Hatena::Groupmanabiai

rion_fujiの日記


Hirotaka FUJISAKIです。
鹿児島市の小学校で『学び合い』を実践しています。
授業はいつでも都合が合えば公開いたします。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』ましょう。
メールアドレスは、rion_fujiとybb.ne.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。

2008-06-22見える!

ブログに長らく書き込みをしておりませんでした。

やはり教員も学び合う集団になるべきだと実感している一ヶ月である。

[]イメージの共有

 うれしいことがあった。

 子どもが,自学(毎日メニューを選択し宅習をする)のノートに

目指したいクラスというタイトルで考えを書いてきた。

 図で示してあったのだが,とってもわかりやすかった。

 現在のクラスと理想のクラスが示してあった。

 理想のクラスでは,様々な子が発する会話が重なり合って

大きな流れになっていた。

 まさに,方法はそれぞれだが,みんなでひとつの目標を目指すと

いうイメージにピッタリの図だった。

 その子は,私が毎朝黒板に書いているメッセージから

その考えに至ったと書いていた。

 具体的なことは書いていない。

 集団としての修正を求めるものや目標に近いことを

書いているのみである。

 このイメージの輪は,広がってきていることを実感している。

「もっともっと・・・・」求めていこうっと!

[]妥協?そんな言葉はうちのクラスにはないぞ~

 先週,子どもたちはとってもハードな一週間を過ごした。

そんなわけで,疲れ気味だった。

 こんなときは,子どもの意識の差や行動の違いがより見えやすくなるとともに集団としてより高い目標を求めるチャンスだと考えている。つまり,全体ではなく自分のことや自分の周辺だけを考えがちになるからである。

 とうとう「ほ~君たちが目指しているクラスはこんなクラスなんだ~」と言ってしまった。 

 もっとダイナミックに関わりあう学級を目指していきたいと

実感した週末だった。

 

MizuochiMizuochi2008/06/23 12:30「理想のクラスの図」見たいな~

rion_fujirion_fuji2008/06/23 21:15 デジカメで撮影してきます。

MizuochiMizuochi2008/06/23 21:34わーお!^^

2008-06-01日曜参観にて

[]ねらい

 『学び合い』の授業を知ってもらう。

 保護者に自分の子どもの学びを見てもらう。

そのために保護者と学級の子どもたちに学び合ってもらう。

[]準備

 保護者向けに参観用の資料を作成(次の3点について記載)

 ・担任の授業に対する考えを簡潔に

 ・本日の授業のねらいと子どものおおまかな活動

 ・授業を見る際の視点(授業に対する考えに対応して3点)

 子どもたちに保護者と学び合ってもらうことを予告

[]結果

プラス面

 廊下に出て呼びかけたこともあり保護者の中に進んで関わる人が多かった。子どもとともに学習に参加していただけた

 保護者が教える,子どもが教えてもらうという関係も見られたが

保護者と子どもが考えを出し合い,よりよい考えにしようという姿も多く見られた。

 最大のよかった点は,保護者が示した文章でのまとめ方に納得できず,他の友達と話をし,自分なりに図を作成してまとめて説明まで行った子が数名いたことである。しかし,その子がそこまでにいたる時間はかなりの短時間であり,しかも保護者とのやりとりがあったからこそそこまでの説明にたどり着いたように思えた。

 やはり多様な集団のほうが飛躍が見られると実感した。

マイナス面?

 子どもが保護者を意識しすぎているように感じた。

 ・自分の保護者を探すちょっとした動き

 ・他の保護者から聞こえてくる説明にとらわれ,それをなんとかとりいれようとする行動(やはり学習者として対等の立場ではないと感じた)

 ・みんなという意識が薄れてしまった。

 

 私が,保護者を意識し,行動を修正するための評価を躊躇してしまった。


 この評価をもっとうまく行えば,より活発な学びにつながったと思う。(かなり反省・・)

 

 子どもが保護者が学習に参加することに慣れて,自分たちに自信を持てれば,凄い学びに発展すると感じた。まあそのためには私の評価が凄く重要だと思った。 

MizuochiMizuochi2008/06/01 22:43羨ましい~!
「マイナス面」としているのは私も「?」と思います。
マイナスかどうかは「ねらい」に対して考えればいいわけですから。
今後のアップ、ますます楽しみにしています!

rion_fujirion_fuji2008/06/02 00:41 ありがとうございます。
mizuochi先生には,すぐ近くで授業を見られているような気がするのは気のせいでしょうか・・・。

MizuochiMizuochi2008/06/02 07:41それは褒め言葉ですね!ありがとうございます。
ブログを常に意識して実践されている証と思います。