の学校の内外にこれらをひろげていくような情報発信をし続けることが大切だと思っています。

自分の子どもが通う学校だけでいいはずがありません。

宇部市の… 山口県の… 中国地区の… 日本の… 世界中の…  学校に広がっていったとき、本当の世界平和が創れると考えています。

昨日、先輩の先生とお話をしていて、「以前、ここ○○中学校で、「自問清掃」を始めようとされた方がいらっしゃった」ということを知りました。

自分と同じことを考えていらっしゃる大先輩がいらっしゃるとわかり、勇気が湧いてきました。

その大先輩のためにも、顔晴りたいと思います。

2009-12-10

ワックスがけのための清掃

| 20:12

ワックスがけが明日の放課後ありますが、その準備として机や椅子の脚の裏に付いているホコリを爪楊枝でほじくったりしながら掃除をしました。

床磨きもしました。みんないつも以上に取り組んでいたことに感動しました。

明日のワックスがけも楽しみです。

ちなみに明日は、生徒会選挙の立ち会い演説会や投票・開票作業もあります。

新しい生徒会の執行部が決まります。

ダンス

| 02:53

娘のダンスの発表会をみたときに、みんな本当に楽しそうに踊っていました。

それを見ていると、自分まで踊ってみたくなってきました。

朝食時にダンスのビデオ(MCハマーやブレイクダンス2)を見ています。

音楽やスポーツ(身体を動かすこと)はストレス発散にも効果有り!!!

2009-12-09

お菓子の家

| 21:24

妻と息子が地域の子育てイベントに参加してお菓子の家を作ったものです。

娘は「もう食べちゃうの?もう少しおいておこうやー」と言っていましたが

食後にみんなでいただきました。

f:id:sakusaku0428:20091209195955j:image

f:id:sakusaku0428:20091209195856j:image

先立つ苦労…生徒のコメント

| 05:19

Kさんからいただいたメール(どやさんのブログ)の中に

このままの勉強量を淡々とこなすとして、あと43日後のセンター試験、あと104日後の高校入試を迎えたと想像しよう。

 その時の自分が、「もし、後悔するとするとしたら、何を後悔するだろうか」を考えて、紙に書き出す。

とありました。

みなさんは、【3学期の学年末テスト】や約1年後の【入試】が終わったときに、何を後悔するでしょうか?  

「勉強」のことだけでなく「部活」や「習い事」のことについて考えて書いてもOKです。

〔勉強・学年末テスト・入試〕

・もっと勉強すればよかった。(7人)

・もうちょい勉強したらよかった。

・もっと前からテスト対策をすればよかった。

・ある解答をちょっとしたミスで間違えたこと。

・ケアレスミスをなくしておくべきだった。

・間違えたりした問題とかわからなかったりした問題をそのままにしていた。

・もう少し基本に返って勉強しておけばよかった。

・もっとはやく勉強をはじめればよかった。テレビを見ずに一生懸命取り組めばよかった。

・もっと前から勉強すればよかった!!!!

・学期末は「あー今回も点低いなー」。入試は「受かるわけないか…」

・マンガを読んでいたこと。

・もっと頑張ればよかった。

・もうちょっと本気でやればよかったなー。


〔部活・習い事〕

・もっと真剣にやっていればよかった。(2人)

・もっと練習すればよかった。

・もう少し練習をしておけばよかった。

・もっと練習をしたら勝てたのにな。

・部活でいい成績を残せばよかった。

・もっと部活などをやっておけばよかったこと。

・部活をもっと頑張ればよかった。

・もっと上をめざしてればよかった。

・部活をやめないで、続ければよかった。

・パソコンをしていたこと。

・うごけばよかった。

・やってない。

・習い事をすればよかった。

・英語の習い事に行っているのに、テストの点数が上がらなかった。

・がんばればよかったー。

・時間があるときはちゃんとして、時間いっぱい頑張ればよかった。

・時間を有効的に使えばよかった。


〔その他〕

・きちんとすべきことをすればよかった。

・授業態度を良くしたらよかった。

・一生懸命になればよかった。

・もう少しプラモデルを作りたかった。

・?

・特になし

・なし


宿題を出してくれてありがとう。

出していない人も先立つ後悔をしてみてください。本当に大切なのは… 

まずは「宿題を出すこと」よりも、「自分なりに真剣に考えてみること」ですので。


今回ここに紹介いたしました「後悔」は、もう過ぎ去ってしまったことについては取り返すことはできません(だれも時間を取り戻せません)が、

これから先の未来のことであれば、まだまだどうにでもなります。

中には、「部活をやっておけばよかった」というコメントがありますが、中学生として来年の長くても10月で引退ということを考えると残り1年をきっています。

確かに微妙なタイミングだと思います。

このタイミングで入部するには相当な勇気がいるとは思います。

しかし、「思い立ったら吉日」という言葉があります。

周りの人が何と言おうが、思い切って「入部してしまう」というのもありだと思います。「やっておけばよかった」と「後悔」なんかする前に…

【未来】はつねに、【今という瞬間】から始まっています!!!

そして【今】をどう生きるかによって【未来】を創ることができます。

【未来】を変えることだってできます。

たった一度しかない自分の人生を、自分で(ときには友だちの力を借りて)

楽しくしていきましょう!

ちなみに私の後悔は…

教室の後ろの学級文庫に置いてありますが、卒業文集に載っている、ある生徒のコメントに「みんなと給食が食べたかった」とあります。

もっとはやく『学び合い』に挑戦していれば彼を救うことができていたかも…と後悔しています。

彼は、卒業式には髪の毛も黒くして、服装もきちんとして出席してくれました。

卒業式が終わったら、トイレでボンタンにはきかえて最後の学活をみんなと一緒にしました。お父さん方の中には、「ほほー、まだこういう子がいるんだ。懐かしいなー。」というような眼差しで見ている方もいらっしゃいました。

その彼とはときどきメールでやりとりもしています。ありがたいことだと思います。

2009-12-08

にごり酒完成

| 19:40

f:id:sakusaku0428:20091208193730j:image

「にごり酒」「貴」「男山」のご注文の連絡先は

永山本家酒造場

0836-62-0088  まで。

自問だより第14号完成

| 18:32

これと、『学び合い』山口の会のパンフレットを市内の全小中学校の研修主任さんにお手紙でおくり、各学校で回覧していただくようにお願いしてみました。


通勤中に時々お見かけする、市長さんにも渡してみようかなーと考えています。

f:id:sakusaku0428:20091208183130j:image

f:id:sakusaku0428:20091208183121j:image

夢エール

| 04:58

今日は、居酒屋「てっぺん」の大嶋啓介さんから毎日送られてくる「夢エール」を紹介いたします。登録は無料です。登録時にいくつか簡単な質問がありまして「あなたの夢は何ですか?」という問いに応える。毎月1日に「自分の夢を確認する」メールがきます。

あの菊池投手も登録して読んでいるそうです。

実は百万遍ボーロも夢エールで知りました。

以下が夢エール821号です。

↓↓↓↓

こんばんは♪♪


今日もワクワクさまです♪♪


『泣くほどつらい経験をすると

泣くほどうれしい事に出逢える。』


今日も素敵な質問をご紹介します♪♪

続きを読む

2009-12-07

格闘塾のどやさん(山田一夫さん)のメルマガより

| 05:58

sakuさん、おはようございます!

Kさんからプレゼントされた以下のメールをもとに、今日の学活の授業をおこなってみようと考えています。



私(夢我夢中のKさん)が尊敬申し上げてます、どやさん(山田一夫さん)のメルマガを転送します。(Kさんからプレゼントされたメールを転記させていただいております)

お時間があるときにでも読んでください。

↓↓↓↓↓

センター試験まであと43日

大阪府立試験後期試験まであと104日

今年もあと27日

12月5日 

総復習の土曜日

我が人生史上、最強・最善・最高・最幸の土曜日にすると、ここに誓う。

-------------

 今月の目標

 限界突破!

-------------

【先立つ後悔をする】

このままの勉強量を淡々とこなすとして、あと43日後のセンター試験、あと104日後の高校入試を迎えたと想像しよう。

その時の自分が、「もし、後悔するとするとしたら、何を後悔するだろうか」を考えて、紙に書き出す。

キミは、43日後、104日後に、後悔しないためには、今から何をするだろうか?

反省とは、やった後に考えるもの

後悔とは、やらなかった後に考えるもの

今日、先に後悔をしてしまう。

そして、今から、やらなければいけない事柄、心構えなどを明確にする。

それを計画に織り込み、43日後、104日後に、するはずだった後悔をしないようにしてしまうのだ。

そうすれば、絶対合格しか選択肢はなくなる。

いいね、先立つ後悔を今日してしまおう。

今日も人生最高の一日を過ごすために、トコトン熱く熱く熱く生き切り、当たり前の完全燃焼の瞬間を積み重ねるのだ。

爆走だぜ!

今日も、

いいこと言って

いいことして

いいこと思って

いい人になろう

(三重県伊勢市「修養団」中山靖雄先生のお言葉)


今日も一日元気で明るく温かく笑顔で過ごすこと。

そして、今日を人生最高の一日にするために努力を惜しまないこと。

『いってらっしゃい!』

「ポン!」(肩を叩いた音)

☆☆☆☆☆☆☆

メルマガの登録解除はこちらからお願いします。

http://www.mag2.com/m/M0058328.html


「格闘塾」のブログはこちらです。

また、『入魂格闘手帳』も販売しています。

http://plaza.rakuten.co.jp/doyaemon/

http://ameblo.jp/kakutojuku/

ybhdv7ybhdv72009/12/07 21:38すごい意気込みですね!
刺激受けます。

sakusaku0428sakusaku04282009/12/08 18:28たった一度しかない人生、楽しく素晴らしいものにしたいですよね!

2009-12-06

ダンスの本番

| 16:31

今回で15回目の発表会だそうです。

自分の娘だけでなく、周りの子たちの成長も見られて元気が湧いてきました。

年に1回の発表会に向けて、1年間みんなで準備をします。見ていると、楽しそうにやっているので、自分も踊りたくなってきます。

お勉強や自問清掃もこんな感じで取り組むことができたら最高に楽しいだろうなぁ…

それにはまず、私自身が授業(『学び合い』)や「自問清掃」を楽しむことが大事だと再認識しました。

f:id:sakusaku0428:20091206113439j:imageステージの横より音響さんや照明さん、駐車場の整理や受付の方々もお疲れさまでした。ダンスの先生方も、また次の発表会へむけてよろしくお願いいたします。

2009-12-05

ダンスのリハーサル

| 16:50

今日は昼から娘のダンスの発表会のリハーサルがありました。このリハーサルは家族向けの発表会を兼ねています。明日の発表会本番は、友だちなどの一般の方がたくさん見に来られます。良いアイディアだなーと思います。

娘はいつも以上に張り切って踊っていました。知っている娘の友だちもみんな上手に一所懸命踊っていました。

感動しました! 勇気をもらいました!! 元気をもらいました!!!

明日も楽しみです!!!!

怒り→叱り→反省→再チャレンジ

| 05:36

maya1さんのブログより一部抜粋

21世紀における教育のあり方:樋 口 廣太郎(アサヒビール(株)名誉会長)

 教育のあり方で、私が日頃から大切であると思う視点は次の三つです。

 第一に、教育の始まりは「自分で考えること」にあるという点です。

 第二に、教育の本質とは、その人の持っている才能を発見し、それを伸ばすことではないかと思います。

 第三に、教育の根本は、親や教師が一方的に与えるものではなく、お互いをよく理解することにあるということです。

 エデュケーションの元来の意味は、「引き出す」ということであり、互いに情報を与え、考えていることを引き出し合う、それによって相互理解を深めることこそが教育の原点にあるべきです。「教えてやる」という態度で臨んだら、教育は成り立ちません。

(引用おわり)

昨日は「自問清掃」の取り組みについてあまりにも情けなくなって、怒りがこみ上げてきて、叱ってしまいました。

「注意・指示・命令」をしないという約束を破ってしまいました。

反省しています。

ただ、今までは、引用文でいうところの「教えてやる」的な感じだけで注意や指導をしていたと思いますが、それとは違った感じで話すことができました。

これからもまた、今まで以上に「この子たちならきっと大丈夫。きっとできるようになる。」と信じて、一緒に取り組んで成長していきたいと思います。

2009-12-04

ダンス発表会のリハーサル

| 19:55

明日は娘のダンスの発表会のリハーサルがあります。

様々な年齢の方が集まっていろいろなダンスをします。

偶然にも私のクラスの子もいます。

最近では男の子も増えつつあるようです。

おばさんはいてもおじさんはいないんですけどね…

日曜日の本番に向けて自宅でも練習中です。エレクトーンは少しお休みして…

2009-12-03

自然界の中に見られる真理

| 22:15

見方によっては、単なる「偶然の一致」と言えなくもないことではあります。しかし、私は、「これは真理だ」と思います。


☆同じデザインが繰り返されている。(「カオス理論」だとか「フラクタクル理論」とかいうそうですが、私は???です)

実は以下の①②③は平成19年度の研修だより60号でお伝えしたことです。今回のテスト監督で思いついたのは、この中の②に関するものです。

①・〔植物の、大まかなデザイン〕と〔葉っぱの葉脈のデザイン〕は似ている。

 ・その〔葉脈のデザイン〕を拡大してみると〔スケールは違うけど基本的なデ  ザイン〕はよく似ている。

 ・〔根〕についても同じようなデザインが繰り返されている。

②・天体について、球体の天体が、円に近い軌道で周回している。

 ・星々が集まって銀河を形成している。その銀河もいたるところに見られる。

③集団の構造は繰り返される。

 ・ただ、〔ピラミッド型〕が繰り返されるのか、〔網目状の型〕が繰り返され  るのかによって個人や集団の質は変わってくる。

f:id:sakusaku0428:20091203220621j:image

②の追加

広がり続けている宇宙→ということは時間をさかのぼって考えると、初めはめちゃくちゃ小さなもの(無)だった、と考えられる。

その「ビックバンは一つではないのでは…」というのが思いついたことです。

今この瞬間にも、広い宇宙(私たちが属していない宇宙もあるのでは)のどこかでビックバンが起きて宇宙が誕生しているのでは…

そして、〔小さい宇宙〕は、〔大きい宇宙〕の周りを周回している…

これは、ただの思いつきですが、もし、天文学にお詳しい方がいらっしゃいましたら、ご意見を伺いたいと思っています。

報告に感動!!

| 21:36

体育の先生から「saku先生、今女子は体育の授業でソフトボールをやっているのですが、一人ぼっちであふれていた子に、優しく『一緒にやろうや』と声をかけて一緒にやる子がいましたよ。」と教えていただきました。

ありがたいことです。

私も、誰かのために、優しく『一緒にやろうや』と言い続けることができる人になりタイです。 いや、なりマス!!!

(夢を真剣に叶えたいなら、「タイ」よりも『マス』を釣り上げろ!)

2009-12-02

今日感動したことを②つ

| 20:05

①私が勤めている学校への通勤路にお寺さんがあります。そこの黒板に書かれていた言葉です。

 『 だれもみな  心と体は  父母のかたみなり 』

「かたみ」というところがひらがななのがすごく深くていいなぁと感動しました。いろんな意味が込められていると思います。

②「自問だより」を創るにあたって、整美委員長さんのコメントをお願いしましたところ、素晴らしいコメントをいただきました。早速紹介いたします。

(まだ「自問だより」は完成していませんが…)

【★★委員長のコメント】

 今月の整美委員会の目標は「自問清掃の意義を思い出し、校舎に感謝して掃除しよう」です。

もう、2009年も残り1カ月をきりました。

1年の最後に、今年1年私たちを支えてくれた校舎に感謝しながら清掃に取り組みましょう。

 ここで、改めて自問清掃の目的を考えていきたいと思います。★★中学校では約2年前から、自問清掃に取り組み始めました。自問清掃とは、学校のためにやる掃除ではなくて、自分の心を磨くための時間でした。

自問清掃には、5つのステップがあります。

がまん清掃、しんせつ清掃、みつけ清掃、感謝清掃、正直清掃です。

 今月は、全校で4つ目のステップ、感謝清掃を目指していきたいと思います。感謝清掃とは、「校舎に、教室に、机に、床に、感謝しながら働けているか」というものです。これは、心の問題なので、今までより特に難しいとは思いますが、成長した自分になって新年を迎えて欲しいと思います。

3年生は、そろそろ学校生活も終わりに近づいてきました。

4月には、また、新入生も入学してきます。そうして代は変わっていきますが、その過程で、「掃除時間といえば“自問清掃”」という考えが根付いて、その積み重ねで、全校生徒が1つになって、自問清掃に取り組んでいけるような学校になっていけばいいな、と思います。

 また、整美委員会では、委員のみなさんに「自問清掃について」「花壇を大切にしよう」「ゴミを落とさないようにしよう」というポスターを創っていただきました。

どのポスターもすごく良い言葉が書いてあります。

校舎のいろんなところに貼ってありますので、見つけたときには、ぜひ立ち止まって見てください。

きっとみなさんの心に響いてくると思います。

〔生徒の、自問清掃の振り返りシート(10月)のコメントより〕

【1年生】

☆□くん、9月に注意してくれてありがとう。おかげで、10月の掃除しっかりできました。

☆何も言わなくても、チリトリを出してくれた友だちがいた。

★ほとんどの人は、先生の見ていないところでサボっている。

☆15分間だまって掃除をしていた人を見た。

☆自分の掃除した所がキレイになるとうれしい・気持ちが良いということに気づいた。良いなぁと思ったことは、私がゴミを取っていたら、□さんがチリトリを持ってきてくれて、持っていてくれた。

☆□くんが掃除を楽しそうにやっていた。(床ふきなど)

☆ぞうきんが大変なときに手伝っていた人がいた。

★最初の10分はだまって掃除ができるけど、やることが無くなったり、集中力がキレてしまうと、他の人としゃべってしまう。

★遊んでいる人は決まった人…

☆9月はしゃべりすぎていたけど、10月は15分間だまって掃除ができました。

☆今回はぜんぜん迷惑をかけなかった。しゃべることもなかったし、友だちから話しかけられても、「静かに…」という合図を…。

☆□くん…委員としてだまっていたし、迷惑なんてかけていなかった。さすが委員!!

☆みんな先月に比べて、おしゃべりが減ったと思いました。今月の目標はクラスにとって良い目標だと思いました。

☆5分間だまって取り組めたけど、次は、6分、7分と増やしていきたい。

★自分以外にしゃべるヤツいっぱいいた。じゃけー注意しよる。


【2年生】

☆みんなで協力してできた。

★仲の良い友だちと一緒だから、しゃべってしまう。

★私はよくしゃべるが、迷惑は…かけてません…。次はしっかりだまろうと思います。(反省文??)

☆みんなありがとう。

☆たまに最初から本気でしていたけど、ほとんどできなかった。今月はしっかりとできるようにしたい。

☆最初から10分はきちんとできた。次からは15分間がんばりたい。□くんは、きちんと15分間掃除をできていいなぁと思った。

☆掃除場所に、誰も来ていなくても1人でだまって取り組めた。

☆最初はだまってできるが、ラスト5分くらいで、あきてしまった。

 みんなで黙々とやれば、とても早くきれいになった。

☆自分の所が終わったら、見つけ清掃をしていた人がいたからすごいと思った。


【3年生】

☆僕は、今までみんなに迷惑をかけたので頑張った。

☆結構、他の人を見ていると、今月は「頑張ってるな」と感じらた。来月もこの調子で頑張ってくれたらいいのだが… まさに「継続は力なり」である。

★最近掃除をまったくしない人が多い。自問清掃をやめて、静かに清掃するだけにすればいいと思う。

★ほとんど自問できている人はいないと思う。でも、ほとんどの人が掃除をしていると思う。早くきれいにできていると思う。

☆授業が終わるとすぐに掃除を始めたから、自問清掃の5分前から開始して、自問清掃が終わる5分前にやることがなくなってしまった。どうにかしてやることを見つけていった。

★今月の目標をこの振り返りシートで初めて聞いた。

☆何も言わなくても、チリトリを持っていったり、持ってきたりしてくれるのが当たり前になった。

☆面倒なことでも進んでやっている人を見て、自分もがんばろうと思えた。

☆自問清掃は、初めは嫌だったけど、やっていくうちに、落ち着ける習慣が身につきました。この掃除の仕方はいいと思いました。

☆前よりも、ずいぶんきちんと掃除に取り組むようになり、楽しい気持ちにもなるようになった。

 自問清掃を始めた時は、座っている人が多かったけれど、今は座って自問する人は少ないので、自ら掃除をしたいと思っているのだと思う。まだ、私語があるので、私語をしたい人は座ってほしいし、どんどん良くなっていくといいと思う。

☆その場所の清掃が終わっても、他に汚れているところを時間中に見つけて清掃することをがんばった。

☆自問清掃をやる人が増えている。

☆1、2年のときよりは、よくなった。

☆できた。静かにすることができるようになった。□くんが机をふきやすいようにイスをのけるのを手伝ってくれた。

☆最初からちょっとだまってできたからよかった。

 □くんが、僕がしゃべっていたとき注意してくれたことがあったので、感謝しています。

『学び合い』を広げるために、どのように考え、どうしたらいいのか?

| 05:11

f:id:sakusaku0428:20091202050638g:image

幕末の志士(居酒屋てっぺん(大嶋啓介さん)のHPからコピーさせていただきました)このHPもきっといろいろな方との素晴らしい出会いが待っていますよ!


さてここから本題です。

周南市の交流会でいろいろな方とお話をしました。

それらをもとに、テスト監督をしながら、上記の本日のタイトルについて自分なりに考えてみました。

学び合い』という部分を他の考え方や実践などに置き換えてもいいかと思います。

例えば、「自問清掃」とか「てっぺんの朝礼」とか「無人購買部」とか…


【『学び合い』を広げるにはどのようにすればいいのか?】

学び合い』の考え方を受け入れてもらったり共感していただき、実践してみようという気持ちになって行動しようとする人を増やすには?

①『学び合い』を様々な理由で否定的に捉えている人へはどうしたらいいか?

 「北風と太陽」のお話の例にもあるように、ただ強引に旅人の服を無理矢理脱がせようというような説明や方法ではダメだと思う。

この「北風と太陽」というお話は本当によくできたお話だと思います。

心理学的な真理だと思います(ダジャレ)

(実はテスト監督中に、天体についての真理を見つけました。これにつきましてはまた後日紹介いたします。)


「『学び合い』は自分にもできるかも」

「おもしろいかも」

「やってみよう」

と思ってもらえるきっかけが必要かもしれないなーとも思います。

では少しでもそうなってもらうにはどんな方法が考えられるか…

・自分ではない第3者による説明でわかってもらえるかも…

・自分の授業を見て頂いて生徒の様子から感じ取ってもらえるかも…

・生徒の生の声を聴く機会で変わるかも…

・自分の全く関知していないところで、変わることが起こるかも…

人は必要に迫られないと変われないというふうな部分はあるので、必要性を創る。


②『学び合い』を全く知らない人へはどうしたらいいか?

・まず知っていただく。

・共感していただけるようにお話をする。


③『学び合い』を知っていたり、やってみたけど、どうやったらいいかわからない人へは?

まず『学び合い』の【学校観】と【子ども観】を理解し自分自身が自分の力と子どもの力を信じる。

そして、毎時間、たった5分ずつでいいので話し合いを含めた自由な時間(もちろん、みんながわかるための)を子どもたちに与えてもらえるように話をする。

その5分間は、教師が授業のまとめをした後でもOKだと思います。

なぜなら

教師がどんなにうまくまとめたとしても、わかっていない子は必ずいるので…

「みんながわかるための勉強会」、のようなイメージでOKだと思います。

そのうちに、教師は、子ども同士の会話や説明などの姿から、教師である自分よりもわかる説明ができる子どもの存在を知ることになると思います。

その後、5分→10分→15分と時間を延ばそうと思う方はそうされるだろうし、その必要性を感じない人は5分のままだと思います。

仮にたった5分ずつのままであったとしても、

「継続は力なり」それに見合った関係、力は備わってきていることと思います。



学び合い』のグループに属している、私たち自身が気をつけないといけないことは…

私たち自身が「井の中の蛙にならないように」といいますか、授業を受けている子どもたちの例で言えば「自分たちだけがわかった状態」で止まってはいけないと思います。

わかってくれない人は必ずいて、そんな人に何回言っても無駄なことは多々あるかとも思いますが、

自分が直接その人に言わなくても、いろいろな人の力がその人にも及ぶように日頃からアウトプット、情報発信し続ける必要があると思います。


「学びの共同体」を信じて実践されていらっしゃる方やその他の○○教育に挑戦している方たちを否定せずに、

一緒によりよい社会を創っていくためにできたら素晴らしいことだと思います。

「わかってくれない」「わかろうとしない」人がいても、

『誰ひとりとして切らない』

『すべての人と仲良くはできなくても、すべての人と折り合いをつける』

ことを自分たち自身が実践していくことは必要不可欠だと思います。


自治と自由(好き勝手という意味ではない)をすべての人が手に入れるために…

kurochan2008kurochan20082009/12/02 19:11はなっこりーです。
「②全く知らない人へは
・まず知っていただく。
・共感していただけるようにお話をする。」
今回の交流会はここになるのかなあ・・。sakusaku代表の語り!ステキでしたよ!!

sakusaku0428sakusaku04282009/12/02 19:54ありがとうございます。通りがかりのおじさんに話しかけましたが、「意味不明で興味なし」といった感じで逃げて行かれた方がいらっしゃいました。なかなか分からない人に、分かってもらえる説明をするのは難しいです。でも何人かの方に共感していただいて「くじけないでくださいね」と応援までされてしまいました。
顔晴れました。
はなっこりーさんの旦那さんとも野球繋がりがありまして、おもしろかったです。
はなっこりーさんのマネージャー役の旦那さんにもよろしくお伝えくださいませ。

2009-12-01

ツキの大原則

| 22:48

今日はおすすめの本を紹介いたします。

「ツキがないなー」「元気になりたいなー」という方こそぜひ!!!

f:id:sakusaku0428:20091201224651j:image

本の内容

ツキの秘密は脳にある。だから、脳にツキのない人はいくら努力しても一生苦労する。そこで、今ここに成功者続出のマル秘ノウハウ『ツキの大原則』を明かす。

目次

第1章 今のあなたはドツボにはまっていないか—どう頑張っても失敗してしまうドツボの大原則

第2章 あなたの脳は不機嫌に生きていないか—悪い予感がよい予感に変わるツキの大原則

第3章 あなたは金儲けを難しく考えていないか—イヤでも金持ちになってしまうツキの大原則

第4章 あなたは苦労して働こうとしていないか—ビジネスで面白いほど成功するツキの大原則

第5章 あなたには大切な人の心が見えているか—恋愛・家庭・子育てがうまくいくツキの大原則

第6章 今のあなたにもツキは必ずやってくる—いとも簡単に自己変革ができるツキの大原則

著者情報

西田 文郎(ニシダ フミオ)

サンリ東海センター能力開発研究所代表。1949年生まれ。イメージトレーニング研究・指導の日本のパイオニア。1970年代から科学的なメンタルトレーニングの研究を始め、能力開発プログラム『スーパーブレイントレーニングシステム』を構築。国内のスポーツ、ビジネス、受験、その他多くの分野に科学的、実践的なメンタルマネージメントの導入を行う。あらゆる分野で成功者が続出するため、『能力開発の魔術師』といわれている。現在、トップスポーツ選手のメンタルアドバイザーや、(社)日本能率協会、(社)中部産業連盟、経営合理化協会などの講師を始め、企業の社員教育やビジネスマンの潜在能力開発セミナーの講師としても指導に当たっている

パラドックス

| 05:42

私は小学生のときに、父親から次のように怒られた(注意だったかな?)ことを覚えています。当時は「どっちが正解やねん」と迷った一見矛盾していることです。

今ではとっても大切な教えだったと思っています。バランスが大切なんだと思います。

①自分のことだけさっさとやってしまって他の人のことに無関心だったとき

  →「自分のことだけやっときゃええんか…」と父親に言われたことがありました。

②自分のことはさておき、人にお節介をやいているとき

  →「自分のことさえできてないのに…」と父親に言われたことがありました。



教師になって「誰のためにやっているのか?」というお話をある先輩の先生としたときに「自分のために」と言われました。そのときの私は「生徒のために」と応えました。

今だと次のように応えます。

「生徒のためでもあるし、自分のためでもある」

さらに「保護者のため、地域のため、○市のため、山口県のため、日本のため、アジアのため、世界のため」

「今を生きるため」「未来を創るため」

janglejapjanglejap2009/12/01 21:07「自分のため」でなければ行動するのは難しい。でも「自分のため」だけでは、幸せにはなれないんですよね。

sakusaku0428sakusaku04282009/12/01 22:53janglejapさんありがとうございます。
「自分」=「みんな」といいますか、 「私」というミクロな視点ばかりでなく、「公」というマクロな視点も必要だと思います。