Hatena::Groupmanabiai

rion_fujiの日記


Hirotaka FUJISAKIです。
鹿児島市の小学校で『学び合い』を実践しています。
授業はいつでも都合が合えば公開いたします。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』ましょう。
メールアドレスは、rion_fujiとybb.ne.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。

2008-12-08明治維新

立役者と言われる人々が育った場所・環境

 今,鹿児島は篤姫ブームです。その篤姫が活躍した頃,明治維新の立役者として薩摩の志士たちが多くいるわけですが,その中心となった西郷や大久保,その他主要メンバーは,下加治屋町という非常に狭い地域から輩出されています。薩摩は昔から郷中教育という地域ごとの異年齢集団による学びが実践されてきました。その時代の下加治屋町のリーダーは西郷でした。地元に住み,そのことを学び,調べるにつれ,それは『学び合い』そのものであることがわかります。だからこそ,その地域から多くの人材が輩出されたのだと思います。たまたまそこに有能な人材がいたというわけではないはずです。

覚悟

 今は,江戸末期と似たような状態にあるともいえます。江戸末期と今と何が違うか・・・。

江戸末期は,覚悟を決めて,現体制を叩き壊してでも新しいものを生み出そうとする覚悟を持っていた。でも今は,過去の遺産で食いつないでいる状態なので,そのような覚悟をもてていないのではないだろうか。私も,郷土の先輩を見習って覚悟を持ちたいと思う。

褒賞

 人間は褒められると何か物をもらったときに喜ぶときと同じ状態が脳の中で起こるらしい。『学び合い』では,他者と一緒に考え解決する,そして,他者に「わかった!」という反応をもらう。これは,褒めてもらうとの同じ状態であろう。ということは,教室のあちこちで,脳が活性化しているのかもしれない。今日,子どもたちの活動を見ながら,これをトポグラフィーなどを使い脳を可視化するとどうなるだろうなどと考え,勝手にニヤニヤしていた。多分,真っ赤っ赤だろうなあ。

気づき

 今日,ふと気づいたことがある。『学び合い』により,子どもたちが成長するにつれ,会話のやりとりの語尾に変化があるのではないかと感じた。また,閉鎖的な質問から開放的な質問に変わっている気もする。つまり,子どもたちは,協同で,目標に向けて,いったん開放的に考えを広げ,その後,広がったものをつなげて収束して,他者に分かるものをつくりあげている気がする。

 

MizuochiMizuochi 2008/12/12 01:23 気がつけば、いつのまにか再開してました~!
待ってましたよ~ん。
篤姫毎週楽しみに観てます。
来年は新潟が舞台だよ~!
ご期待ください!!!^^;

mitaka2mitaka2 2008/12/13 01:03 初めまして。
篤姫にひかれてきました。
うちのクラス(小学校3年生)に、熱烈な篤姫ファンがいます。
よろしくお願いします。

munehiromunehiro 2008/12/13 22:17 今は、幕末そのもの
私は、N先生という龍馬と行動をともにするかくごじゃき。
教科の専門性とかいう、藩から脱藩してもうたきに。
わしらFREEじゃけんのー

がはははは!

はじめてのコメントでおふざけが過ぎました、しつれいしもうした。

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/rion_fuji/20081208