sakusaku日記◆山口

昨年度からは、宇部市内の小学校に勤めております。 この学校の前は、埋蔵文化財センターで遺跡を発掘調査していました。
私のNo1宣言は…『夢をあきらめない男日本一!』です。
私の夢は…①【学校】×『学び合い』×「自問清掃」×「てっぺんの朝礼」→∞(「無人購買部」) です。
       ②マンガやアニメで宇部市を活性化させ、シャッター街に活気を甦らせる!
          
   いろいろな方々と出会って、いろんなことを学ばせていただきたいと思います。
    
     

2009-10-13

「キセキ」を自覚しよう

| 23:29

今日、妻の友人の方(妻と同級生)が亡くなったことを知らされました。私は面識があるくらいで、あまり深い関わりは無かったのですが、彼は、妻が所属していたバレーボールのチームに所属していました。旅行代理店に勤めていらっしゃったので、合宿に行くときや家族旅行に行くときなど、いつも彼にお世話になっていたと妻は話していました。

以前、同級生の父親が亡くなられたときに、「命は有限で必ず自分にもそのとき(親が亡くなるとき)がやってくるんだなぁ」と感じたことがありました。

今回は「命は有限で必ず自分にもそのとき(自分が亡くなるとき)がやってくるんだなぁ」と感じました。

人生という、限られた時間の中で、「精一杯生きたぞ!」と思えるように生きたいと改めて思いました。

当たり前のように食べたり、寝たりして、当たり前のように次の日の朝に目が覚める。そして今日という日が与えられる。しかしそれは、本当は当たり前のことなんかではなくて、本当にありがたいこと。

何となく今日という日を過ごしてしまった人もいることだと思います。しかし、その今日という日は、昨日亡くなられた方にとっては、どうしても生きたかった今日だったはずです。

ご冥福をお祈りいたします。

ghjalghjal2009/10/14 20:47意味ある人生。悔いなき人生。いつかは来るのその日。自分の人生は記憶に残らずとも、未来の人々の見えない糧となれれば本望かな?
山口の会の成功を祈ります。いや、きっと成功。

sakusaku0428sakusaku04282009/10/14 21:41ghjalさんコメントありがとうございます。
そうですね。たった一度しかない人生。どこかでだれかの役にたっている自分創りを心がけたいと思います。「人は2度死ぬ」という話があります。1度目は肉体が死ぬとき。2度目は自分という存在が現世の人たちに忘れ去られるとき。できることなら2度目の死を遠ざけるような痕跡が残せたらいいなぁ…と思っています。