Hatena::Groupmanabiai

rion_fujiの日記


Hirotaka FUJISAKIです。
鹿児島市の小学校で『学び合い』を実践しています。
授業はいつでも都合が合えば公開いたします。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』ましょう。
メールアドレスは、rion_fujiとybb.ne.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。

2008-12-17『学び合い』になっている?

「自分では無理」に気づく

 今日,隣のクラスの先生と話す中で,学力の定着度の低い子に関する話の中で「私が関わるより他の子が関わったほうが伸びている」

ということを話されていた。しかも,その関係をきちんと見ておられて,

 「AくんはBくんが関わったときが分かるようだ。Cくんは,Aくんにはうまく関われないようだけど,なぜかDくんにはCくんとの学びがあっているらしい。そして女の子でも同じようなことがおこっているよ」

 とおっしゃっていました。

 「私が関わらないほうがいいってことが良く分かったよ」

 とも話されていました。

実際にそのクラスは,高いレベルでの『学び合い』をしています。

これでますます子どもたちが自分で学ぶ状態になるでしょう。

学び合い』とは知らず知らず・・・

 隣のクラスの先生との会話では,『学び合い』の『ま』の字も出していません。ただ,目指す子ども像と授業のあり方を話しているだけです。その会話の中に私のクラスでの子どもの例を織り交ぜたりしながら,教師が出すぎた場合の状況について話したりしているだけです。

したがいまして,私のクラスとはやり方など異なっていますが,『学び合い』です。

 

広がる!

 実は,私の受け持つ6年生と1年生は,今年度,様々な場面で学習を共に行っています。

 ですから,一年生の先生方も6年生と共に学習することで1年生が飛躍的に伸びることを知っています。もちろん6年担任は,1年生との関わりで6年生が飛躍的に伸びたことを知っています。このような関わりを増やしていくことで,『学び合い』はあっという間に広がっていくのかも知れないと思っています。

 

 この裏には,常にどんな子どもを目指すかという教師間の会話があります。やはり,これが大事なのかもしれません。この子ども像で会話することが最も共有できる会話に発展していきます。