Hatena::Groupmanabiai

rion_fujiの日記


Hirotaka FUJISAKIです。
鹿児島市の小学校で『学び合い』を実践しています。
授業はいつでも都合が合えば公開いたします。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』ましょう。
メールアドレスは、rion_fujiとybb.ne.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。

2009-02-05中1ギャップへの対応

久しぶりにブログを書きます。

今,来年度の様々なことに関して会議の真っ最中です。

その中で,来年度の研究の話において,

「6年生の授業は凄いと思ったし,子どもたちの力を

高めるにはあれしかないと思った。でも,別な見方を

すると,あの子達は,中学校に行って力を発揮できずに

いわゆる中1ギャップというものに陥るのではないですか?」

という質問をいただいた。

 では,どうするか?

中学校を変えましょう!

子どもは分かっている。

保護者も分かっている。

中学校の先生は,時数やら教えるべき内容が多いやらで

今の方法が最も効率的と考えていらっしゃる。

 じゃあ,小学校の効果を見ていただき,

子どもの姿を見ていただき,思い切って子どもに任せていただく。

 そうすれば,ギャップはなくなるのではないかと考えました。

 

来年度できたら面白そうだけどなあ・・・。

MugenMugen2009/02/08 00:33rion_fuji先生、初めまして。夢幻と申します。
今は学生として中学校教諭を志していますが、『学び合い』でいきいきとした子ども達を見た瞬間、「中学校でも絶対に実践したい!」と強く思いました。
子どもの姿を見ると、理解していただく中学校の先生方もきっと多数いらっしゃるはずですので、ぜひ見ていただくきっかけがあるといいですね。

rion_fujirion_fuji2009/02/08 16:56 ありがとうございます。教師とらわれているぶぶんを取り除き,勇気を出して一歩踏み出せば,大きな前進をするんですけどね。私自身が,中学,高校でやってみたいきがします。