Hatena::Groupmanabiai

rion_fujiの日記


Hirotaka FUJISAKIです。
鹿児島市の小学校で『学び合い』を実践しています。
授業はいつでも都合が合えば公開いたします。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』ましょう。
メールアドレスは、rion_fujiとybb.ne.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。

2008-12-14存在感を示しつつ,存在感を消す

 『学び合い』に取り組み,教師は学級の中でどうあるべきかを常々考えている。やるべきことは,もちろん列挙できる。そして,それ以外は,なるべくやるべきではない。

 つまり,教師は,存在感を示しつつ,存在感を消さないといけないのではないだろうかと思っている。数年前までは,存在感を示すそして,子どもたちを引っ張ったり,押したりしながら前に進ませることを考えていた。ふと気が付くと,何人か置き去りにしていたり,よくわからないまましかたなくついてきている子がいたりしたと思う。

 最近,「みんな」の求め方もちょっと悩みつつある。

子どもたち自身が「みんな」を求めることの意味を納得していないと強制以外の何でもなく,効果が激減する可能性もある。

 だからこそ,目標を示すための語りは,なおさら重要だと認識している。

 教育っておもしろい!

jun24kawajun24kawa2008/12/15 06:47きっと、教師の目標はあって、教師の姿は消えていく、てな具合なのだと思います。

rion_fujirion_fuji2008/12/16 23:12 そうですね。今,子どもたちに単元レベルの目標を考えさせるようにしているのですが,さらに上の目標を考えるのは,教師かなと思っています。